09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

糖質制限食を続ける際の注意点、ご質問いただきました編

2008年10月28日
昨晩、あまりの眠さに23時半には寝てしまいました。

途中、一度目が覚めましたが、そこそこ眠れたはずなのに、目覚まし鳴った時に布団から出るのに難儀しました。

近づく冬を前にして、体が冬眠モードに入ってきたのでしょうか?それとも成長期なのか、どっちでもいいけどもうちょい寝ていたかった、あらてつです。

糖質制限食を続ける際の注意点で、ちびまるこさんからご質問いただいたので、ご紹介させていただきます。

『我が家はオリーブオイルしか使っていなかったのですが最近はグレープシードオイルを使っています、これは大丈夫でしょうか?ちょっと違ったものに出会うと試してみたくなるのですがはたして糖質制限にいいものなのかじーっと立ち止まってしまいます。

今更なのですが前から家にあってなかなか食べる勇気がでないゼリーがあります。マルハ食品のゼリーdeゼロ、カロリーゼロというので飛びついて買ったはいいのですが糖質が7.5g入っているのでなんとなく手がでません。それと毎回ラカントsを使っていたのですがドラッグストアーでノンカロリー甘味料を見つけ、エリスリトール98.7%、甘味料アセスルファムk1.3%を買ってしまいました。これもなんとなくなかなか使えずとにかくあらてつさんに聞いてからにしようとここに書いてしまいました。何度も江部先生のブログで糖質と糖類の区別を読むのですがお店で商品を見ているとわからなくなってしまいます。簡単に判別するいい基準などありましたら教えていただけますでしょうか、なかなか物覚えが悪くなった年齢に差し掛かっていますもので・・・

へぎそばいろいろ聞いてくださってありがとうございます、そして11月楽しみです!糖質ドットコムになにが登場するのでしょう!やはり私もクリスマスケーキかと思っていますが、もしやアイスクリームか!またまた関係ないおかきか!糖尿人の望みは果てしなく大きいものなのであらてつさんも皆さんの期待を背負い、肩こりも激しいこととおもいます。』


ちびまるこさん、いつもコメントありがとうございます。

グレープシードオイルですが、私も使ってます。

オリーブオイルやゴマ油みたいに、ドバドバかけて食べるなんて使い方ではないですが、炒め物するときなんか、オリーブオイルとかゴマ油では、香りが強すぎるときってあるじゃないですか。そんなときに重宝してます。

成分に関しましては、リノール酸が60~75%、オレイン酸が10~25%と書いてあったので、一般的な植物油と同じくリノール酸が主成分ですが、ちょいとオレイン酸が大目ですね。

なので、普段はオリーブオイルを使って、炒め物なんかにちょこっと使う分には、問題ないのではと思います。

あと、「マルハ食品のゼリーdeゼロ、カロリーゼロ」ですが、済みません、私この商品知りませんでした。

で、マルハさんのホームページ見てみたんですが、原材料表示が見当たらないんですよ。う~ん、よくわからんと思っていたら、ローカバさんからコメントいただいていたので、ご紹介させて頂きます。

『ゼロゼリー、大丈夫だと思いますよ。エリスリトールのものです。糖質制限さんの寒天じゅれとほぼ同じものだと思います。ただし、味は全然違いますよ。もちろん。ゼロゼリーも市販のコンビニ系としては善戦しています。それなりに納得ですが(売れまくってます。味も変化してずーっと置かれてます)寒天じゅれはやはりホンモノ感が違います。とっておきでございます。
 アトピーの原因のひとつに酸化した植物性油というのを聞いたことがあります。動物製油脂がLDLコレステロールの原因てのは「一緒に摂取する糖質の量が多すぎる料理が多い」という統計のマジックです。カツ丼・牛丼・すき焼き・焼肉・カレーライス・
 ハイ。どれもこれも糖質まみれです。これが原因なんですよ。
とはいえ、食べ過ぎてはいけないんでしょうね。どっちかっていうと魚の油のほうを多めに摂る、感じ? 』


ローカバさん、コメントありがとうございます。お蔭様で助かりました。おまけに、当社の寒天じゅれを絶賛いただき、ありがとうございます。

マルハ食品のゼリーdeゼロ、エリスリトール使っているんですね。エリスリトールは、厳密に分類すると糖質になるそう(役所の担当者によって、ゆうことバラバラなんですけどね。)なので、7.5gの糖質はおそらく、エリスリトールだと思います。

あと、「エリスリトール98.7%、甘味料アセスルファムk1.3%」の甘味料ですが、エリスリトールはモチロン血糖値上げませんし、アセスルファムkも上げません。

ただ、アセスルファムkは、化学合成した甘味料なんで、アメリカでは1日の摂取制限があります。詳しくは、江部康二先生のブログの、甘味料の記事をご覧いただければわかりやすいと思います。

まあ、普通に使うぶんには問題ないレベルではないかな~とは思いますが。

判断基準ですが、エリスリトール以外の糖アルコール、キシリトール、マルチトール、ソルビトールなどは、砂糖の1/3から半分が血糖にかわるので注意が必要です。

アセスルファムカリウム、スクラロース、アスパルテームなどは、合成甘味料で血糖値には影響ありませんが、先ほど書きましたように、アメリカでは1日の摂取制限があります。

最後に11月のお楽しみですが、じらせるようですが、いましばしお待ち下さいませ~。
絶対に期待を裏切りませんので♪

糖質制限食とアブラについて | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
安心
うちの冷蔵庫にも頂いたゼロゼリーがあったんですが何となく手つかずでした(^_^;)これで安心。
眠いのは変わらずなので、近くのミネラルショップと青汁スタンドに通いはじめました。
最近
近所のお店にワガママなお願いしっぱなしです。(^_^;)
インドカレー屋さんではライスやナン無しで大豆パンを持ち込み。
お店のオーナーも大豆パンに興味しんしんでした。
ラッシーは砂糖ではなく塩ラッシー!
極め付きはホットチョコレートドリンクをブラックで生クリームのみで!断糖生活、潤い中です。
まるさんへ
まるさん、私よりワガママですね(笑)
いやいや、いいことだと思います、はい。
私も、なじみの店では一人スペシャルメニューですから。
この調子で、美味しく楽しく糖質制限しちゃいましょう♪
Re: 糖質制限食を続ける際の注意点、ご質問いただきました編
私も会社の食堂で「親子丼。ご飯なし。卵1個多めに」とかすでに最初のメニュと違う食べ物を注文したりして、列の後ろの人間を困惑させてます。
 オズオズしてたらダメ。戒律の厳しい宗教、ぐらい堂々としてましょう。これでいいのだ!
ローカバさんへ
そうです、尻込みしてたらいけません。ただひたすら押し進むべし(笑)

管理者のみに表示