FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

続・糖質制限で3人の知人がそれぞれ8kg以上痩せた件

2018年08月09日
近所に熊本県の物産を販売している店がありまして。


お店の奥に食事ができる場所があり、いろいろと熊本の名物を食べることができます。


中でも嬉しいのが、馬刺しやユッケが食べられることなんですね。


2011年4月、牛ユッケによる集団食中毒事件が起こり、翌年、牛レバーの刺し身の提供が禁止、牛ユッケに関しても、提供する際の基準が厳しくなって、多くの焼肉店のメニューからユッケが消えました。


この近所の熊本名物のお店、嬉しいことに馬のユッケが食べられるんですよ。


割引券もらったんで、先週から3回も行ってしまいました(笑)


久しぶりにユッケを食べて、小さな幸せ感じている、あらてつです。


確かに食中毒は問題ですが、なんでもかんでも規制するのはちょっと違うんじゃないかと思うのですが…。


ユッケ食べたらレバ刺し食べたくなりましたが、取り敢えず今日の話題に。


前回の続きですね。


単なるダイエットならまだしも、糖尿病で随時血糖値が400mg/dlあってどうしたらいいですかなんて聞かれたら、それこそ真剣に相談乗って受診を勧めるじゃないですか。


すると、


「子どもが小さいから病院に行けない」

「主人のごはん作らないと駄目なので」

「仕事が忙しくて時間がない」


いやいや、小さいお子さん抱えて合併症出てしまったらそれこそ大変ですよ、ご主人のご飯作るどころじゃなくなりますよ、仕事も出来なくなりますよってお話すると、返って来たのが


「血糖値が200くらいまで下がると返ってしんどくなるの」


開いた口が塞がらないです。


ほんでまた、こういう人に限って何回も何回も同じこと聞いてきて、何回も何回もグズグズ言いうんですよ。


それでも、3回目くらいまでは真剣に答えるんですが、4回このセリフ聞くと流石に腹が立ってきて、勝手に死になはれと思いましたよ、ほんまに。


ダイエットと糖尿病治療を一緒のするなと言われそうですが、共通するのは、どちらもある一定の努力が必要なことです。


前々回(だったかな?)、お世話になっている車屋の社長さんが、糖質制限で8kg痩せられた、なんて話を書きました。


私がマーケティングとマネージメントでお世話になっている方も、糖質制限に取り組まれ、同じくらい痩せられました。


財務関連でいろいろと相談に乗ってもらっている知人。


この数ヶ月で9kg痩せました


この3人が何をしたのか?


糖質制限したのは当たり前の話で、それ以前に、「努力」しました。


努力は惜しむけど望む結果は欲しいなんてのは、ハッキリ言って都合が良すぎますし、そんなもんじゃな~んも得ることができません。


「○○を食べるだけで痩せる!」


「〇〇を飲むだけで血糖値が下がる」


なんて、あなた任せのおすがり症候群では、ダイエットも血糖コントロールも出来ませんというお話でした。



ダイエット | コメント(0)

糖質制限で3人の知人がそれぞれ8kg以上痩せた件

2018年08月08日
昨夜の話。


9時位に外に出たら、風があってとても涼しく感じました。


あ〜、今日はだいぶ気温が下がったな〜と思って、温度計を見てみると…


「30℃」


涼しない涼しない


夜の9時で30℃


冷静に考えたら涼しくとも何ともない、いや、間違いなく暑いのですが、これを涼しいと感じてしまうことに、何だかオソロシイものを感じた、あらてつです。


この先、地球はどうなっちゃうんでしょうね…。


で。


地球の話は取り敢えず後で考えるとして。


先日、久しぶりに会った後輩たちから、


「全然体型変わんないっすよねー。なんかやってんすか?」


と聞かれました。


問うて来た後輩たち3人。


見事なぐらい腹が出ています(笑)


3人とも、知り合った当時はバリバリのスポーツ選手だったので、みんな体脂肪率が10%切ってましたが、今や30%に届くかの勢い。


ええいこのうつけ者どもがー!


なにかやってんすか?って、何もせんかったらこの体型が保てるワケがなかろーが。


太鼓腹の後輩など持った覚えはない!


稲荷山にでも籠もって修行してこい!


なんて話にはならず、この日は楽しく飲み食いして解散しました(笑)


まあ、体型保つのになんかしてるかなんですが、結局のところ意識して努力するに尽きるんじゃないでしょうか。


どういうことかと言いますと。


私、高校生の時に買ったリーバイスの27インチのジーンズ、未だに穿けます。


それは何故か?


リーバイスのジーンズが、二頭の馬で引っ張っても破けない品質の高さを誇ってるから30年も穿けるってのもありますが、最大の理由は“体型が変わらんように努力してる”から。


前出の後輩だけでなく、私の先輩、同級生、みんなスポーツやっていたにも関わらず、見事に腹出てオッサン化してます。


私は未だに腹筋8つに割れてます。


オペしてからかなり筋肉量減りましたが、それでも抜いだら凄いですよ(笑)


好き放題飲んで食ってたら、この体型は維持できません。


この後輩たちはそもそも痩せる気が無い(笑)んで、別段、何やってるかは突っ込んで聞いて来ませんでしたが、よく、どうやったら痩せられるのか聞かれます。


聞かれたら、それなりに真面目に答えるし方法も伝えるのですが、実行する人、まずいません(笑)


揃いも揃って


「私には無理です」


ほなデブでいたらよろしいやんと思うのですが、ナゼだかひつこく聞いてきます。


でも、絶対にやりません。



<つづくよー>


ダイエット | コメント(0)

続・太ってしまった時の食事やカロリーなど、糖質制限に入った時に個人差でリセット期間があったりしますか?

2018年07月24日
スペインに発注していた商品が日本に届きました。


で、これまでに何度も何度も何度も何度も書きましたが。


日本の税関。


まあ、これでもかこれでもかこれでもかこれでもかと仕事の邪魔をしてくれます。



前回の輸入時にも聞かれて答えた、とある原材料について。


「野生のモノじゃないという証明書を出せ。」


「オマエはアホか?」


いや、アホや。


どこの世界に、工場で数トンレベルで製造する商品の原材料を、野生に生えてるもん使うアホがおんねん。


おったら連れてこい


それ以前に、この原材料については、過去の輸入でも何回も答えとる。


税関には、申し送りゆう言葉はないんかい


海外から商品を輸入して関税払って、商品を販売して法人税納めて、それがオマエらの給料になるのが分からんか?


日本の最大の貿易障壁は税関のバカどもだと断言する、あらてつです。


経済が良くならん原因の一つは間違いなくコイツらや。


怒り収まらずですが、今日の話題に行きます。


前々回ご紹介させて頂いた、かんたんさんから頂戴しておりましたこちらのご質問。


「二度目の糖質制限で、体重が思うように落ちないお話ですが、もしかしたらですが太ってしまった時の食事やカロリーなど、糖質制限に入った時に個人差でリセット期間があったりしますか?代謝なども含めてですが。」



の本題の前に、今回、2度めの糖質制限で体重が減らないと、数名の読者の方からコメント頂きまして、1回目はちゃんと減量できたのに、なんで2回目は落ちないんだろうと原因をいろいろと考えてみたのですが、もしかして、ホメオスタシスが一回目の時より強く働いて、最初の状態、つまり1回目の糖質制限の前に戻ろうとしてるのでは?と思いました。


どういうことか?


例えば、何回か書いてる痩せない理由の一つ「歳月の重み」


この説明で、


「それなりの時間を経て増えた体重は、急激には減りません。」


と書きました。


その理由は、何度も書いてますように、人間の体にはホメオスタシス(恒常性)があって、常に同じ状態を保とうとする、だからダイエットなどで体重を減らそうとすると、体は急激な変化が起こったととらえて、それまで長年慣れ親しんだ体重を、保とう保とうと必死に抵抗する、


つまり、


ふくよかだった期間が長ければ長いほど、その状態が身体にとって当たり前になるので、減量しようとしても、当たり前の状態を保とう保とうと身体が抵抗する、


これが、


二度目の糖質制限の場合、長らく当たり前だった、最初の糖質制限で痩せる前の状態に戻ろうとするのではないか?


なので、1回目の糖質制限より痩せにくいんじゃないかなと。


と、あらてつ的には思ったワケなんですが。


まあ。


なんの根拠もない、単なる思いつきなんですけどね…。


で、肝心のかんたんさんからのご質問に戻ります。


今回の件でも、2回目でもスッコーンと落ちる方や、コメント頂いていた皆さんのように、すごく落ちにくい方もいらっしゃいます。


なので、リセット期間や代謝など、個人差は大いにあると思いますよ〜。


ですから、「糖質制限に取り組んで一気に体重が落ちた」なんて話を聞いて焦ったりせず、かんたんさんの様に、少し時間が掛かっても最終的に25kgの減量に成功できれば、それで良いのではないかな〜なんて思います。


という訳で。


結論としては、二度目の糖質制限で落ちにくくなっても、焦らずじっくり取り組んでみてくださいね、というところで今回のお話はひとまず終了と致します。



無理やり感満載ですが…。




ダイエット | コメント(0)

太ってしまった時の食事やカロリーなど、糖質制限に入った時に個人差でリセット期間があったりしますか?

2018年07月19日
毎回書いてますが。


今日も暑いです。


昨日の京都の最高気温が39.1℃。


今日の予報は39℃


今日38℃を超えれば、6日連続の38℃超えを達成するんです、が。


月曜日にね、天気予報で


「3日連続の38℃超えは、観測史上初」


って、言ってたんですよ。


ところが、今朝の予報では、


「1994年、2014年(だったかな?)についで3回目」


って、気象予報士のおねーさんが言ってました。



どっちが正しいんだ???


まあ、どっちにしても暑いのに変わりはないから、どうでもいいやと思った、あらてつです。


だから何やねんってな話ですね。


本題に行きます。


以前に、リバウンドの件でご相談頂いていた、読者のかんたんさんから、


「食欲VS私の戦いに勝った!」


とのご報告と、


「太ってしまった時の食事やカロリーなど、糖質制限に入った時に個人差でリセット期間があったりしますか?」


とのご質問を頂いていたのでご紹介です。


『私も。

あらてつさん、こんにちは♪以前、リバウンド!?夜食べてしまう。の相談をさせていただきました、かんたんです。

あれから、順調に体重を維持していますよ。そして、夜はお腹が空かなくなりました。こうなったら、もう私の勝ちですね(^-^)食欲VS私の戦いw

糖質制限での、体重の落方ですが私は80キログラムあった体重を54キログラムまで落としました。それが、4年前。

1ヶ月に落ちた体重は、2キログラムだったり1.5キログラムだったり、3キログラムだったりでした。そして、10ヶ月で25キログラム落ちました。

月単位で、体重を把握し一応スマホアプリの体重管理出来る物で、毎日体重を記録していました。

私は、糖質制限をするにあたって、ネットで色々調べたのですが、体重の落方がストーン!って方が割りといて、少し焦りました。自分は、ちゃんと出来てないのでは?と。

でも、グラフは右肩下がりなので、まぁ良いかと割りきりました。

二度目の糖質制限で、体重が思うように落ちないお話ですが、もしかしたらですが太ってしまった時の食事やカロリーなど、糖質制限に入った時に個人差でリセット期間があったりしますか?代謝なども含めてですが。

今回のお話、私も関心が高いです。』



かんたんさん、いつもコメントありがとうございます&お返事したつもりができておらず、1週間の放置プレイ状態になっていたことに気が付きました。


まっこと申し訳ございません m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m


早速ですが、「食欲VS私の戦い」、見事に勝利を収められまして、おめでとうございます(^^)


遅ればせながら、万歳三唱をば。


\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/



別にふざけてる訳では…。


前回、6月2日に「目標体重達成」&娘さん方に「お母さんは、また奇跡をおこした!」と言われたとご報告頂きまして、その後は、順調
に体重を維持されておられるとのこと、本当に良かったです。


かんたんさんから頂いたご報告で興味深いのがこちらの


「1ヶ月に落ちた体重は、2キログラムだったり1.5キログラムだったり、3キログラムだったりでした。そして、10ヶ月で25キログラム落ちました。」


お書き頂いてますように、ある一定以上ふくよかでいらっしゃる場合、糖質制限に取り組むと“スッコーン!”と落ちる方が多いです。


それこそ最初の2ヶ月3ヶ月で10kg15kg落ちて、そこから段々落ち方が鈍るものの、最終的には20kgオーバーの減量成功、といった感じですね。


ですが、かんたんさんの場合は、少しずつ少しずつの減り方で、最終的に10ヶ月で25kgの減量となられています。


正直なところ、私の周囲でかんたんさんのような減り方をした例が無いんですよね…。




<つづく>







ダイエット | コメント(0)

1kg2kg体重が増えたって、リバウンドとは言いませんの巻

2018年07月16日
連日猛暑日が続いております。


暑いと言うより、熱いですね。


昨日の京都の最高気温は、38.7℃で、そのうち40℃を超えそうな勢いです。


で、この猛暑の中、京都では祇園祭の宵山なので、外国からの観光客が沢山来られてます。


朝のニュース番組で、外国人観光客にインタビューしてたのですが、見事に西洋人ばっかり。


アジア系の方は、ちらっと映るだけ。


脱亜入欧と言ってた頃と、全くメンタリティが変わっていないなと思った、あらてつです。


西洋コンプレックス、ここに極まれりですな。


まあ。


今に始まった話じゃないので、置いといて。


みおみおさんの


「二度目の糖質制限で体重が落ちない」


とは少し違うのですが、シュガーままさんから、


「1度リバウンドすると戻りにくくなるのではないか」


とコメントを頂きました。


お二人に共通することって何だろう?と考えていたら、二度目の糖質制限で体重が落ちない原因の一つかもが思いついたので、書いて行きますね。



『私も。

はじめまして
いつもブログ拝見させていただいてます。

コメント失礼します。
50代女性です。

3年前に自己流ですが糖質制限を始め1年で25kg減量しました。
その後じわじわと増え続け現在4㎏増量しております。

その間も現在もゆるい糖質制限を含め糖質制限を続けています。

私の場合 小麦・脂質を多く含むものを摂取すると太ります。
(チーズ・オリーブオイル・低糖質パンなど)

また倹約遺伝子タイプなのか 食事量を増やすと太ります。

毎食サラダから食べてみたり、食事回数を増やしてみたり、1回の食事量を減らしたり、カロリー計算をしてみたり色々試してはみてますが 一向に体重に変動がありません。

夕方6時以降は飲み物以外口にしておりません。

今は基本食事は2回です。

お腹が空いたとしても我慢してます。

現在も糖質制限を続けていますが、やはり1度リバウンドすると戻りにくくなるのではないかと考えていました。

私もこの件に関心があるのでよろしくお願いします。』



シュガーままさん、改めましてコメントありがとうございます。


本文でのご紹介が遅くなり申し訳ございませんm(_ _)m


お待たせしてしまったので、早速本題に。


あ、その前に確認なんですが、4kg増えられたのは、25kg減量してからですよね?


25kg戻ってそこから4kgプラスじゃないですよね?


と言いますのも、


「やはり1度リバウンドすると戻りにくくなるのではないかと考えていました。」



以前頂いたご相談で


「59.8キロ→57.7キロ→58.3キロ」


の体重の変化をリバウンドした!と仰る方がおられました。


これ、女性によくありがちなんですが、減らした25kgが元に戻っちゃったのなら確かにリバウンドですけど、減ったところから4kg程度の増量でしたら、リバウンドとは言いません。


なので、体重が増加した&減らない理由は、「リバウンド」ではなく、他にあると考えた方が論理的ですね。


では、どこにあるのか?なんですが、シュガーままさんの場合、これまで何度も書いている痩せない理由の一つ、歳月の重みではないかなと。


私も50代にリーチが掛かっているので、ズバッと書かせて頂きますが、40代50代での歳月の経過は、思った以上に厄介ですよ〜(笑)


筋肉量も30代の時よりも加速がついて減りますし、それにともなって基礎代謝も下がります。


という事は、体重が落ちた3年前と同じような「ゆるめの糖質制限」をしていても体重は減らないどころか逆に増えてしまいます。


それが証拠に、お書き頂いたこちら。


「私の場合 小麦・脂質を多く含むものを摂取すると太ります。
(チーズ・オリーブオイル・低糖質パンなど)

また倹約遺伝子タイプなのか 食事量を増やすと太ります。」



そりゃ小麦・脂質が多いと、太りますよ〜(笑)


余剰な糖質は太る原因なので、糖質制限では糖質である小麦を制限します。


食事量を増やすと太るのも、倹約遺伝子ではなく、単純に摂取エネルギーが消費エネルギーを上回っているからでしょう。


脂質を多く摂ったら太るのは、正にこの通りです。


で、3年前より増えやすくなった原因は、先程も書いた通り、年々基礎代謝量が低くなっていっているからですね。


こうなれば、摂取エネルギーを減らすか消費エネルギーを増やさない限り、以前と同じように体重が落ちてくれないと思います。


なので、ゆるい糖質制限をあまりゆるくない糖質制限にして頂くか、基礎代謝と消費エネルギーを上げるため、生活習慣、特に運動面を見直してみてください。


シュガーままさんの場合は、恐らくそれでまた落ちだすのではないかと思いますので…。


それでもダメだったら、またコメント入れてくださいね。


再度考察してみましょう。


で。


共通点なんですが、歳月の重みと基礎代謝量の低下ってところなんですが、みおみおさん、それじゃご納得頂けませんよね…。





ダイエット | コメント(8)
« Prev | HOME | Next »