07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

炭水化物と糖質と食物繊維

2009年10月19日
新型インフルエンザ、感染がどんどん拡がっていますが、これって豚のインフルエンザですよね。

こいつが流行る前、鳥インフルエンザの感染が拡大して、パンデミックが必ず起こると専門家が注意喚起をしていたの、皆さん覚えてらっしゃいますでしょうか?

豚インフルエンザでマスコミが大騒ぎしてますが、鳥インフルエンザの報道は全然見かけません。

鳥インフルエンザはどうなったのか、疑問で仕方ない、あらてつです。

インフルエンザと関係ないですが、ひじきの炭水化物について匿名希望でご質問頂きました。

ひじきに関わらず、炭水化物についてよくご質問頂きますのので、復習がてらご紹介します。


『初めまして
何時もブログを拝見させて頂いてます。
江部先生のブログからここまで来ました
先生の本を購入して現在実践中です。

一つ疑問が有りまして、質問させて頂きます、ひじきって結構炭水化物を含まれているので、普通に食べても問題ないでしょうか
唐突で申訳御座いませんが、教えて頂けるを大変助かります!!』


匿名希望さん、コメントありがとうございます。

炭水化物とは糖質と食物繊維を足したものです。

なので、炭水化物糖質ではありませんし、炭水化物がそのまま血糖値を上げるかといえば、そうではありません。

分かりやすい例をあげると、こんにゃくの炭水化物は、100g中3.15gとなっています。でも、そのうち食物繊維が3.15gです。すると、こんにゃくの炭水化物には糖質が含まれてないことになります。もちろん糖質が含まれてないので、血糖値は上昇しません。

よって、ひじきの場合、100g中の炭水化物56.2gから、食物繊維の43.3gを引いた12.9gが糖質ということになります。

なんでこんなわけの分からんことになるかといいますと、日本では、炭水化物と糖質を同義語で使うことが多いのと、食品を成分分析する際の方法に問題があると思うんですね。

食品中の炭水化物量を割り出すとき、たんぱく質、脂質、その他を順番に割り出して最後に残ったものが炭水化物、さらにその中から食物繊維を抽出して、残ったなんだか分からないものを全部糖質にしちゃってるからなんですね。

この検査方法は、どう考えてもおかしいんじゃないか?と思うんですが、厚生省かなんだかが決めたそうなので、この方法で割り出すようになっています。

で、上記を読んで頂ければ、炭水化物が血糖値を上昇させるといった表現がおかしいのもご理解頂けますよね。

血糖値を上昇させるのは炭水化物中の糖質であって、「炭水化物」ではありません。ですから、糖尿病の方や糖質制限食に取り組む方は、炭水化物ではなく糖質を考えなければならないわけです。



糖質制限食食材 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
成分表示
あらてつさん、こんにちは。
炭水化物の表示、私も毎回商品(特に野菜やサラダ・惣菜類)を選ぶ際に、いつも悩んでます(苦笑)
千切りキャベツとレタスサラダは、炭水化物量が同じでも糖質量は違うし、
サラダにいたっては、付属にドレッシングがついていたら、
「このサラダの炭水化物量表示は、ドレッシングを含んでいて、ドレッシング分はどのくらい??」とか(笑)
頭を悩ませて食事が辛くなるのはイヤなので、最近は少し割高でも、シンプルな食材や惣菜を選ぶようになりました!
シンプルな食事は、糖質制限生活を続けるのに合っている気がしますヾ(=^▽^=)ノ
Re: kamille さんへ
いつもコメントありがとうございます。

あの炭水化物の表示、ややこしいからやめてしまえばいいのにと思います。
どうせ表示を義務付けるんなら、ちゃんと糖質と食物繊維にすりゃええやんと。
ま、所詮、役所のやることはいい加減ですからね~。

話変わって、最近の私の食事、肉だけ魚だけと超シンプルです(笑)
このままだといけないと思いつつ、どんどん手抜きが…。


管理者のみに表示