07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

電車の不愉快さについての考察

2008年05月24日
昨日は、先週日曜から続いた出張ウィークの締めくくりで、東京へ行ってまいりました。

帰りの新幹線スーツ姿のサラリーマンとおぼしきおっさんが、私の隣に座ってきたのですが、着いたとたん酒臭いんです。

そこへもって、おもむろにカバンからおつまみと缶チューハイを取り出し、ぼりぼり、ぐびぐびやりだします。

おつまみを食い尽くしたあと、またもやカバンから取り出したのは、「シューマイ」です。

シューマイってね、けっこうつーか、かなり臭うんですよ。

おまけに、散々食って飲んだあと、足を投げ出して寝だしました。

ちなみに私は窓側の席、このおっさんは通路側の席でした。

食って飲んで寝るなら、窓際の席を取れバカタレが!

以前にもこんなことがあったので、頭にきてふんずけていったことがあります。

それにも増して、狭い空間で臭うもの食うな!電車はオマエの家とちゃうぞコラ!

といっても、新幹線やら特急列車って、何か食うのが当たり前になってますよね。駅弁なんか車内で販売してますし。

けどね、あの臭いやら、横で下品な音立てて、くっちゃくっちゃ物食われるのが嫌な人間もいるわけですよ。

これって、マナーとかの問題なのかも知れませんが、食べるのが当たり前になってるなら、そこで他人が感じる不快さに気をくばる人間なんていないですよね。

そこで提案なんですが、今ね、ほとんどの車両が禁煙車でしょ。私としては、禁食車ってのを作って欲しいですな。

そしたら、食べかすそこらに巻き散らかす、バカなおねーちゃん(行きの車内にいました)とか、異臭を放つおっさんとか、酔っ払って他人の迷惑顧みずに寝てしまうバカタレと、同席せんで済むわけですよ。

JRも、エコ出張の前に、エゴ出張をなんとかしてもらいたいもんです。

糖尿病 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
禁食車
  まったく同感です。私は食べる派なので、臭いのない乾き系食物を持ち込みます。冷たいコーヒーにパン・ナッツ。昔の駅弁というのは臭いがないもの詰めたものしか売らなかったのに。
 でも行儀悪いことは確かです。時間もないのも確かです。ならば、禁食車は必要ですよね。不快と感じる人間が、その不快を当たり前に主張できないのはおかしい。別に弁当だけの問題じゃない。職場でのやりとりとか仕事のスタンスでも。セクハラとかパワハラとかって、そういう不快さの度を越えないように自戒する言葉ですね。
 ナッツ食うとき、なるべく「ボリボリ」を立てないよう配慮しなくては。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ローカバさんへ
なかなかお返事書けずに、申し訳ございません。ブログの主文書くだけで精一杯でした。
今回頂いたコメント、まさしく「我が意を得たり」です。職場での仕事のスタンス、踏み込んじゃいけない線ってあると思うんですよね。
そのあたりに気がつかないというか、思いが及ばない人間が多すぎます。
そんなヤツに限って、自分のことを指摘されると逆切れするんです。
何とかならんもんですかね~。
よこちゃんさんへ
いつもコメントありがとうございます&お返事遅くなって申し訳ございません。
私も酔っ払いは嫌いです。酔って絡んでくるやつは、もっと嫌いです。
「オマエは節制もできんのか?正体無くすほど飲むな!他人に迷惑掛けるなボケ!」と思います。
日本は、酔っ払いに寛容すぎると思います。外国みたいに、公共の場で泥酔したら逮捕するべきです。

管理者のみに表示