09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

続・ダイエットの相談を頂きました(こんな題名だったっけ?)

2010年08月09日
土曜日、大阪は堺に行く用事がありまして、車で出かけてきました。

家を出る前に、NHKニュースの交通情報で、お盆の帰省ラッシュが始まってますと言ってました。

ちょっと待てい。

日本語、おかしくないかい?

私の知ってるお盆は、13日にご先祖様を迎えて16日にお送りする、この期間じゃなかったっけ?

お盆の帰省ラッシュじゃなくって、「早めに夏休みを取った人たちの帰省ラッシュ」が正しいんじゃなかと思う、あらてつです。

それにしても、なんでそんなに休み取れるんでしょう。

どうも夏風邪ひいたみたいで、頭がくらくらしますが、頑張っていきましょうね。

前回のみかんさんからのご質問の続きです。

なんぼなんでも食事量が少ないんじゃないかなぁってとこまででしたよね。

で、続きを書こうと思ってたら以下のコメント頂きました。

『すこしほっとしました。

あらてつさん

ありがとうございます。
つづく・・・とありましたが、もう少し返信があるんでしょうか?

「糖質制限中は食べ過ぎたら、もちろん減らないのは、あらてつさんのブログで分りましたが、逆にカロリー制限しすぎてもまた、飢餓状態になり痩せにくくなるんでしょうか?」のところを江部先生にも質問したのですが、やはりカロリー制限と言うお言葉しか返ってこずに困っていました。

何か、腑に落ちないことが多く、食べなさすぎかなと思って、食べるとやっぱり体重が増えるから、また食べる量を減らす・・・でも体重は減らないの繰り返し。

少し、食べる量を減らして、糖質制限続けてみます。

最初は少し体重は増えても、また減ってきますよね?

食べ過ぎないようにやってみます。

ありがとうございました。

また、いい情報あれば教えてください。心の支えになりました。』


いえいえ、中途半端でほったらかしにてごめんなさい。

食事量を減らして見るとのことでしたが、こないだのメニューを拝見すると、さっきも書きましたが量が少なすぎのような気がします。

もうちょい増やして様子を見てみてはいかがでしょう?

その際、糖質制限食では必須の脂肪分を減らして、タンパク質メインに組み立ててみます。

そうすると、脂肪を摂るよりカロリーは少なくなりますし、ある程度の量も食べることができるんじゃないでしょうか。

これにプラスして、やはり大事なのは体を動かしてエネルギーを消費すること。

糖質制限食で痩せない方は、基礎代謝が低い方が多いです。

基礎代謝をあげる手っ取り早い方法は、やはり運動です。

特に女性は、男性に比べて筋肉量が少なく基礎代謝が低いので、運動して筋肉量を増やして基礎代謝を上げてやることが重要かと。

ダイエットを志すなら、まず動きましょう。何事もそうですが、努力を惜しんで臨む結果は得られません(笑)

なんぼ入ってくるカロリーが多くても、その分使えば太りません。運動して消費カロリーを増やすのが、ダイエットの王道です。

ただ、以前にも書きましたが、何もスポーツジムに通うだけが運動じゃありません。

そりゃ、時間があればジムに通うのもいいですが、なかなかそういうわけにいかないのが現代人。

今まで車で出かけていたところを歩くか自転車にするとか、エスカレーターを使わずに階段を使うとか、一駅一停留所なら歩くとか、そんなんでもけっこう違いますよ。

筋肉は、使わなければどんどん衰えていきますし、30歳をすぎると、年間300gの筋肉が無くなっていくそうです。日常の生活習慣を見直すと、けっこうカロリー消費につながることが多いです。

というわけで、みかんさん、状況が許すのであれば、糖質制限食に運動をプラスして、ダイエットに取り組んでみてくださいね。





糖質制限食・ダイエットの通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは低炭水化物ダイエットや糖質制限食向きの食品通信販売を行ってます。ラカントSは糖尿病の方に適した病者用食品です。

ダイエット | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
初めまして
初めてコメントいたします。
私は去年秋に糖尿病発覚後、即糖質制限に辿り着いたおかげで、今は境界型に落ち着いている主婦でございます。
みかんさんに少しコメントしたく、出て参りました。ご容赦くださいませm(_ _)m

みかんさんの食事、量もさることながら、たんぱく質もミネラルも、代謝のための栄養素が足りなさ過ぎかと思います。
低脂肪高蛋白の食材や、きのこや海草類を増やすといいかと思いますよ。
運動も、カロリー消費のためのウォーキングだけでなく、適度に筋肉を作るスロトレなどを。
それに、たんぱく質に重点を置いた糖質制限ならば、落ちた体重以上に引き締まって見えます。
あまり体重にとらわれず、サイズ変化などにもっと目を向ければ、けっこう以前とは体重は同じでも、体付きは違ってるかも。
代謝には鉄分や亜鉛、ビタミンCやBも大量にいります。
栄養素が欠乏しては、健康的に痩せませんしね。
私も体重は停滞してますが、見た目はかなり変わったと言われます。ダイエット、一緒に頑張りましょうね(^o^)/
私もひとこと
みかんさんのことで私も一言。
正しく糖質制限をしての体重だったらそれがあなたにとってベストな体重なのではないですか。体重の数値ばかり気にし過ぎると摂食障害もそうですが不安症になりますよ。体重を頻繫に測るのはやめましょう。それよりも正しく糖質制限をすることで血液状態を良好にし免疫力を上げる方が大事なのではないですか。
皆さん、ありがとうございます。
本当にありがとうございます。

あらてつさん、減らすじゃなくて増やすの打ち間違いです。(^^;)

きのこや海藻、豆腐などを増やして、もう一度頑張ってみます。

適正体重なのかもと心で思いながら、でもやっぱり初めて糖質制限始めた当初、40キロまで落とすことが出来た。そこまではいかなくても、45キロ程度で維持したいです。(身長が146cmしかないので)

体重も毎日計らないときがすまなくなっています。今現在は。(乗らないとどんどん増えていって、取り返しのつかないことになってしまいそうで)
先日の書き込みには記入しませんでしたが、実は少し前に、糖質を取ってしまったり、極度の過食になったときに、嘔吐したりしていました。やってはいけないと分っていても、やってしまう自分がいて、吐くと気持ちは楽になったとたん、憂鬱に・・・(過食症になりかけていたのか、なっていたんだと思います。今でも時々吐きたくなります。でも吐いていません。)

前の(痩せれたときの)自分に戻りたくて、もう一度、江部先生の本を読み直し、再度チャレンジし始めたら、食べても痩せず、増え始めたので、心が折れそうになっていた時に、江部先生のHPにも相談したのですが、カロリー制限の返事のみで、あらてつさんのブログは前々から知っていたのですが、相談なんて・・・と諦めていました。

今回、チラッとブログをのぞいてみて相談して見ようかと思い、してみてよかったです。
少し、体重が増えるのを覚悟して、普段の動きを少し増やしつつ、食べる量と物を増やして、続けてみます。

1人でやってると、本当にこれでいいのか?と不安になることが多々あるので、時々、書き込みさせてください。
みかんさんへ
私の妻も長い間過食症で苦しみました。今は私に付き合って糖質制限をしています。体重もいい感じです。正しく糖質制限をしている限りは、よほどのことが無い限り太りはしないはずです。あなたは体重の数字を気にしすぎです。1日の間2キロは、変動します。一日中体重を気にしてると不安で不安でしょうがなくなり取り返しがつかなくなります。あなたも摂食障害のことを調べて知っているようですから分かるはずです。うちは体重計は捨てました。糖質制限は太りませんから、安心して基本に戻ってやり直してみたらいかがですか。うちの妻は、空腹時にはカロリー0のゼリーを良く食べています。前にも書いたことがありますが糖質制限は、普通の人より一歩進んだ食事だと誇りを持ちゲーム感覚で楽しくやりましょう。
おせっかいで書いてしまいました。気に障ったらごめんなさい。
No title
糖質制限食についての内容だったので私なりの希望を書かせてもらいます。前にもコメントしたことなのでまたかと思われてしまうかもしれませんが、糖質制限中の便利なおやつとして、糖質ゼロ、できればカロリーゼロのガムを先生に開発して頂きたいのです。糖質制限ドットコムで売って頂ければ私でも買えるので。
前に江部先生が糖質制限を続けるとその人のベスト体重になるとblogに書いていたような気がします根本的に糖質制限は血糖値が安定することによって身体がよりよい状態に保たれるのであって見た目的なダイエットを期待するのは禁物かと…江部先生は167㎝57㎏らしいですが多分若い女性にとっては少々物足りないでしょうこの身長なら45㎏ぐらいになりたいんじゃないかな、だから私は正直糖質制限とダイエットを余り結び付けてほしくない…どうしてもダイエットとつくと過度の期待が出てしまうから江部先生の御本もダイエットとつくと少し苦々し思いがまぁ出版社の意向とかでしょうけどね、あとは骨格とか…身長体重同じでも欧米人に比べると横が?分厚くなるようですね。
ありがとうございます。
ハマのトンケさん

何となくと言うより、間違いなく摂食障害だと分りながら、心の中で認めたくない自分がいました。と言うより、今でもいます。

このことを話したくないと言う気持ちと、誰かに聞いてほしい気持ちも葛藤しています。(家族は嘔吐や過食のことは気づいていません)

糖質制限も本で読んで、食べて良いものよくないものもわかっているつもりですが、食べる量が正直分りません。(分らなくなったんだと思います、無理な食事制限をやり続けてきた結果)

体重も毎日計らないよう努力してみます。痩せることを第一にせず、健康で毎日が楽しくなるよう食事を楽しんでみようと思います。ありがとうございます。

あんちゃんさん

糖質制限は治療の一環でダイエットが目的ではないことは重々承知しています。でも、今までどんな方法でも痩せれなかった私が劇的に痩せることが出来たことと(戻ってはいますが、元の体重まではまだ戻っていません。)私はがん治療中で、ガンの再発予防で糖質制限を知ったのですが(特定のガンを除いてほとんどのガンの餌はブドウ糖で、制限することによって、予防や大きくなるのを遅らせれるかもと言うことなので)こういうことって、情報としてすごく大切なんです。私にとって。

真剣に糖尿のためにされてる方にとっては、あまり良く思われないのかもしれませんね。でも、時々、こんなやつがいるんだと受け入れてもらえれば嬉しいです。

何かまとまり無くダラダラとすみません。

あらてつさん

ここには、自分のことのようにアドバイスしてくださる人がいるってすごく嬉しいです。

痩せることを重点に置かず、ガン予防と心の健康のためにもう一度始めます。

また、迷ったときや折れそうになったら登場しちゃうかもですけど(^^;)
Re: みかん さんへ
このブログは、“いつだってOpen誰だってwelcome”(これがわかればレゲエ好き♪)なので、お気軽にコメント下さいね。

管理者のみに表示