09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

続・糖質制限食とGIの関係は?

2008年07月09日
最近、職場のFAXが調子悪いです。

送信しても、先方さんに着かないんです。

各メーカー様に、発注のFAXを送りますと、必ずReFAXを下さるのですが、待てど暮らせど返ってこないことが多くなりました。

もしやと思って電話すると「FAX来てませんよ。」の一言が…。

そのことを洋食屋のせがれゴイチにゆうと、「僕が送ったやつは全部届いてますよ。」

このFAX機にカツを入れてやるべきでしょうか?あらてつです。

さて、GIのお話の続きです。

GIですが、ダイエットされる際は、あくまでも、目安くらいに考えておかれた方が無難ですよ、でも、糖尿病を発症された方は、低GIといえど危険ですよ、ってとこまででしたね。

んで、何故危険なのかと申しますと、GIが低いと血糖が上がらないのは健康な人であって、糖尿病を発症された方は、GIが低くても炭水化物(糖質)を食べれば、血糖値が上がってしまうからなんですね。

これは、ナゼか?

GIの測定を、健康な被験者でしか行っていないから。

以前にも書いたと思うんですけど、江部康二先生がGIが低いとされている玄米(GI50)を食べられると、2時間後の食後血糖は、260前後になるそうです。江部康二先生の患者さんの中には、玄米を摂取されると、食後血糖が400を越える方もおられます。

某大手新聞の記事もそうだったんですが、糖尿病関連の本やらサイトを見ていると、“糖尿病の方は、GIの低い食物を食べましょう”などと書いてあるのがやたらと多いんです。中には、“この食品はGIが低いから糖尿の方にも安心”などと紹介してあるものもありました。

でも、江部康二先生の臨床結果から見ると、「糖尿病には低GI」に、なんの根拠も実証もないということが、よくわかります。

ですから、すでに糖尿病を発症された方は、GIではなく「1型糖尿病の方は、1gの糖質を食べると約5㎎/dl、2型糖尿病の方は、1gの糖質を食べると約3㎎/dl血糖値が上がる。」を目安にして、食事を組み立てる方がいいです。

それを頭に入れずに、「これは低GIだから大丈夫!」だなんて食べてますと、一気に食後高血糖を起こしてしまいます。

ウソだと思ったら、血糖自己測定器をお持ちの方は、いっぺん計って見てください。ビックリする結果になると思いますよ。

「糖尿病食に低GI食品を」なんて文言に、ゆめゆめだまされぬよう、ご注意くだされ。 

 
糖尿病 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
GI
横文字使うとなんだか効きそう、の典型ですね。
何かの本に「役人が嘘をつくときに横文字を使う」のと何だか似ている。
病気や症状というのは全てパーソナルな症状。同じことをして同じ症状になるわけがない。検査は概ねの目安をしり、安全側で生活するための手段。体内で発生する減少を一律決めることは到底無理。なので、実験により導き出された熱量・糖質・分子構成に頼るしかないんですよね。血糖値計測器で徹底的に自分を計測すれば、最高の資料になりますね。日々の積み重ねでしか何事も解決できないんですね~ 
ローカバさんへ
「役人が嘘をつくときに横文字を使う」あまりに言いえているので、思わず笑ってしまいました。
そうです、ヤツらは、税金の無駄遣いのために訳の分からん横文字を引っ張り出してきます。
以前役所の窓口で、「それ日本語に訳してくれ」と言ったことがあります。
担当者は、答えられませんでした。こんなヤツらに税金使われているかと思うと、笑うに笑えん話です。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
街のクマさんへ
ご心配頂き、ありがとうございました。
まだ若干の痛みと動きにくさがありますが、かなり良くなりました。
けど、これからどんどんガタが出てくるなと思うと、どうにも年齢を感じずにはおれません。
整形外科に行っても、シップしか出ませんしね~。「診断すれども治療せず」ってとこです。
周りで肩やら膝やら腰やら手術したのが一杯いますが、結局は良くなってないです。
日本のスポーツ選手が海外で手術するのが分かる気がします。

管理者のみに表示