01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

じゃあ、糖質制限のメリットは?

2018年02月16日
糖質制限の強い味方のバターにチーズ。

ヨーロッパやアメリカに行かれた方はご存知と思いますが、あちらはめっちゃ安いんですよ。

よくカットで売ってるチーズ1つの値段で、向こうなら1kg買えるくらいの勢いです。

もちろんバターも安いです。

安い上にいろんな種類があります。

日本みたいに無塩か有塩、あって発酵バターしかないなんてことありません。

そのバター、2008年からずっと不足状態が続き、エゲツない価格になってます。

日本のバターがアホほど高くて品薄なのは、言わずと知れた天下り組織、独立行政法人農畜産業振興機構の所為なんですが、それに対する反論記事を見つけました。

曰く、

「輸入を独占する独立行政法人農畜産業振興機構を解体すれば、この国で安定的に牛乳・乳製品が供給されてきた仕組み全体が破壊され、牛乳が市場から姿を消したり、国産のバターが生産されなくなったりするかもしれない」

いやいや。

10年もバター不足が続いてる時点で、安定供給されてきたとは言わんやろと思う、あらてつです。

アホほど高い乳製品を買わされてる消費者はそっちのけですね。

役人天国のお話はまた書くとして、本日の話題。

昨日の記事で、

「今まで通り食べたい、けど痩せたい」は都合良すぎます(笑)

努力を惜しんで望む結果は得られません。


と書いたんですが、こう書くと必ず

「食べる量を減らせば、糖質制限しなくても痩せますよね?」

なんて言われます。

その通りです(笑)

消費カロリーより摂取カロリーが少なければ痩せますので。

じゃあ、糖質制限をするメリットは?になるんですがその前に。

皆さん、糖質制限に対して、根本的な所から誤解されてます。

昨年くらいから“糖質制限”やら“糖質制限ダイエット”やらの言葉をあちこちで見るようになりましたが、そもそも糖質制限食は糖尿病治療の為に始まったものであって、ダイエットは二次的な効果に過ぎません。

雑誌やらネットで胡散臭い“糖質制限ダイエット”の記事を読んだ方によくあるのですが、「糖質制限さえすればどんなに食べても痩せる!」とか、それこそ「カロリー無制限で食べ放題!」なんて、煽り文句をそのまま鵜呑みにされてます。

普通に考えたら、そんな訳あるはずがないです。

昨日書いたリンゴダイエットの話と同じです。

糖尿病の治療の為に糖質制限食に取り組むなら、治療食と言った常識の範囲でカロリーは気にしなくてもいいです。

ですが、ダイエットが目的でしたら、摂取カロリーもちゃんと気にする必要があります。

因みに上記の“常識の範囲”ですが、カロリーは気にしなくてもいいですよと言ったら、それこそ一回で豚バラ肉500gとかミックスナッツ400g1缶全部とか食べちゃう方が多数おられます。

これは常識の範囲ではないと私は思います。

ここで冒頭に出て来た糖質制限のメリットなんですが、過去、糖質制限でダイエットされた読者の皆さんから

・カロリー制限してた頃よりも早く痩せる。
・短期間で痩せたのに肉割れしない
・皮膚が弛まない
・バストサイズが変わらない
・タンパク質・脂質がメインなので空腹感が少ない
・肌ツヤが良くなった
・髪の毛が太くなってコシがでてきた

などと言ったコメントを頂いてます。

あと、これは私の経験上なんですが、糖質制限食だと、2300kcalくらい食べてもだいたい1800kcalくらいの摂取エネルギー量になっている感覚があります。

それはナゼかと言いますと、タンパク質や脂質、特にタンパク質は摂取しても全てがエネルギーになるわけじゃないからなんですね。

簡単に説明すると、摂取したタンパク質は、身体を構成する細胞などの重要な栄養素として使われます。

なので、例えば500kcalのタンパク質を食べたところで500kcal全部エネルギーにはなりません。

しかも、タンパク質の消化吸収にその30%のエネルギーを使います。

分かりやすく云えば、100kcalのタンパク質だけを摂取した時は、その内30kcalが消化吸収の為に使われる訳です。

同一カロリーなら、糖質制限食の方が痩せやすい理由はここにあります。

なので、糖質を我慢する方よりこれらのメリットの方が良い!と判断された方は、糖質制限食を選べば良いと思うし、糖質が大好きで糖質制限なんてできない!と仰る方は、普通にカロリーを制限してダイエットされればいいと思います。

誰も糖質制限を強要しませんので(笑)

結局のところ、選ぶのはアナタです。

自分の頭で考えて、自分で選択しましょう。




ダイエット | コメント(2)

どうして痩せないの?糖質制限は魔法じゃありませんってお話

2018年02月15日
昨日、朝はマイナス2℃と、車のフロントガラスが凍結するくらい冷え込みましたが、日中は久し振りに気温が上がり、最高気温は9.7℃でした。

この冬は、“数年に一度の寒波”が4回位来て、例年に比べてエライ寒い日が続いてた所為か、9.7℃が暖かく感じました。

でも、その前の冬は、1月も2月も、日中の気温が9℃超えてる日なんてザラにあったんですよね…。

9.7℃を暖かく感じてしまう、それってナニかがオカシイと思った、あらてつです。

もう寒いのイヤです…。


と、いくら私が嫌がったところで、冬はまだ終わってくれませんので、気持ちを切り替えて本日の話題。

そんなに書くつもりがなかったのに長々と続いてしまった

“糖質制限してるのに痩せないのはナゼ?”シリーズ

途中で題名も変わってしまいましたが、本日で最終回です、たぶん。



これまで、長きに亘り「糖質制限してるのに痩せない理由」を1〜6まで上げて考察してみました。

あと、最後に糖質制限に限らず食事療法について大切なことを。


「自分で考えましょう」


“糖質制限すれば楽して簡単に痩せられる!”

と考えてる方を多々見受けます。

いやいや。

糖質制限を魔法か何かと勘違いしてます。

特に「おすがり症候群」の方にこの傾向が強いですね。

どっかの本で読んだかサイトで見たかしりませんが、糖質制限さえやれば自分は痩せることができると(笑)

一頃流行ったリンゴダイエットと同じです。

リンゴさえ食ってればどれだけ食べても痩せるって都合の良い解釈した人達と同じメンタリティです。

リンゴ食べて痩せるわけないでしょうと(笑)

どっかに書いてあったからとか、テレビで言ってたからとか、流行っているからではなく、自分の頭で考えましょう。


あと、痩せたいなら努力は必要ですよ。

倹約遺伝子の話もそうです。

例えば、倹約遺伝子を持っていて基礎代謝が低いとしましょう。

だったら、基礎代謝が低い分、食事を減らすか運動して消費するしかありません。

「私は倹約遺伝子を持っているから」なんて言っていたら、永遠に痩せません。

「今まで通り食べたい、けど痩せたい」は都合良すぎます(笑)

努力を惜しんで望む結果は得られません。

痩せたいなら、自分で考えて自分で努力しましょう。

これはダイエットに限った話ではありませんけどね(笑)


あと、どんな治療法でも合う合わないが絶対にあります。

そもそも、万人に効果のある治療法や食事療法なんてものは、この世に存在しません。

全ての人に合うわけがありません。

糖質制限だってそうです。

合わなければ、他の治療法や食事療法に変えるのも一つの方法です。

こう書いたら、「逃げ道作ってる、卑怯者だ」とコメント入れて来た人がいましたが、フツーに考えたら分かるやろと(笑)

まあ、分からんからこんなコメント入れて来てると思うので、分かりやすい例を挙げますね。

Aというガンの治療法があってBさんには適合したけどCさんには効果はありませんでした、もっと簡単で分かりやすい例を上げれば、Dという頭痛薬はEさんには効いたけどFさんには効きませんでした、ってのと同じです。

もう一つ書きましょうか(笑)

全身麻酔でオペする時に、麻酔科のドクターから説明受けますよね。

「100万人に数件、目覚めないことが起きうる」

とかって。

私もオペした時に聞きましたが、麻酔が全ての人に適応するなら、こんなことはあり得ないですよね。

糖質制限で痩せなくて、それを糖質制限の所為にする人を時折見かけます。

くどいですが、全ての人に等しく効果のある治療法も食事療法も薬もこの世には存在しません。

ちゃんと糖質制限やってダメなら、自分の頭で考えて他の方法に取り組みましょう。

自分以外の何かの所為にしてたら、永遠に痩せることは出来ませんので。


<やっとおわったー!>
ダイエット | コメント(0)

どうして痩せないの?流れる月日は全てを変える…

2018年02月14日
朝、ニュース番組で、

「進まない受動喫煙防止対策」

なんてやっておりました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、世界保健機関(WHO)はから対策の強化を要求されてるけれど、全然進んでいないとのこと。

やたらと“東京2020”なんて騒いでるクセに、こういうところが進まないのが笑けて来ます。

で、その進まない理由なんですが、コメンテーターが、

「国会議員の方はタバコ吸われる方が多いですから…」

これを皮肉で言ったのなら最高だと思った、あらてつです。

多分、そこまで考えていないでしょうけど。。。

さて。

皆々様、またもやお久しぶりでございます。

サボっていた間来てくださった皆さん、更新できてなくてごめんなさいm(_ _)m

いつの間にやらシリーズになってしまった

“どうして痩せないの?”

どこまで書いたか本人も忘れてしまいましたが、過去記事見直しつつ続きを書きますので、お付き合いの程、宜しくお願い致しますm(_ _)m

遡るとここからでした。


6、歳月の重み

ある意味、一番厄介かも(笑)

例えば、以前に頂いたこちらのご相談。


『4年程前に糖質制限ダイエットを知り、スーパーを2週間、スタンダードを1年続けたところ、最初の2週間で−4kg、その後4ヶ月で−7kg、トータル11キロ減量することができました。


身長 165cm 体重 70kg→59kg 
その後、少しずつ糖質を増やしたのですが 
2年程はそれほど体重が増えることもなく、 
安心しきっていました。でもそんな甘い話はあるはずもなく、徐々にそして確実に増え続け、とうとう今年の1月に69kgまでリバウンドしてしまいました。 


これはいけないと思い(思うのが遅い)、今度は絶対リバウンドしない決意で、スーパーを始めました。


2月28日から始め、1日で−0.8kg減少したものの、その後本日まで増減を繰り返し、 
−0.8kgのままです。 


4年前と同じ糖質量、食事量で、ヨガと筋トレを40分くらいしています。 


まだ始めて10日しか経っていないので、焦らずゆっくりと思うのですが、不安になり、ご相談させて頂いております。 


やはりリバウンド後だからでしょうか? 
ちなみに46歳 女性です。』



この時書かせて頂いたお返事が…

「これ以外に考えられるのは、4年の月日の重さですね(笑)

べるさん、私とほぼ同じ年齢なのでズバッと書かせて頂きますが、40代で4年の歳月の経過は、思った以上に厄介ですよ〜(笑)

筋肉量も30代の時よりも加速がついて減りますし、それにともなって基礎代謝も下がります。

例え4年前と糖質量が同じでも、摂取エネルギーを減らすか消費エネルギーを増やさない限り、同じように体重が落ちてくれないと思います。」


でした。

時の流れは、あらゆるものを変えてしまいます(笑)

20代の頃ならちょっと太ってもすぐに体重が落ちましたが、40代、50代ともなるとそうは行きません。

若いつもりでも、筋肉量も減ってますし基礎代謝も落ちています。

同じものを同じように食べても同じように消費してくれません。

余った栄養素は、脂肪になってしっかりお腹周りに蓄えられてしまいます。

つまりは、若い頃よりも摂取エネルギーを減らすか、消費エネルギーを増やさない限り、体重は落ちてくれません。

結局のところ、努力が必要になって来ます。



<いよいよフィナーレへ(笑)>



糖質制限食 | コメント(0)

食べずに死ねない究極の糖質制限シフォンケーキ

2018年02月10日
昨晩の天気予報で、今日は15時くらいから雨って言ってたんですけどね〜。

朝起きたら雨でした。

しかも、けっこうな本降り。

天気予報信じて洗濯物を外に干して寝たんですけど、見事にドボドボ。

お陰で朝から洗濯やり直しです。

以前に、日本の天気予報ってヨーロッパ諸国に比べて10年以上遅れてると聞きました。

夜に翌朝の天気も当てられないようじゃ、さもありなんと思った、あらてつです。

でも、悪い予報だけはよく当てるんですよこれが(笑)

さて。

天気予報とは全然関係ない今日のブログ。


シフォンケーキ1

糖質制限シフォンケーキ
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail211.html


糖質制限スイーツの元祖、京都は西院にあります菓子職人さんより、昨年10月に新発売となった、糖質制限シフォンケーキ。

お陰様で発売以来大好評、沢山のご注文を頂いております。

お買い求めくださいました皆様、ありがとうございますm(_ _)m

実は、何年か前にも糖質制限シフォンケーキを販売していたのですが、原材料の調達が難しくなって販売中止となりました。

今回、菓子職人、稲井シェフが全ての材料を見直しゼロから作り上げたのが本日発売の糖質制限シフォンケーキになります。

なもんで、フツーだったら“リニューアル”なんて銘打って皆さんにお知らせするのですが、当時のシフォンケーキとは全く別物になってますので、“新発売”とさせて頂きました。

で、ナニがどう違うのか?

それはもう“全てが違う”としか言いようがありません(笑)

以前のシフォンケーキも糖質制限とは思えないくらいフワフワで口溶け良くって美味しかったのですが、今回の糖質制限シフォンケーキは、全てを凌駕する出来栄え、もはや完成度では小麦のシフォンケーキを超えたと言ってもいいと思います。

正にキングオブシフォンケーキ。

しかも糖質制限。

これは買わんとダメでしょう(笑)

この糖質制限シフォンケーキ、糖質低くて美味しいだけじゃなく、価格も税込み1,500円と、糖質制限スイーツの中ではお値打ちになっています。

そのまま食べて頂くのはモチロン、ホイップした生クリームと合わせて頂いても良し、糖質制限ジャムを掛けてもらってもいいですね〜。

食べ方と楽しみ方は自由自在。

1ホールで何度も美味しい究極の糖質制限シフォンケーキ。

詳細&お求めはコチラからどうぞ!

↓  ↓  ↓

シフォンケーキ2


糖質制限シフォンケーキ
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail211.html


皆様のご注文、お待ちしております♪




お知らせ | コメント(0)

どうして痩せないの?倹約遺伝子のお話その2

2018年02月09日
天気予報で、昨日から寒波が緩むって言ってたんですけどね。

緩むどころか、昨日帰宅時の気温はマイナス2℃、今朝の自宅周辺の気温は、マイナス4℃でした。

マイナス4℃ですよマイナス4℃。

洗濯物干す時に、ワイシャツを先にベランダの物干し竿に掛けてバスタオルを取りに行って戻ったら、ワイシャツが凍って板になってました。

この間、3分もありません。

洗濯物干し終わった頃には、手が真っ赤になって冷たいどころか痛くなってます。

洗濯干してベランダで凍死するんじゃないかと生命の危険を感じた、あらてつです。

8,000メートル峰を登る方って、本当にスゴいですね…。


とまあ。

こうやってブログが書けているのは、凍死せずに済んだということで。


昨日のブログ記事で、倹約遺伝子についてもうちょっと詳しく教えてくれとメール頂いたのですが、私も聞き齧りの知識しかありません。

なので、生き方以外は大抵のことを教えてくれるGoogle先生に聞いてみました。

以下、間違ってたらゴメンナサイm(_ _)m

そもそも倹約遺伝子とは、ジェームス・ニールと仰るアメリカの遺伝学者の方が、1962年に提唱されたそうです。

冬や干ばつなどで食料が少ししかない時でも、少ないエネルギーを効率的に使いつつ皮下脂肪として溜め込める事ができるようになった遺伝子の変異だそうです。

おさるさんに近かった人類が、この変異があったから生き残ったのか、生き残れるように身に着けたのかは分かりませんが、食べ物が溢れていて好きなだけ食べられる環境にある人にとっては、逆に肥満や糖尿病の原因の一つになっているみたいです。

私がググってあちこちで見つけたの倹約遺伝子がこちらの2つ。


【アドレナリンβ₃受容体変異】

欧米人の10人に1人、日本人の3人に1人が持っていて、持っていない人に比べて基礎代謝が200kcal低い
糖の代謝が悪い


【脱共役タンパク質1遺伝子変異】

日本人の4人に1人が持っていて、基礎代謝が100kcal 低い
脂肪の代謝が悪い


だそうです。


という訳で、どんなワケだか分かりませんが、同じものを食べて同じような生活習慣でも、若しくは同じように糖質制限しても痩せる人と痩せない人がいるのは、この遺伝子が関係してるのかも知れません。




<まだまだ続きます>

ダイエット | コメント(0)
« Prev | HOME | Next »