09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

糖質制限食を始めるにあたって、ご質問頂きました

2008年06月03日
職場の机の上、未整理の書類が山盛り溜まってます。

お金はなかなか溜まりませんが、なんでこんな余計なものはすぐに溜まるのでしょうか、不思議で仕方ない、あらてつです。

昨日は、朝から糖質制限食について、問い合わせの電話ラッシュでした。

その中で、最近、江部康二先生の「主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編」を読まれて、血糖値が劇的に改善したと仰る方から、食べてよいものについて、ご質問頂きました。

味噌汁を作って中にイモを入れた場合、糖尿病の本人だけそのイモを食べなければ問題ないのか、それともイモの糖分が溶け出すので、入れること自体がダメなのか。なにぶん、糖質制限食を始めたばっかりで、何をどの程度までなら食べて良いのか、わかりませんとのことでした。

あと、出先でどうしても糖質の多いものを食べざるを得ないときは、あらかじめ薬を飲んで良いものなんでしょうかと。恐らく、糖質制限食を始められた当初、皆さん疑問に思われるであろう代表的な内容です。

まず、味噌汁のイモですが、イモが溶けて無くなるくらいまでグツグツ煮込んじゃえば問題ですが(味噌汁煮込む方もおられないと思いますが…)、そうでなければ、イモとか糖質の高い具をのけてもらえば大丈夫だと思いますよ~。

確かにイモ類は、糖質制限食において食べたらあかんよ食品ですが、「イモの入った味噌汁の汁だけでも飲んじゃダメ」なんて、そこまで厳密にやると、ご家族一緒に食事ができなくなってしまいます。

糖質の摂取許容量は、人それぞれ症状が違うので一概には言えませんが、江部康二先生がいつも仰る、

「1gの糖質が、2型糖尿病患者の血糖値を3mg/dl上げます。これを念頭に置いて食後血糖値が140mg/dlを超えないように糖質摂取量を計算しましょう。」

を参考にしていただけば良いのではないでしょうか。

「食べ物に含まれている糖質量がわからん。」と仰る方は、江部康二先生の著書に食品糖質量の表があるので、これまた参考にして頂ければ、分かりやすいと思います。

あと、外出先での薬の件ですが、こちらは江部康二先生の7月6日のブログ「糖質制限食と内服薬」をお読み頂ければいいですね~。悩みが霧散すると思います(笑)

ここのところ、テレビや雑誌で取り上げられることが多いので、新たに糖質制限食を知って始めましたと仰る方が多いです。

初めのうちは、いろんな疑問が出てくると思うので、お気軽にご質問コメント頂ければと思います。



糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示