09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

糖質制限食のダイエットについてご相談いただきました。

2009年04月21日
花粉のこの季節、症状がかなり軽いとは云え、原因は元から断つに越したことはありません。

なので「モーニングアタック」を防ぐため、朝起きて一番に、「クイッ○ルワイパー」で床掃除をします。

昨晩も綺麗に掃除したハズなのですが、みごとにクイッ○ルの表面が薄茶色っぽくなります。

で、一通り床を拭き終わって、お茶を入れようとしたら、いきなり目がうるうるしてきました。

なんか目に入ったか?と思った次の瞬間、強烈に目がかゆくなりだして、鼻水が滝のように流れだし、クシャミが止まらなくなるという、阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられました。

「なんで今頃こんな症状が出る?しかも昨夜から雨降ってんのに。」

脳みそ鼻から出るンちやうか?というくらい鼻をかみながらなんとか食事を済ませ、出勤する頃には症状が治まったのですが、いったいあれは何だったのか、イマイチ解せない、あらてつです。

掃除したのが悪かったんでしょうか???

さて、またもや冒頭の話とは何の関係もないですが、kamille さんから、糖質制限食のメニューについてご相談いただきました。

『日々の昼夜メニュ-

はじめまして。
いつも参考にさせていただいております。
私は、ダイエットの為に糖質制限をしているのですが、このところ日々の食事メニューがマンネリ化しています。
長く糖質制限を続けていきたいので、何かアドバイスをいただけたらと思います。よろしくお願いします。
ちなみに私の毎日のメニューは下記の通りです。
最近は、食事を楽しむというより、太らないように、過去に太らなかった(または翌日痩せていた)食べ物を選んで食べている感じです。
朝 なし
昼 大盛サラダ、リンゴ酢、サンドイッチ(炭水化物量20グラム以下の商品)
夜 豚モモ(またはヒレ)250~300グラム、唐揚げ4~5個(または鶏の照り焼き)、白和え100グラム』


kamille さん、こちらこそはじめまして。私のブログをご参考いただいているとのこと、ありがとうございます。

さて、ダイエットの為に糖質制限食に取り組まれておられるとのことですが、メニューの前に大切なことを。

まず、女性にありがちなのですが、グラム単位で体重を気にされる方が多すぎます。例えば夜寝る前に50キロだったとして、起きてすぐ計って49.8kg、さらにトイレに入って計ったら49.6kg、

「やった~!痩せてる~!」

いえいえ、痩せてません。

水分が抜けただけです。

一晩寝て痩せるなんてありえません。ウソだと思ったら、コップ一杯の水を飲んでみましょう。きっちりその分体重増えますよ。

1キロやそこらの体重の変化は、食べ物や水分で変わります。ダイエットで重要なのは、この食べ物飲み物での増減ではなくて、体脂肪を減らして体重を落とすことです。体脂肪を減らすには、エネルギーとして燃焼させる以外には方法はありません。(脂肪吸引なんてのは別ですよ。)

で、脂肪をエネルギーとして消費するには、がんばって運動するか、日常的に脂肪をエネルギーとして利用する食生活に切り替える必要があります。

ですから、「過去に太らなかった(または翌日痩せていた)食べ物を選んで食べている感じです。」という認識を、まずは捨ててしまいしょう。何か食べて翌日痩せるなんてのは、先ほども書きましたがありえませんので。

次は、ダイエットが目的なら、朝抜いて昼夜食べるより、朝昼食べて夜を軽く済ます方が効果的ですよ。夜に活動するなら話は別ですが、一般的に夜は寝るだけなので、エネルギーの消費が少なくなりますから、使われなかったエネルギーは蓄えられてしまいます。

で、一番肝心なのは、変な我慢をしてストレスを溜めないことです。

せっかく食事するのに、「最近は、食事を楽しむというより、太らないように、過去に太らなかった(または翌日痩せていた)食べ物を選んで食べている感じです。」では、あまりにも淋しいですよ~。

それに、私たちの食料となってくれた、牛さん豚さんその他の命にも失礼だと私は思います。

具体的なメニューについては、kamille さんの好みが分からないので、なんとも申し上げられませんが、無理なくダイエットするなら、まずは、食習慣から変えてみてください。朝抜きやめて、朝昼しっかり食べてみてください。糖質制限食をきっちりやっておられるなら、けっこうな量を食べても大丈夫ですから。

そして、食べることを楽しめるようにしましょう。くどいようですが、食べた翌日痩せてる食事なんてありえません。そんなとこで変な我慢をせずに、「美味しく楽しく」食べられるメニューを工夫してみてください。でないと牛さん豚さんも成仏できません。

それでも痩せないとか、なんかよく分からないことがあったら、コメント入れてくださいね。




糖質制限食 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
食事を楽しむこと
お返事ありがとうございます。
食事を楽しむこと、本当に忘れているように感じます。
昼も夜も多少違えど、ほとんどメニューが変わらず、凝ると飽きるまで、毎日食べ続ける癖があります(ちなみに最近は、冷しゃぶサラダと鳥唐)。
「普通の食事をしなさい」「バランス良く」と言われるのですが、炭水化物が苦手で無理して食べると低血糖症状が出てしまい、またずっとダイエット重視の生活を送ってきたので、
周りの人たちの言う「普通」が解らないのが正直な気持ちです。
炭水化物が苦手な私が、食事を少し楽しめるようになったのが糖質制限食なので、これからも続けていきたいです。
食べ物は、肉と魚、葉野菜が好きです。甘いものは、好きではなく、飲み物もすべて無糖です(無理してるわけではないです)。
最近は、エンゲル係数の関係で、昼にサラダとサンドイッチを食べるのですが、そのまま食べると低血糖症状が出るので、食前に酢を飲んでいます。
Re: kamilleさんへ
>昼も夜も多少違えど、ほとんどメニューが変わらず、凝ると飽きるまで、毎日食べ続ける癖があります。
私も同じクセがあります。糖質制限食を始める前は、一年間毎日うなぎを食べてたことがあります(笑)
「普通の食事」や「バランスの良い食事」なんて、全く根拠がありません。人間は十人いれば十人ともみんな違います。自分が食べて体調の良い食事がその方にとっての「普通の食事」であり「バランスの良い食事」だと思います。
もともと甘いものが好きでなければ、糖質制限食はやりやすいですよ。特に、肉魚、葉物の野菜がお好きでしたら、食事に変化をつけやすいですよ。魚も肉も、煮る、焼く、蒸す、揚げる…などなど、いろいろと調理できますから。
それに、サンドイッチを食べられるんでしたら、はさむ具材で楽しめますよ。ちょっと贅沢な気分を味わうなら、ローストビームサンドとか、スモークサーモンサンドとかにしてみたり、安上がりにするなら、ハムサンドなんかでもいいじゃないですか。せっかくですから、野菜とかもはさんで、いろいろなバリエーションを試してみてくださいね。
気持ちが楽になりました
こんにちは。
コメントありがとうございます。
私には、糖質制限食が精神的にも身体的にも合っているのですが、周りには何故か不評です(苦笑)
「炭水化物を食べないと駄目だ」とか「バランス良く食べないと太るよ」など…。
そして最後には必ず「炭水化物を食べないから痩せてるんだね」と言われます。
言われ慣れたので、今では何とも思わないけど、嫌味のように言われ、最初は落ち込みました。
炭水化物を食べると不調になるのに…って。
1年間うなぎを食べていた、あらてつさんから見たら、私なんてまだまだ凝り性じゃないですね(笑)
昼のサンドイッチの具やサラダのトッピングは、日々変わってますので、夜の豚しゃぶは私にとっては、主食のようなものなのかもしれません。
1日かけて、料理のフルコースを食べているような感覚で日々過ごしています。
同感
私もダイエットしています。糖質制限をはじめてから過食することがなくなり身体も喜んでいます!
何を食べたらいいか…と悩むときはやっぱり野菜炒めが手っ取り早いです☆好きなお肉、もやしなどをザッザッと粉末だしとこしょう醤油で!(水をよく飲むので塩分控えてます)
あと無糖生活さんのHPでは制限中でも食べられるチョコレートやケチャップなど通販してますよ☆
沙耶さんへ
コメントありがとうございます。
野菜炒めは、糖質制限食実践中の王道料理です。安いし早いしお腹膨れるしと、吉野家の3拍子の上をいってます。この世にもやしがあって良かった~!と思わず絶叫しそうになります、はい。
ちなみに、糖質制限食をはじめて、それまでは濃い味付けが好きでしたが、薄味に好みが変わりました。これも体には好ましい変化だと思ってます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: あみさんへ
コメントありがとうございます。
こちらの方こそはじめまして。

糖質制限食に取り組むにあたり、今あるお米・小麦をどうするかですが、ここはスッパリ処分しましょう。

とはいえ、食べ物捨てるとバチが当たりますので、誰かお知り合いの方にでもあげちゃいましょう。

でないと、なかなか踏ん切りつきませんので。



管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示