07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

続々・あらてつの素朴な疑問 運動すれば糖尿病にならないのか?

2009年10月01日
副鼻腔炎、やっと治まってきたと思ったら再発。

顔が痛いし頭はボーっとする、おまけに鼻の奥は気持ち悪いで朝から散々です。

終わったら耳鼻科に行こうと思うのですが、今日の京都はまたも雨。

しかも、夕方から大雨になるとのことで、その雨の中バイクで30分も走って耳鼻科まで行くのが憂鬱で仕方ない、あらてつです。

けど、行かなかったら、もっとひどいことになるしなぁ…。

帰るまでに小ぶりになることを祈りつつ、昨日の続きに行きましょう。

え~、「あらてつの素朴な疑問 運動すれば糖尿病にならないのか?」なのですが、なんか、書いてて自分でもよく分らんようになってきたので、ちょっと整理&まとめてみます。

巷間言われております、「糖尿病増加の原因の一つは、現代人の運動不足がその一因だ。」

なのですが、これに対して

「運動してて糖尿病にならへんのやったら、なんでスポーツ選手が糖尿病になるんやろ?糖尿病は、糖質の摂りすぎで膵臓が疲弊してなるハズ。そやったら、運動不足は糖尿病と関係ないんちゃうの?」

などという、素朴な疑問が出てきました。

で、燃える闘魂、アントニオ猪木さんを例にそのあたりを検証すると、一般人よりはるかに体を動かしていても糖尿病になってしまう、つまりは、「運動してても糖尿病になってしまう=運動は糖尿病の予防にならない」ことになるんじゃなかろーか。という答えが導かれたわけです。

では、なにゆえスポーツ選手も糖尿病になってしまうのか?

それはやはり、「糖質の過剰摂取による膵臓の疲弊」につきるんじゃないかな、ってのが今回のお話です。

スポーツ選手は、トレーニングで痛んだ筋繊維の修復させるためや、筋力アップのためにタンパク質を多量に摂取しますが、これは、あくまでも筋肉をつけるために摂取するわけで、トレーニング時のエネルギー元のために摂ってるわけではありません。

前回もちょろっと書きましたが、選手としてスポーツをやっていると、当然、練習はハンパな量じゃありません。そのハードな練習で即エネルギーとなるのは、脂質ではなくて糖質です。

それに加えて、スポーツ選手の食事やら栄養について書かれた本をには、練習の何時間前には炭水化物のこれとこれを食べましょう、減量のある選手は、計量が終わったら、体重1キロにつき8gの糖質を24時間かけて食べれば、効果的にグリコーゲンを体内に貯蔵できます、なんて書いてあります。

早い話、糖質山盛りな食事になってしまうわけです。

そこへもって、私は甘い飲み物が嫌いだったので、飲まなかったのですが、練習の合間の水分補給に、スポーツドリンクを利用する選手が多いです。

これは、多量の汗をかいたときに水分だけ摂ると、体内のミネラルバランスが崩れて危険な状態におちいるからなんですが、ここでひとつ問題が。

スポーツドリンクは、吸収をよくするために糖質が5~8%入っています。500mlのペットボトル一本ぐびぐびっと飲んじゃうと、25~40グラムの糖質を摂ることになります。

しかも、ハードな練習なら2L以上の汗かきますから、練習中に飲む量って1本2本じゃきかないないですし、実際に、1回の練習で、2L以上のスポーツドリンク飲んでる連中、私の周りにいっぱいいました。

これって、冷静に考えると、毎回おっそろしい量の糖分をガバガバ飲んでいることになりますよね。

そこへ加えて、食事内容が糖質メインの食事で、しかも大量に食べるわけですから、食べるたびにこれまた大量のインスリンが分泌されていることになります。

すると、それだけスポーツをされない方より膵臓に負担がかかっているわけで、膵臓の疲弊も進み、糖尿病の発症となってしまうのではないかと。

<つづく>


糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示