09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

体重と血糖値の関係は?

2009年08月19日
部屋についてたエアコンが壊れた話を盆前に書きました。

管理会社に電話したら、早急になんとかしますと。

以前、風呂場の水道の水漏れ、2ヶ月以上ほったらかしにされました。

エアコンの修理はまだ来ません。

このままだと、修理に来た頃には、夏が終わってんのとちゃうけーと思う、あらてつです。

家賃遅れたら絶対ぎゃーぎゃーゆうくせに…。

今回は、体重と血糖値の関係についてのご質問を頂いたのでご紹介です。

『小福です。いつもありがとうございます。
江部先生のブログなどでよく ”1gの糖質が体重64kgの2型糖尿人の血糖値を3mg上昇させます”とあるのですが、では44~46kgの私の場合はどうなるんでしょう?体重を表記さ
れると言うことは、体重の軽い重いで血糖値上昇値が変わるのでしょうか?』


小福さん、いつもコメントありがとうございます。

「1gの糖質が体重64kgの1型糖尿人の血糖値を5mg、2型糖尿人の血糖値を3mg、正常人の血糖値を1mg上昇させる」名づけて、「1:3:5の法則」。ご自分の血糖上昇の目安にされておられる方も多いかと思います。

で、この法則が体重で変わってくるのか?なんですが、私個人的には、体重が違えば血糖値の上がり方も変わるような気がします。でも、私の「そんな気がする~。」では、それこそ気休めににもならないので、またまた江部康二先生に聞いてきました(笑)

江部康二先生曰く、

「重い場合はデータがないんでイマイチわからんのだが、軽い場合は、単純に64/44kg×3の計算だな。バーンスタイン先生の本にも書いてあるけど、仮に1型糖尿病で32kgの子どもの場合だと、5mgじゃなくて10mg上がってしまう。ま、個人差はあるけどね。」

だそうです。

やっぱり体重で変わってくるんですね。ま、よく考えたら、そりゃそうです。薬の効きだって体重で変わりますもんね。

ただこれは、一回に摂取した糖質が50gまでの話で、それ以上になると、個々の症状によって変わってくるとのことでした。

どういうことかと言いますと、例えば正常人の方が50gの糖質を食べると、だいたい、50×1で50mg血糖値が上がりますが、100g食べると100×1で100mg上がるかといえば、そうじゃないそうです。

以前に東海大学の大櫛教授とされた糖質制限食の共同研究でも、この法則が見事に当てはまったのですが、一回の糖質摂取量が50gを超えると、被験者の方のインスリン分泌能力の差などによって、必ずしもこの法則通りの上がり方ではなかったそうです。

はっは~ん、なるほどなぁ。これで脳ミソのシワが一本増えたと江部康二先生に感謝しつつ、お部屋を後に致しました。

小福さん、こんなお答でいかがでしょうか。


糖尿病 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
No title
ありがとうございます。おかげで私も脳みそにシワ増えました(*´∇`*)
「痩せてなかったらもう少し食べれたかもなぁ~」と変にがっかりしたりして。
血糖値測定器がなく、血糖値の上昇を想像しながら食べてたので、とても参考になります。

またまた質問いいでしょうか?
知人で、糖尿を宣告されてからも普通食を続け、薬も飲まずで約20年放置で失明するかもと言われてやっと糖尿治療を始めた人がいます。
それで、ふと思ったんですが、糖尿と宣告されて、普通食で20年もつんだったら、毎日糖質制限食を続けた場合、1月に1食くらい血糖値が上昇したとしても自分の寿命が来るまで糖尿からの合併症にならずに済むと思いますか?
糖質制限食を続けていますが、旅行や、子供と外出した時や主人の実家へ行った時など、どうしても炭水化物を普通に摂取してしまうことがあります。
糖質制限食を始める1か月前までは普通に食べていたのに、今食べるとかなりの罪悪感と寿命が縮まったような気持ちになります。実際体がだるく感じることもあります。
それと、糖質制限ではお菓子は禁止になっていますが、おかき1枚”糖質5g”と記載の場合、血糖値が20くらいの上昇なので、昼食後3時間後くらいなら1枚ぐらいなら食べても大丈夫なのでしょうか?
お菓子は、1枚でやめることができないから禁止なのか、それともお菓子は同じ糖質5gの野菜を摂取した時より血糖値の上昇が大きいから禁止なのかどちらでしょうか?
旅行に行った時など、ご当地スイーツ一口パクっと楽しみたいなぁって思うことがあります。
糖質制限食を長く楽しく続けるためにゆるめれる範囲を知っておきたいのです。続けての質問で申し訳ありませんが、あらてつさんのご意見お伺いしたいのでよろしくお願いいたします。

管理者のみに表示