09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

糖質制限食とジャーナリズム

2009年06月24日
眠いです。昨晩は、けっこう早く寝たのに眠いです。

これって、ツェツェバエに刺されたのか、それとも魔女に魔法をかけられたかのどちらかではないかと疑っている、あらてつです。

魔法をかけられたのなら、綺麗なお姫さんが起こしに来てくれるはず…。

今日の話題は、お姫さんとはなんの関係もございません。ノイさんから、こんなコメントいただいたのでご紹介です。

『ターザン
初めてコメントいたします。
ターザンの523号で糖質制限ダイエットについて知り、旦那が実践して少しずつ効果があらわれました。食べる量を減らす、というものよりストレスも少なく、頑張ろうと話し合っていたところです。
なのに、最近発売されたターザン「太らない食べ方」に、「根強く信仰されている炭水化物抜きのダイエットは実は最もやってはならない食事法なのである(p.9)」と…。
なんだかガッカリというか、「アレッ?」て感じで。同じ本だったのがまた「う~ん」。
こんなもんなのでしょうか??』


ノイさん、はじめまして&コメントありがとうございます。

これと似たような話、以前にもありました。 2008年6月10日号のクロワッサンに「糖質を制限する食事はダイエットにも効果あり」として、江部康二先生が監修された糖質制限食のダイエット特集が載ったときのことです。

その記事で分かりやすく糖質制限食によるダイエット効果が解説されていまして、けっこうな反響がありました。

で、後日、今度は違った方法によるダイエット特集が組まれて、その中に、「炭水化物抜きのダイエットも流行しているようですが、これもまったくお勧めできません」と書かれていたそうです。

私はクロワッサンを読む習慣がなかったので、書かれてたことすら知らんかったのですが、この記事を読まれた方から、苦情(?)の電話が掛かってきたのですね。

曰く、「前は炭水化物は抜いたほうが良いって書いてあったのに、今度は抜いたらダメってかいてある。どういうことか?」

そんなもん、出版社に電話して聞けばよかろうと思うのですが、こういう方、けっこう多いです。早い話、自分で考えると言うことをしないで、書いてあることをそのまま鵜呑みにしちゃうんですね。

いわゆる「おすがり症候群」の方たちも、こういった傾向が強いです。

炭水化物抜きのダイエットが、最もやってはならない食事法なのかどうかの反論は、2009年05月28日 (木) の江部康二先生の記事をお読み頂けば分かりやすいので、そちらの方を参考にして頂くとして、この件に関する私なりの見解をば。

まず、同じ雑誌で真逆の記事が掲載されることですが、これは間違ってないと思います。あるひとつの事柄について掲載するなら、その逆の説もきちんと載せる。これって、ジャーナリズムの姿勢として、正しいことですよね。

戦時中の新聞じゃあるまいし、大本営発表そのままのちょうちん記事ばかりだと、逆に信用できません。

また、批判もあっていいと思います。でないと健全な議論が出来なくなります。ただし、感情的ではなく、全うな論理とデータに基づく批判に限りますが(笑)

で、以上のことを踏まえた上で、ここからが重要なのですが、両方の記事をしっかり読んで自分の頭で考えて、選択するのは「あなた」です。

江部康二先生はじめ、私たちは、実際に糖質制限食を実践して、素晴らしい効果があると自分自身で体感してますし、臨床での結果も積み重ねています。そして本や講演会やブログなどで、可能な限りそのデータも公表してます。

いつもお世話になっている阿曽シェフ、新井田シェフも、ご自分で実践されてその効果を実感されたからこそ、手間隙かけて糖質制限のフルコースを考えてお店で出されておられます。

それらを見て、私もやってみようと思われたのなら、糖質制限食をやってみればいいと思います。

また逆に、他の治療法、例えばカロリー制限食やその他のダイエットの記事を読まれて、そっちの方がいいと思われたのなら、そのやり方で取組まれればいいと思います。

結論です。

ターザンにしろ、クロワッサンにしろ、雑誌としての姿勢は全然間違ってませんよ。と言いますか、むしろ正しいかと。(編集者の方がそこらへんをちゃんと意識してるかは別ですけど(笑))

一番大切なのは、それらを読んで「自分で考える」につきると思います。

最後に、お名前が出させて頂いたので、お店の方もご紹介。予約の際に、「糖質制限食のフルコースで!」と必ず仰ってくださいね。

糖質制限のフルコースが堪能できるこの世の極楽浄土、糖質制限食の聖地に、皆さん是非足をお運びください♪

「代官山ASO チェレステ二子玉川店」

東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川高島屋S・C南館11階
TEL:03-5797-3380
営業時間
ランチ 11:00~14:30(L.O.)
ディナー 18:00~21:00(L.O.)
定休日 なし


「代官山ASO チェレステ日本橋店」
東京都中央区日本橋室町1-4-1
日本橋三越本店 新館10F
TEL:03-3243-1820
営業時間
ランチ 11:00~14:30(L.O.)
ティータイム 14:30~16:00(L.O.)
ディナー 17:30~20:30(L.O.)
定休日 なし


「Botanica」
東京都港区赤坂9-7-4 
東京ミッドタウン ガーデンテラス4階
TEL:03-5413-3282
営業時間
LUNCH: 平日     11:00~14:30 (L.O.)
   土・日・祝 11:00~15:00 (L.O.)
DINNER: 平日・土 18:00~21:30 (L.O.)
日・祝 18:00~21:00 (L.O.)


糖質制限食 | コメント(9) | トラックバック(0)
コメント
同一タンパク源とアレルギーについて・・・
こんにちは。

相反する二つの記事に混乱する気持ち、分かる気がします。

昔の私は、医学はもっと完成されたものだと思い込んでおり、
こんなにも未知の部分が多く、
相反する多様な説が繰り広げられているなんて考えもしなかったので、
同じ雑誌に違う説明が紹介されていたら、
「ちゃんと調べて正しい方を載せろ!」って考えていたと思います^^;

ところで、質問があるのですがよろしいでしょうか?

糖質制限を初めて、
調理や保存が簡単、そして美味しい、更にヘルシーな食材として、
卵や大豆製品を多用しているのですが、一日にどれくれいまで食べて大丈夫でしょうか?

下↓の記事の上半分(溝口クリニック院長のブログです・・・)に、
http://orthomolecule.jugem.jp/?eid=687
一つのタンパク源に偏るとアレルギーの原因になりうる、と書かれています。

私はアレルギー体質ですが、
今のところ、卵や大豆にアレルギーはありません。
卵や豆腐や大好きで、一日に食べて良いよと言われれば、
色々レシピを工夫して、卵なら一日5~6個食べてしまいます。
(豆腐はさすがにそんなに食べられませんが・・・)

どれくらいまでなら大丈夫・・・といった目安はあるのでしょうか?
少し不安に感じています。

もちろん、肉や魚も食べていますが・・・。
追伸:
件の記事を読み返してみたら・・・、
卵を食べ過ぎると、
卵アレルギーになる、って意味ではなく、
卵アレルギーの人のアレルギー反応が起きやすくなる、って意味なのかな??

読解力不足ですみません。
Re: 青井さんへ
いつもコメントありがとうございます。
ブログ、読ませて頂きました。同一のタンパク質の過剰摂取が、アレルギー反応を引き起こす可能性があるとの解釈で良いのではないかなと思います。
ただ、溝口先生の治療方法について私はよく存じ上げないので、これ以上はなんとも答えようが無いです。
あまり気になるようでしたら、溝口先生に聞いてみてくださいね。
アイスクリームメーカー
あらてつさん、ちょっとお借りしますね♪

めいりんさん、お陰様でアイスクリームメーカー買うことができました!ビックカメラにもなく、またまたアマゾンで、もうちょいグレードが上の物は在庫ありだったので購入しました。今日届きます。
最初から安さだけでなくこれを買えばよかった(笑)
ローカーボキッチンで使われていたものと同じみたいなので糖質制限レシピで作って楽しみたいと思います(*^_^*)

あらてつさん、ダイエットロールを初めて食べました。
他のところのパンも食べてますが、ダイエットロールは美味しかったです。一番好きかもです。
まだ、食パンは冷凍庫でスタンバッっていてまだ食べていないけど、(うーん、これって解凍したら食べきらなきゃいけないからなぁ)ずっと食べたかった厚焼きトーストにしようって思っています。こんなささやかな事がこんなに楽しみに思うなんて、今まで汚れていた自分を反省です(笑)
返信有り難うございます。
なるほど、やっぱりアレルギー反応を引き起こす、ですね。
朝からお忙しいところを失礼しました。

溝口先生に直接お伺いできるチャンスはないのですが・・・

とりあえずは安心です。
Re: noriko さんへ
noriko さん、どんどん使ってくださいね(笑)

さて、ダイエットロールのお買い上げ、誠にありがとうございます。お気に召して頂けて嬉しいです。
食パンですが、包丁が通るくらいの半解凍状態でカットしていただいて、また再冷凍しても品質には問題ないですよ~。ただ、臭いが移りやすいので、密閉できる袋に入れて保存してくださいね。
今後とも、当社の商品を可愛がってやって頂けたら嬉しいです。
Re: 青井さんへ
溝口先生のブログ、拝見したところコメント受け付けておられるようですが…。
それが・・・
溝口先生のブログでは、
コメントに対する返信がつかないのです。

昔は返信していらしたのですが、
ある時期からは全く無しになってしまいました。

残念です。
こむらがえり
あらてつさん、こんにちは。
そう、足が攣るんです。
糖質制限を始めて3か月半。2ヶ月目位から朝方、おぉぉ!って。
以前にその話題がありましたよね。確か、青汁飲むとか、マルチビタミン飲むとか…。いつのブログだったか、探すのが面倒(おい、おい)なので、もう一度、教えて頂けませんか。
こむらがえりを調べてみると、カリウム不足、マグネシウム不足、果てはサル時代の樹上生活の名残説までありましたが、糖質制限とどんな関係があるのでしょうか。確かに糖質は避けてますが、いろんな食材をそれこそバランス良く摂っているつもりですが…。
もう一度教えて頂けませんか。より健康的な食生活をしているのに、サプリメントに頼るのは何かこう…違うというか、変だと思います。
できれば、食生活改善で克服したいと思ってます。

管理者のみに表示