09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

糖質制限食を続ける際の注意点、ミネラル編

2008年10月22日
昨晩、所用で出かけ、タクシー乗って帰ってきたのですが、家の前に着いて車から降りようと足を踏み出すと、ムニュっとした感覚が…。

見事に犬のう○こを踏んでしまいました。

これって、もしかしてツイてるのでしょうか?靴についたう○こを取りながら、人生について考える、あらてつです。

朝っぱらからう○こネタで済みません。糖質を制限するにあたり、注意点についてご質問頂いたのでご紹介させていただきます。

『高野真 | URL | z8Ev11P6

脂肪の種類と体温

はじめまして、江部先生のブログから飛んできました

今まで「433ダイエット+飽和脂肪酸ゼロ」で健康管理していましたがどうしても味気ない食事ばかりになってしまい継続する気が消失「糖質ほぼゼロ+肉と野菜」に切り替えました

自分の体調を注意深く観察していれば、糖質制限この正しい健康法だと深く感じます
実感、大有りです。クールです。笑

ところで、糖質をゼロに近づける場合、何か注意したほうがいいことなどあれば御教授頂ければなぁ~。と思いコメントさせていただきました

私の最近の経験から言うと、水分とカリウムは絶対に不足させてはいけないなと感じています。糖質制限にしたのに睡眠時間が12時間も必要な時期があり不思議に思っていたのですが、あるレポートを読んで「1日2Lの水と1日2杯の青汁」を試したところ睡眠時間が激減。3時間睡眠で自然と目が覚るわ、筋肉に力を入れやすいわ勉強には集中できるわで凄かったです。笑

(このレポートです。英語ですが。
http://www.sleep-aid-tips.com/support-files/unlimited-energy.pdf
簡単に言うと、血液をサラサラにする事で酸素の供給力を高めよう。
そのためには水と青汁。みたいなレポートです。)

江部先生のブログに
・断食中は尿酸値が急激に上がる
との記述がありましたが、体内に蓄積された脂肪酸 がエネルギーとして使われるために血中に溶け出すときには中性脂肪になるということを考えると 脂肪をエネルギーとして使う=体が酸性になるだと考えられます そして、体は血液のpHを維持するために水やアルカリ性食品(野菜)を摂取する必要があるという訳です。

アルカリ性食品である野菜を取る必要があるのかそれとも酸を排出するためにカリウムが必要なだけなのかは不明ですが糖質制限に水と青汁は強い見方ですよん。

http://www.suko-clinic.jp
この人の糖質制限でも「緑の緑黄色野菜」を薦めていますしね。

…脂肪は、肉の脂肪だろうがオリーブオイルだろうがOKですか?』


高野真さん、こちらこそはじめまして。また、コメントいただきありがとうございます。ご質問について順番にお答えさせていただきます。

まずはカリウムを含む、微量元素についていきましょう。

以前に「糖質制限食を始めたら足が攣るようになった!」なんてお怒りの電話を頂いた話題をかきました。

糖質制限食を実践すると、食事量全体から見ますと、糖質が減りますから、その分タンパク質と脂質が増えます。

で、ここからが問題なのですが、ご飯やパンなどの主食がないので、その分、しっかりお腹を膨らまそうとすると、どうしても肉や魚が多くなって、野菜が少ないメニューになりがちなんですね。

そうしますと、野菜が不足してそれらに含まれる微量元素、いわゆるミネラル類が不足してしまいます。それに加えて、体内でタンパク質を消化吸収するのに、ミネラルを必要とします。

すると、

糖質制限食を実践→タンパク質が多くなる→体内でミネラルが使われる→野菜が少ないのでミネラルが足りない→ただでさえ足りないミネラルが、さらに足らなくなる→そして足が攣るor筋肉が痙攣する

という公式(?)が成立ってしまうわけです。

肉・魚食べ放題の糖質制限食といえど、肉食獣のように、捕らえた獲物の内臓をまるごと食べて、ビタミンやミネラルを補給できれば話はべつですが、流石に現代社会でそんな食生活はできませんので、野菜をたっぷり食べて、しっかりミネラルとビタミンを補給する必要があるわけですね。

水分に関しましては、体内で脂肪の燃焼に大量に必要とされていますので、こちらも糖質制限食では意識して摂りたいです。

また、野菜と水分の摂取は、便秘の予防にもなります。よく、糖質制限食を始めて便秘になったとのご質問を頂きますが、それは、急激な食生活の変化に腸内細菌の変化がついてこれないためと、よくよく話を聞いてみると、野菜をあまり食べておられなかったり、水分の摂取が少ないなんてことが多いです。

ですから、糖質制限食を実践される際は、ミネラルと水分の補給に気をつけていただければと思います。

最後に注意点ですが、このブログをご覧の皆さんの中には、カリウムや水分の摂取制限をされておられる方もおられると思いますので、そのような皆さんは、必ず主治医のドクターとご相談下さいね。

では、次回、脂肪についてのお話を書きますね。

<つづく>
糖質制限食 | コメント(11) | トラックバック(0)
コメント
青汁飲み忘れたところ…
私も足がつりました!

以前あらてつさんもミネラル不足で両足がつったー!!と、書かれていたのを思い出し、ああ、これや!来たーー!!と私は右足ふくらはぎをぎゅうううっとおさえつつ、痛みの去るのを待ちました…

早速、青汁、チリメン、干しエビ、バナナとなんかミネラル含有量多そうな?食物をおなかにぶっ込んで、明くる日を待ちました。
そして、無事足はつりませんでした!!

ミネラル不足は足つり以外に、どんな症状を及ぼすのでしょうか?

私は、最近とにかく日中眠くて眠くて、昼寝せずにはいられません。寝過ぎちゃう…と思うほどですが、(1時間から2時間)これだけ寝ても、夜もちゃんと眠れます。というより夜もしっかり眠っても、眠気に勝てないのです。

青汁を2杯に増やし、水分2ℓ摂取とすれば、眠気の改善になるでしょうかね?

今回のコメントを拝見して、試してみることにします。 
私も
ビタミンミネラルサプリを続けておりますが、
この睡眠も断糖の影響なのか?はたまた更年期か?
私もとにかく眠くて眠くて…あと、口の中が常にドライな感じです。
眠たい?
糖質制限にして眠気が増える方、意外におられますね
私もその1人でまだまだ試行錯誤中です

私が実践してるのはー
・寝る前に水、青汁、プロテインを飲む
・日中は水2Lと青汁2杯
 (ビタミネサプリにはカリウムが含まれないので)
・食後にビタミネサプリ
・食後にタウリン
以上で少しはマシになると思われます
油脂の多い食事で肝臓が疲弊しそうなので
その対策として昨日からタウリンを飲み始めました
食後の眠気が軽減した気がしますが、まだまだ
1日目なので何ともいえないです

>あらてつさん
コメントを記事に扱っていただいてありがとうございました!
カリウムだけに注目する出なく、ミネラルもだし
食物繊維もですね。確かに便秘気味かもしれません。
毎日リンゴ食べてみます!
めいりんさんへ
ミネラルが不足すると、足の攣り以外に、筋肉の痙攣が起こったりします。あと、抵抗力が落ちたり、食べたものの味がわからなくなったりなんてことも起こるそうです。
眠気については、私は逆ですね~。糖質摂ったときの方が、やたらと眠いです。
このあたりは、一度江部康二先生にお聞きしてみます。
まるさんへ
皆さん仰る眠気ですが、これについてはよくわからないので、江部康二先生に聞いてみますね。
あと、口の中が乾く症状ですが、糖質制限食で脂肪の燃焼に水分を必要とするので、体内の水分が足りなくなっているかもですね。
でも、もしかしたら何か他の症状かも知れないので、一度主治医の先生にご相談くださいね。
納得
 皆さんのコメントを読んで納得しました。
少し、糖質制限してみてましたが、 便通が少し悪くなるのは、米を減らした結果、繊維が不足していたようです。野菜を増やします。
 あと、尿がわずかに濃い感じがするようになったのですが、これも米を減らしたからでしょうか?水分を多めにとってみます。
 眠気は減りました。
原田さんへ
コメントありがとうございます。
糖質制限を始めた当初、便秘になったと仰る方多いです。野菜を多めに摂るか、海藻類を多く摂られるといいですよ。あと、脂肪の燃焼に多量の水分を必要としますので、水分も大目に摂ってみてください。
漢方の証の内容でもあると思うのですが、口渇は細胞内の水分がたりない状態といわれています。細胞内が水分でみたされていることが健康の必須条件でもあるわけですが、ミネラルがイオン化されていないと細胞内の水分としてとりこむことができません。よってかなりな量の野菜(生をふくめ)摂取する必要があります。緑黄色野菜だけでなく淡色野菜も。水道水やミネラルウオーター、アルカリイオン水などは水分子のクラスタが大きく、含有ミネラルも細胞内に取り込めるサイズになっていないことが多いです。野菜の細胞に含まれているミネラルを取り込めば重量あたりの吸収率がいいので効率的です。サプリだと相当量摂取しても、溶け込む水の量や温度・イオン化のタイミングがずれていれば摂取量からすると非効率なわけです。(だからサプリは1粒に大量に含まれているのです。)水もしかり。超硬水のコントレックスや硬水のエビ
アンあたりを常飲されてはいかがでしょうか。これだと、たまたま細胞にとりこめるサイズのミネラルイオンが含まれていている量が多いので。コントレックスを飲みなれると、エビアンが生易しい。柔らかく感じますね。
 私は実に根性がなく、油断すると超軟水「富士山バナジウム天然水」「クリスタルガイザー」を手にしています。軟水はイオンが少ないので、ムクミ体質には悪循環で、細胞内に水分が足りないのに、ミネラルが足りない水分を補給すると口渇の原因となり細胞外水分ばかり蓄積し、余計ムクミがひどくなります。実家が阪神間なので「六甲のおいしい水」が贔屓でもよさそうなのに・・・。六甲山系は花崗岩質なのでさほど標高もなく山深くないのにも関わらず、ミネラル分を多めに含んだ日本ではやや硬水よりの水です。手にしませんねw
 というわけで、いまからコントレックスを持って、今年最後のジムと岩盤浴に行ってまいります!
ローカバさんへ
ちなみに、私はボルヴィックを愛飲しています。
 あらてつさま。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ボルヴィクも確か軟水・・・???おいしいですよね~~。私は正月の間は実家の岩盤浴にそなえつけだった「超純水」を飲んでおりましたが、これ、岩盤浴には大変よろしくない水だなあと思っておりました。大量のミネラルを排出するのに補給するのがミネラル分もほとんどない水とは。分かってるようで分かってないんだよなあ。酒やビールなんかをつくるには都合のいい水だけど。いい加減や。なわけで、岩盤浴あがりにはビール代わりの発泡超硬水「ゲロルシュタイナー」をぐびぐびやっておりました。非常にミネラルが強いのですが、なんでしょうマグネシウムよりカルシウムのほうがまさっているのでしょうか?さほどえぐくもなく強い発泡とミネラル味がビールを彷彿とさせる水です。コントレックスはマグネシウムが勝っており、ぬるくなると「にがり」になり、飲むのが辛くなりますw。
 糖質制限は正月は解禁。心行くまで果物をたべまくりました。大好物のイチゴをパック喰い・・・昇天してましたけど。ナタデココとイチゴ、生クリーム、リンゴ、キウイ 糖質低めの果物の切れ端を混ぜてフルーツパフェしてました。もちろん甘みはラカントで。バニラビーンズ混ぜて結構本格的に食べてましたね。でも、もち・米・パン・麺は一切口にしませんでしたから、かろうじてセーフというところでしょうか。
 実家の母親はおせちをすべてラカントと煮切った焼酎でつくってくれ、おせちもバクバクいただきました。出し巻き・酢ごぼう・いくら柚子あえ・牛肉のしぐれ煮・車えびの酒蒸・ホタテ貝柱の醤油煮・昆布巻き・ごまめ・黒豆・ぶり照り焼き・焼き豚・数の子・・・みりんを使えずコクを出すために濃い大量の出汁を使い、塩も「瀬戸のほんじお」(国産海塩の中でもっともナトリウム以外のミネラルが多い塩)に切り替え、対応してくれました。もともとラカントは非常にコクが強いので、みりんを使わずとも問題ないと彼女は申しており結構重宝しております。
ローカバさんへ
新年明けましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。
ところで、ぬるくなると「にがり」になり←思わず笑ってしまいました。私も年末に同じ経験しましたから(笑)
あまり冷たい飲み物が苦手なものでして、ぬるくなってから飲もうとしたら、まさしく「にがり」でした。
糖質制限中のミネラル補給にいいかなぁなんて思ったのですが、さすがに「にがり」は飲めませんでした。

管理者のみに表示