09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

糖質制限なスイーツ片手に京都観光

2008年10月15日
20071120095404.jpg
おからフィナンシェ

20071122084609.jpg
おからほろほろクッキー

pure_rea_200px.jpg
ローカーボチーズケーキピュア レア

pure_bacd_200px.jpg
ローカーボチーズケーキピュア ベイクド
先週末、口内炎ができました。

口内炎の薬が無かったので、そのうち治るやろーと思って放っておいたら、なんと直径が1センチ近くまで成長、まるでクレーターのようになってしまいました。

ここまでデカイと、痛いの痛くないの、ろくに食事も摂れません。って、しっかり食ってますけど。

でもこれって、本当に口内炎なんでしょうか?いささか心配なあらてつです。

え~、皆さん、しばしのご無沙汰でございます。

しばらく自分のブログを見ない間、コメント欄がにぎやかになっています。せっかく何かのご縁があって、このブログをご覧いただいていますので、皆さんのコミュニケーションの場にコメント欄を活用していただければうれしいです。

で、その中に、ミントさんからコメントいただいていたのでご紹介致します。

『お久しぶりです!
今、出張で大阪に来ているのですが、明日京都の菓子職人さんにお買い物に行こうと考えています。
ずっと気になっていたのですがまだ一度も買ったことがないので楽しみです。
買ったらまた感想アップしますね!』

ミントさん、コメントありがとうございます&こちらこそお久しぶりです。

せっかく京都にこられて、「菓子職人」さんまで足を運んでくださったのに、売り切れだったとは残念!

糖質制限ドットコムで販売させていただいている「おからフィナンシェ」「おからほろほろクッキー」「ローカーボチーズケーキピュア」は、京都西院にあるスイーツの名店、『菓子職人』さんで作っていただいております。

「糖質の少ない材料で、血糖値を上げないスイーツを作ってもらえませんか?」なんて無理難題を引き受けてくださったのは、菓子職人オーナーシェフの稲井パティシエ。試作に試作を繰り返して、見事な糖質制限スイーツを完成させてくださいました。

もちろん、江部康二先生自ら実験台(?)になってくださり、血糖測定を決行!見事に血糖値は上がりませんでした♪

これからの京都は秋の観光シーズンに突入します。このブログをご覧頂いている皆さんの中にも、京都観光にこられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ご入洛の際は、京都西院の菓子職人さんに立ち寄って、糖質制限なスイーツ片手に京都観光なんてのもいいかと思います。

ただ、売り切れている場合もあるので、あらかじめお問い合わせいただくか、ご予約してもらった方がいいかもです。

『菓子職人』
〒615-0032 京都府京都市右京区西院西高田町19
[ 西大路松原西入る ]
お電話  075-311-4606  
営業時間 午前9:00~午後8:00

宜しくお願いします♪
糖質制限食食材 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
なるほど!!!予約しておけばいいんですね。
思いつきませんでしたー。
今度京都に行くときは事前に電話を入れておくことにします。
口内炎
 あらてつさん、口内炎1センチとは・・・もう言葉にできないぐらい痛いのでは?どうでしょう、要らぬお世話かも知れませんが、過労でVB群が極端に足りないのではないかと危惧します。実践されているかも知れませんが、足らずまいをサプリで補われてはと。糖質制限はVB群も大量消費しますし、タイムリリース型でないと一度にとっても尿で排出されます。1日推奨量の倍程度を3~5回に分けて2日ぐらい摂取されてはいかがかと。毎日やる必要はまったくありませんが。
ローカバさんへ
コメントお返事遅くなり申し訳ないです。
ビタミンB、おしっこが真黄色になるまで飲みました(笑)
お蔭ですっかり良くなりましたが、あの尿の色は、一瞬、引いてしまいますね…。
朝っぱらから尾籠な話でごめんなさい。。。
Re: 糖質制限なスイーツ片手に京都観光
 特別企画、お疲れさまでした。京都でええな~~と思いながら。どんなにすばらしい料理やったんやろ、と。
 口内炎良くなってよかったですね。真っ黄色になるのしょうがないんですよね。栄養素の吸収というのはカスケード理論というのがありまして、人によってある栄養素を受け取る順位が細胞や器官によって違うというものです。つまりある人は腎臓に、ある人は肝臓に。ある人は粘膜に・・・と多少順番や量が前後するものですから、肌は綺麗なのに内臓機能が低下している、とかあるわけですね。 しかし概ね重要な器官には真っ先に栄養が行き、足らない部分はさほど重要でない器官内臓が後回しになると。だからダイエットすると重要度の低い肌・髪がボロボロになると。VBは水溶性ですし比較的即効性がありますね。そして栄養素の消費量も個人差がすごくあります。特にVB群やVCは~100倍程度の差があるようですよ。だから厚生省の一日推奨量はアテにならないんですよね~。ちなみにVCのベスト摂取量はその人が軟便になるかならないか、の量と言われています。一般に2g~8gぐらいでしょうか。私は多めで5g程度が閾値です。
 糖質の処理量も非常に個人差がありますね。とくに膵臓がチャージしているクロム量にも左右されますし。クロムはなかなか身につきませんし。せめて水溶性の栄養素ぐらいせっせと摂取したいですね。今日は定食にたっぷり糖質があって参りました。衣はがして食しました。お行儀わるいな~(汗)
Re: 糖質制限なスイーツ片手に京都観光
ちなみにあんまりVCを大量に取りすぎると尿路結石になる!てな話があります。しかしご安心。サプリではアスコルビン酸カルシウムの形とナトリウムの形のものがありまして。結石が心配な人はナトリウムタイプのものをどうぞ。VCはVPと一緒にとると劇的に吸収がよくなります。VPって柑橘類の皮に沢山含まれます。自然って本当によくできてます。まるごと食べるほうがいいって本当なんですね。まあ、農薬が怖いのでそのあたり配慮してもらって・・・無農薬のゆずの皮と果汁を一緒に食すのなんて、完璧ですよね。
ローカバさんへ
ナトリウムの取りすぎもまた結石の原因の1つであります。
高蛋白、高脂質、VC過剰摂取はNGです。

管理者のみに表示