07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

糖質制限食とカロリー

2009年01月26日
先週の金曜日は、わりと過ごしやすい日和だったのですが、土曜日は朝から風も強く、とても冷え込んだ京都でした。

膝、腰、肩と整形外科的に悪いとこが多々ありまして、土曜日の寒波は、この冬一番の痛みをもたらしてくれました。

だから冬は嫌いです。

痛いのキライなんで、さっさと暖かくなって欲しい、あらてつです。

さてさて、シリーズでお届けしている、「糖質制限食入門編」ですが、今回は、「糖質制限食とカロリー」です。

まず、糖質制限食は、一般的なカロリー制限食のように、カロリーを計算して食事内容を組み立てるわけでなく、食事に含まれている糖質をカウントします。ですから、基本的にはカロリー制限をしません。

従来の常識でいえば、お米食べずにおかずばっかり、しかもカロリーの多い油脂分を多く摂りますから、さぞカロリー過多になると思われますが、さにあらず。意外なことに、カロリー不足になってしまう方が多いんですね。

例えば、1月21日にコメントをご紹介させて頂きましたよしおさんも、ご本人は、けっこう食べておられるおつもりでしたが、ざっと計算してみたところ、約1800kcalしか摂取カロリーがありませんでした。

高雄病院の入院患者様でも、退院して自宅で糖質制限食に取り組まれると、食べてるつもりが、実際は食事量が少なく、カロリー不足でヘロヘロになったなんて話、しょっちゅうお聞きします。

で、なにゆえこんなことになってしまうかと言いますと、これまたここで「常識の壁」というやつが出てくるわけなんですな。

従来、「脂肪はカロリーが高く太りやすい、おまけに体に悪い」というのが通説で、私自身、糖質制限食に出会うまでは、そう思い込んでました。ですから、糖質を減らしたら、その分、脂肪分、タンパク質でエネルギーを補う必要があるのですが、ついつい、脂肪の摂取を抑えてしまうんですね。

糖質のカロリーは、1gで4kcalですが、脂質のカロリーは、1gで9kcalと倍以上あります。具体例を挙げますと、ヒレステーキ150gだとカロリーが約277kcal、私の好きなサーロインステーキ脂身つきなら、150gのカロリーが、約501kcalとなります。これが同じ量のご飯なら、252kcal(糖質55.2g)になります。これだけ見ると、脂肪分のカロリーは、ずいぶん高いです。

だがしかし、

ここで冷静に、これまでの食生活を振り返って頂きたいのですが、150gのご飯て、小さな茶碗一膳しかありません。少食の方なら足りるかもですが、私なら全然足りない量ですし、恐らく多くの方が「おかわり」する量ではないでしょうか。

で、普通にごはんを1膳おかわりしたら、それだけで500kcalを超えますし、3杯食べたら700kcalを越えてしまいます。こいつがパンの場合だったらもっとカロリー高くて、食パン6枚切りの1枚分、60gで158kcal(糖質26.6g)、150g換算だと395kcalになります。

糖質を制限しない食事の場合、これにおかずのカロリー、しかも、根菜も使うし砂糖も使った糖質の多いおかずのカロリーが加わります。

糖質が多く含まれている、米やパンや麺類は、いっきにガツガツ食べられます。ここが糖質の危険なところで、1g単位で比べるとカロリーは低いですが、やはり量を食べてしまうので、最終的には、食事における、糖質の占めるカロリー比が高くなってしまいます。

となると、主食を食べる食生活をしていた頃は、毎日、相当量のカロリーを糖質から摂取していたことになりますね。

このような食生活が長らく身についてしまっているので、いきなり糖質を抜きますと、ついつい「おかず」の量が少なくなって、カロリー不足に陥ってしまうわけですね。

ですから、糖質制限食を始めてヘロヘロで動けなくなった、頭がボーっとする、体に力が入らないと仰る方は、食事量をチェックしてみてくださいね。恐らく、思ってる以上に摂取カロリーが少なくなっていると思いますので。

あ、いくらカロリーを制限しないと言いましても、限度がありますので念のため。

<つづく>
糖質制限食 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
はじめまして。
主人は44歳、糖尿病と診断され、初めて入院したのが
今から8年前です。

2年前にもどうしてもコントロールできずに、また入院。
その時は何とかコントロールできるのですが、
家に帰れば、また同じことの繰り返しです。

決して、暴飲暴食をしているわけでもないのに、
がんばって、夫婦で歩いているのに、
結果は…。

そんな時に本屋さんで江部先生の本を見つけました。
何冊も血糖値を下げる…のうたい文句の本はかっているのに、

京都に住んでいて、江部先生の事は
姪もアトピーでお世話になり、知っていたのに、
糖質制限食の事はまったく知らずに過ごしていました。

残念な気持ちです。

この8年間、カロリー制限の事だけを教育されてきただけに、
先生の本のデーターを見ては、
信じられない、狐につままれたような気分です。

主人は7年前から単身赴任で、どうしても私の食事管理が出来ない状態なのですが、
この週末は土曜の夜からご飯抜きにしたのですが、
今までのカロリーが頭から離れずに、
おかずは普通に…が怖く、つい、控えめにしてしまうのですが、ココにも書かれているように、大丈夫なんですよね。

今は、赴任先では夕食のみ主食を抜いているようです。

検査の結果も悪く、お先が真っ暗の時に、
糖質制限食の事を知り、少し明るくなりました。
まだ、血糖値を測るまでのは結果が怖くてできていないのですが、この週末に一度測ってみたと思います。

長々と、すみませんでした。
これからもよろしくお願いします。

管理者のみに表示