07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

糖質制限食中に食事のお誘いをうけました。あなたならどうする?

2009年12月22日
昨晩、肩の激痛で目が覚めました。

時計を見ると夜中の3時です。

痛みが引くのを待ってたのですが、なかなか引きそうもなく、横になれないので布団からでていきました。

さりとて夜中の3時にすることもなく、一人歌うのも近所迷惑なので、朝にしようと思ってた洗濯をすることに。

去年の11月に買い替えた洗濯機、新しい洗濯機ってほんとに静かだと改めて感心しつつ、洗濯終って全部干して、これで明日の朝は少しゆっくりできるかなと、布団に戻りました。

なのになんでいつもと変わらないくらいバタバタするんだ!

しょせん朝なんてそんなもんだと、こちらも改めて痛感したあらてつです。

え~、先週、kamille さんから、お呼ばれしたときの糖質対策についてご質問頂きまして、その際に、皆さんどうされておられるのかお聞きしましたら、noriko さん、あんずさん、てんこ盛りさんからコメント頂きました。

もうすでに行かれたかもですが、皆さんの今後の参考にと思いますので、ご紹介させて頂きます。

まずは、noriko さん

『クリスマスケーキが届き、気持ちもまろやかなnorikoです。。。

そのせいかわかりませんが、ケンタッキーも一足早く食べてしまいました。(笑)

12月は、1年のなんやかやでお誘い多くて制限してる人は大変ですよね。相手の気持ちを思うと申し訳なくて。^^;
バイキングや居酒屋あたりだと有難いわけですが、そうもいかない場合もあるわけで。
で、私ですが、ベイスン飲んで食べちゃいます!
上品な店なら量も少ないかも・・笑。
でも、後の具合が悪くなるという方はやっぱりかわいそうですよね。

あらてつさんのように、
>誰に誘われようが、「糖質は食べまへん。」と

こう言えれば楽でしょうけど、なかなか・・・。^^;

そうだ・・・あらてつvoiceで
糖質は食べまへん」ってあったら面白いかも!!!

紹介してくださってってるボタニカ・・いいですね~。(*^_^*)
私的には、ミッドタウンが一番行きづらい場所かな~。
二子玉も日本橋もよく知ってるので機会を作ってぜひ行ってみたいです。』


norikoさん、いつもコメントありがとうございます。

あらてつvoice、そんなの聞いたら、夢見てうなされちゃいますよ(笑)

ちなみに、誰に誘われようが、「糖質は食べまへん。」を貫くと、誰も誘ってくれなくなりました(大笑)

付き合いでの食事はキライなので、私としては都合がいいんですけどね。

お次は、あんずさんからです。

『あらてつさん こんばんわ。
先日仕事仲間と二人で、クリスマスディナーしてしまったあんずです。

確かに、仕事仲間のみんなに告知してしまえば食事のときやお茶の時間など、甘いものや、でんぷん類に頭を悩ませることもないのですが、でもこれが中々言いだせないものです。

私の場合はお茶の時間に仕事のパートナー(上司です)がおみあげに買ってきてくれた甘~いお菓子を二人で食べる時、お礼をかねた感想を言わないわけにもいかず、一口、二口・・・頂き、美味しいですねぇと言ってから、そのあとはひたすらコーヒーを飲みづつけ、さりげなくポケットにかくす・・・。

または、先日のクリスマスディナーのときは、その日まで厳格に糖質制限を続け、その日だけは自分へのご褒美と、美味しく楽しく、糖質のことはほんのひと時忘れて、また次の日から頑張る…。

という自分に都合がいい話ですが、家に帰ってから、血糖値を測るとそこには現実が…。

めげない、めげない^_^;

毎日、毎日、糖質制限を続ける難しさは、糖質制限をしている私達が一番よくわかりますよね。

家でも家庭でも糖質制限をしているのは自分だけ…。
おいしいパンもケーキもお菓子もみんなのようには食べられない…。
時々、爆発しそうにもなります<(`^´)>

でも、最近思うのです。
ブログの中には沢山の糖質制限の仲間がいるんですよね。
みんな毎日頑張っているんです。

これからの長~い人生を糖質制限と末長く、付き合っていけたら、いいですよね。

なんだかアドバイスになっていませんね、ごめんなさい(^^ゞ 』


あんずさん、コメントありがとうございます。

職場での涙ぐましい努力、ご苦労お察し致します(涙)

以前に書かせて頂きましたが、こんな努力の日々を送っているからこそ、たまのイベントの時くらい、自分にご褒美あげてもいいと思います。

糖質制限食は、カロリー制限に比べると制限の幅は狭いですが、それでも何かを制限されることに変わりはありません。我慢しすぎると、どこかでそのしわ寄せがきてしまいます。

糖質制限食は、続けてこそ意味がありますので、時々息抜きしながら、「美味しく楽しく末長く」取り組んでいくことが大事かなと。

爆発しそうになったり辛いと思ったら、このブログに愚痴でも怒りでも憤りでもぶつけてください。私でよければお聞きしますし、同じく糖質制限食に取り組んでる皆さんが、支えになってくださいます。

あんずさんは一人じゃないですよ♪

最後に、てんこ盛りさんから頂いたコメントです。

『私はみんなに公表してます

あらてつさん。初めまして。毎日楽しく読ませてもらってます。

私は初対面だろうがなんだろうが食事を一緒する方には一生治ることのない糖尿病で糖質はとらへんねん…と言うことにしてます。居酒屋でもテンプラは衣をはずして食べます。ビックリされたけど店の人にも公表しちゃいました。

実は私こうなんよって話しちゃうと本当に楽です。焼酎よりも何よりもBEERをこよなく愛する私は居酒屋で生を呑む時は(都合がいいことに投薬無しを理解してくれへん主治医なので)スターシスを出されてたからそれを飲むことにしています。糖質制限無理解な主治医もたまには役に立つ???

どうしてもしゃあない時はええいままよ…と食べます。当然翌日は運動にあけくれます。でもHba1cは5.4です。悩むとストレスで血糖値あがります。開き直りがキーポイントかもしれませんね。』


てんこ盛りさん、私と同じニオイを感じてしまいました(笑)

「どうしてもしゃあない時はええいままよ…と食べます。当然翌日は運動にあけくれます。でもHba1cは5.4です。悩むとストレスで血糖値あがります。開き直りがキーポイントかもしれませんね。」

そうです、血糖値にナニが悪いって、糖質はもちろんのこと、ストレスも血糖値を一気に上げてくれます。運動とポジティブシンキング、これが良好な血糖コントロールの秘訣かなと。

てんこ盛りさん、本日のあらてつ的ベストアンサーに認定させていただきます♪





糖質制限食・ダイエットの通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは低炭水化物ダイエットや糖質制限食向きの食品通信販売を行ってます。ラカントSは糖尿病の方に適した病者用食品です。




糖質制限食食材 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
ベストアンサーありがとうございました
うわーい。敬愛するあらてつさんにベストアンサーにだなんて嬉しいです。そう私もなんだか同じニオイを感じていました。
公表すると安心です。引いてしまう人とは、おつきあいはしなくていいし、こないだ山仲間と持ち寄り宴会してたら「てんこさん。あなた用にステイルフリー用意してあります」とさ。嬉しいじゃないの~
ちょっと突っ込みます(笑)
あらてつさん、まさかベストアンサーを選ぶと思っていませんでした。(笑)

ま、あらてつ的ということなのでいいですが・・・笑

いえ、決して拗ねているわけではございません・・笑

でもね、やっぱりまだ言える人、言えない人、複雑な心境なんですよ。その時がくるまでがね。

糖質食べないと公表して、それで気を使われるのは面倒ですけど、それで誘われなくなるっていうことは私的にはないと思いま~す。(*^^)v

肩の激痛って・・・・何が・・あらてつさんに起こったのか・・・。お大事に(*^_^*)
Re: てんこ盛り さんへ
敬愛だなんてもったいないお言葉頂戴してしまって、照れるじゃありませんか(笑)

私としては、てんこ盛りさんの
「どうしてもしゃあない時はええいままよ…と食べます。当然翌日は運動にあけくれます。でもHba1cは5.4です。悩むとストレスで血糖値あがります。開き直りがキーポイントかもしれませんね。」
このコメントに強く共感致しました。

私も、たまにケーキやなんか食べたくなる時がありますし、そんな時は、2時間ほど運動してから食べることにしてます。

やはり、ご褒美の前には、ちゃんとやることやらないとと思うわけです(笑)


Re: noriko さんへ
あぁ、norikoさん、すねないでくださいね。
あらてつのココロはnorikoさんのものですから(笑)

え~っと、公表するしないは、norikoさんのおっしゃいますように、できる人できない人がありますから、そこは人それぞれでと思います。

私がてんこ盛りさんのコメントですごく共感できた部分は、とてもポジティブなところですよ~。

どうせ食べなきゃいけないのなら、美味しく頂く。そんでもって翌日はきっちり体を動かす。

とっても前向きでいいなと思いました。



ご報告
あらてつさん、こんばんは。
そして、アドバイスを下さった皆様、はじめまして。

今日、イタリアンランチに行ってきましたよ。
クリスマス用のメニューで、1つのお皿にサラダ、チキン、エビマリネ、パスタが乗ってました。
パスタを後回しにして、サラダ、チキン、エビマリネと食べて、最後にパスタを食べました。
ラストにデザートで、ミルクババロアとラム風味のムースが出まして、完食してみました(笑)

食後にナッツをつまみ、様子を見たら、いつもの睡魔や膨満感は少なく、軽いじんましんとゾワゾワ感がありました。

ローカーボ生活を続けているので、たまの1日は持ちこたえたのかも知れません。

こんなに悩むなら、やはり糖質はいらないなぁと思いました。

楽しい会だったので、ストレスが少なかったのも良かったのかも知れません。

皆様、ありがとうございました!
私の主治医は…
週に1回は息抜き、ご褒美として何か好きな物、ぐらいはHbA1cには影響ないよ かえってストレスになるよ、と笑ってました
私の経験
みなさん、はじめまして。
糖尿歴10年選手のはとです。

私も糖質制限を知るまでは、一般的カロリー制限食を実行しては挫折、の繰り返しでした。
挫折の最大理由としては、やはり、多項目指示単位によるストレス+その割に不十分な結果、これらから1度螺子が緩むともうヤーメタ!(しばらく後に再スタート)となっていたのです。

しかし糖質制限で問題なのは、糖質(私の場合ご飯パン麺)抜きのみだけですから、ストレスはカロリー制限に比して大幅に低下しました。
更に、好物のステーキ・ハンバーグの梯子をしても食後血糖値最高130という以前なら考えられない結果も、挫折無縁の一因かと思います。

糖尿治療という終わりのないマラソンでは、メンタル面が非常に大きなウエートを占めていると考えます。

前置きが長くなりました
「お誘い」は容易には断れませんが、それでも、通常の食生活が乱れていなければ許容範囲かと思います。

「お誘い」お断りのストレスもまた、カロリー制限のそれに匹敵しますしね。
Re: kamille さんへ
ご報告、ありがとうございます。

行かれるまではいろいろと悩まれたかと思いますが、

>楽しい会だったので、ストレスが少なかったのも良かったのかも知れません。

この一言につきるんじゃないかと思います。

結果オーライということで、また改めて「美味しく楽しく」糖質制限食を続けてくださいね。


管理者のみに表示