07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

糖質制限食が美容とダイエットになぜいいか?お肌ぷりぷり~編

2010年12月09日
しばらく続いた小春日和も終焉を迎え、最低気温がだんだんとマイナス方向に進んでおります。

気温の低下とともに、生命反応も低下してきた気がする、あらてつです。

ああ、南半球に行きたい…。

さて、「糖質制限食が美容とダイエットになぜいいか?」シリーズ、最近このブログに来られた方にも分かりやすくと思って書いてますが、いかがでしょう?

書いてる途中で、なんか当初の思いと全然違う方向に向かってるような気がせんでもないので、分かりにくい部分があれば、ご指摘くださいませ。

で、今日は、糖質制限食が美容にもいいんじゃないの?とその理由について書いてみます。

以前に、「糖質制限食がハゲにいい」なんて話題で盛り上がったことがあるんですけど、覚えてらっしゃいますでしょうか?

話の発端は、江部康二先生が「あらてつ、糖質制限食はじめて髪太くなってないか?」からでした。

師曰く、

糖質制限食を始めてから、髪の毛太くなってないか?ほら、年取ってくると、髪の毛痩せてくるだろ?それが明らかに太くなったしなぁ。逆に、整髪しにくくなったよ。」

そうえば、もはやあきらめていたM字ハゲも、なんか知らん間にストップしてますし、コシがなくなってきていた髪の毛も復活して、散髪屋のお兄ちゃんから羨ましがられるようになりました。

このことに気づいてから、周囲で糖質制限食を実践中の方たちをリサーチしてみたところ、江部康二先生のお知り合いの製薬会社の方、「つるっパゲ」だったのが、糖質制限食を続けてるうちに髪が生えてきたそうです。

この方以外に、患者様とか別の製薬会社の方とかで、髪の毛が復活された方、結構な人数にのぼりました。

こんな話を書かせて頂いたところ、ブログ読者の方からも「私も抜け毛が減った!」とか、「髪にコシがでてきた!」なんてコメントを頂くようになりました。

そんなこんなで盛り上がってますと、「手足のガサガサが治った!」や、「皮膚がしっとりとしてきて赤みがなくなった!」などといった、お肌の悩みが改善いました系のご報告を頂くようになりました。

ここで疑問がでてきます。

「糖質制限食を実践すると、ナニユエ髪が復活したり肌がキレイになるんだろう?」

江部康二先生にお聞きすると、

「糖質制限食で、末端の血流が改善したんだろうなあ。」

とのこと。

どういうことかといいますと、糖質制限食に取り組みますと、血糖値を急上昇させる糖質の摂取が少なくなります。すると、血糖値が上がったり下がったりする、「グルコーススパイク」が起きません。「グルコーススパイク」が起きないということは、血管がダメージを受けることもないですから、血流も良くなります。

それに加えて、血液をドロドロにしてしまうのは動物性の脂肪ではなくて、実は糖質なんだよということで、糖質制限食はもちろんその糖質を制限しますから、血液はサラサラで血流も良くなりますよね。

この二つの効果で毛細血管まで血流が良くなって、毛根に栄養が行き届き髪の毛が復活する、てな事ではないでしょうか。肌がツヤツヤになったり、乾燥肌が良くなるのも、この血流の改善が原因だと思います。

現に、私なんか年齢をいうと羨ましがられるくらい、お肌ぷりぷりですから(笑)

次回は、私なりに考えた「お肌ぷりぷり」の原因を書いてみますね。


<つづく>



糖質制限食・ダイエットの通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは低炭水化物ダイエットや糖質制限食向きの食品通信販売を行ってます。



ダイエット | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
No title
あらてつさん、こんばんは^^
糖質制限は美容にも良いのですね!すごい~
最近糖質制限にもだいぶ慣れてきて、1食で5gしかとらずに
すんでしまったこともw
相変わらずカロリーは多めですが・・・汗
しかし残念ながら不眠はまた再開してしまいました。
なかなか難しいですね。
No title
こんばんは~あらてつさん
「お肌ぷりぷり」の記事楽しみにしてま~す♪

癒しを求めて
約2年前に糖質制限ドットコムと出会ってから
目の前が一気に明るくなり、母がSU剤漬けでヘモ値も改善されず
SU剤の追加を検討されていたものが
母はヘモ値7.9から6.0の改善
母と一緒に糖質制限食を開始して
お肌ツヤツヤプリプリで62?から55?へと
変身した、あまなつです。
元気が取り柄の私が
今日はウチヒシガレテ帰宅しました。

母の主治医に糖質制限の話しをしたんです…
凄く高圧的な態度で否定されました。
結果良好な患者(答え)を目の前にしているのにもかかわらずです
そんな事してたら10年後しらんよ?でも自分の判断やから
糖質制限をする人には何を言っても無駄やからね
的な感じでした。
その医師は○大からの借り物の医師で普段から患者の体に一切触れず検査結果のみを伝える医師で
前任の医師から交代して約一年、不満だらけですが近場に主治医がいる病院があれば母には良いかなと通院しています
毎日頑張っている患者、母に対して頑張ってますね位の言葉あってもええんちゃうん?
更に超高圧的にそれ否定するか?
です。
母は少し動揺があり夕食はあまり食べてくれませんでした…
私がいくら説明しても生身の医師、天下のお医者様が否定するのとではインパクトが…
数値は良くはなっ

管理者のみに表示