07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

続々・ローカーボふすまパンとダイエットと糖質制限食

2008年05月12日
今朝の通勤途中、犬が空を見上げて吠えてました。

鳥でもおるんかいなと思って見上げますと、何もいません。

あの犬にはナニが見えていたのでしょうか?気になって仕方ないあらてつです。

さてさて、前回のブログに、おなじみローカバさんからコメントを頂いたのですが、糖質制限食の本質を見事に捉えられておられると思いました。

「何も糖質が悪魔の申し子だといってるわけでなく、処理できる量が非常に限られていることを念頭に置く必要があるってことですよね。」

大賛成です。そこなんですよ。糖質制限食っていいますと、糖質を一切摂っちゃダメなんて、とかく過激な治療法と誤解されますが、そうではないんです。

江部康二先生も仰られてますように、現代社会の食生活は、精製した糖質の摂りすぎになっており、その結果様々な弊害がでてきている、だから過剰な糖質の摂取は控えましょうっていうのが根本なんです。なにも、糖質を全否定するわけじゃないんですね。

私の場合、「人に厳しく自分に甘く」がモットーなので、一度タガが外れるととことん自分を甘やかしますから、極力糖質を遠ざけて生活しておりますが、例えば、ご家族と一緒で自分だけ糖質制限食がやりにくいとか、仕事が忙しくて、なかなか糖質制限食の食事がしにくいとか、人それぞれいろんな事情があって、なかなか私みたいに極端(?)にはいかないと思います。

いくら糖質制限食が体にいいからといっても、家族全員で糖質制限食に取り組むんだりすると、エンゲル係数が上昇しすぎて家計がパンクしてしまうと思いますし、育ち盛りの子どもがいるご家庭でしたら、米やパンなどを食べない糖質制限食は、現実的な問題として無理じゃないかなと。

しかしながら、このような状況でも、スナック菓子や清涼飲料水、その他のお菓子類など、精製炭水化物の摂取は減らすことができますよね。要するに、本来食べる必要が無かったこれら精製炭水化物の摂取を見直して、普段の食生活から減らすだけでも意義があります。

ですから、糖尿病の方や肥満メタボの方には糖質制限食を 、その中でも、取り組まれる方の状況に合わせて「スーパー糖質制限食」「スタンダード糖質制限食」「プチ糖質制限食」と選んでいただき、また、糖尿病肥満メタボ、その他生活習慣病の予防や、アレルギー疾患には、江部康二先生が提唱されておられる精製炭水化物を控えた食事、『高雄病院食生活十箇条』を実践していただければよいのではないでしょうか。

私みたいに追い込まれないとナニもしないできない人間は、極端くらいがちょうどいいのですが、それだと長続きしないですよね(我ながらヘンな言い回しですが…。)

糖質制限食は、続けてこそ意味があるので、自分に合わせた無理なく美味しい「糖質制限食」or「高雄病院食生活十箇条」生活を選んでいただければいいですよね。

江部康二先生のお言葉、

「糖尿人やメタボ人は 糖質制限食、それ以外の人は未精製の穀物を主食とした食生活、いずれも美味しく楽しく、長く続けていきたいですね。」

これに尽きると思います、はい。

糖尿病 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
本気かどうか
糖質制限食をやってみようと思う人は本当に本気だと思います。
私も体重が減り、ヘモグロビンが正常になりこのことを糖尿病に苦しんでいるという方々に「このような方法で私は平常値になりましたよ、あなたもどうですか?やってみませんか?」と何度お誘いしてそのたびにこう言われたか→「私、ご飯が食べられないなんてとてもじゃないけどできなーい!」「食べるものないじゃねーか!」

だったらいつまでも苦しんでいたらいいでしょ・・・

本当にこのままではどうしようと思っている人はこんな事は言わないと思います。
凝り固まった頭を転換するには変化を恐れていては現状は良くなりません。

痩せたい、糖尿の数値が気になると言いながら「あそこのケーキバイキングにいってきたのー」とかどこそこのテレビでやっていたラーメン屋に並んだとか、真剣に取り組んでいるこちらの前でこういう話を耳にすると「なにいっとんじゃー!!」と切れそうになります。

真剣かどうか・・・それに尽きると思います。
真剣度
 本当に。特に糖尿病で苦しんでおられる方にしてみれば生きるか、死ぬか。の問題だと思うのですが。そう。皆さん、特に日本人は?かも知れませんが、「皆と違う」「苦しんでも多くの人がそうなのだから」で違う行動にうつさない。誰一人として同じ能力・ルックスで存在できないのと一緒で「一緒のものを食べて同じように生きられる」わけはないのに。全員全然違うのに。目に見えるものには細かいクセに目に見えない重要なものには一番無頓着。私から言わせれば、真の横着者、欲張り者。
 己を知ろうとすれば、おのずとそれにあった行動に移すはず。それが人生なのでは???と思います。たかが食べ物で?いやいや、人間2ヶ月前の自分とは全く違う物質でできているんです。2ヶ月で全く違う自分になっているんです。自分が食べるもので自分ができている、という基本を忘れている。
 周囲のひとなど私の極端ぶりに嘲笑すらしているが、あと10年したら、埋まらない差になる。 炭水化物は口当たりがいいのと同時に「横着」になる食べ物なのだと思う。冬眠するときに脂肪にするのが目的の食べ物だもんな・・・腹いっぱいで眠くなってからだが重くなって頭がだるくなって腹にアブラがついて3ヶ月冬眠するんだもんなあ。

定例報告
朝:ふすまパン イチゴトマトジャム ゆで卵
昼:ゴーヤキムチャンプルー(笑) きゅうりとツナのレモン和え
夜:ししゃもマヨネーズ焼き 大豆パンクリームチーズのっけ

大豆パン、ケーキのようで、なんというサプライズ!これ生クリームにがっつりラカントいれて5個ぐらい一気に食べたいです。今度たくさん買おう・・・
ちびまるこさんへ
いつもコメントありがとうございます。
私も、糖質制限食を人に勧める度に、ちびまるこさんと同じこと言われます。でも、私の場合、職業柄「好きにすれば?」とは言えないんですね~(笑)
人それぞれ状況があって、好みがあって性格があって、全て飲み込んだ上で患者様やお客様に糖質制限食を勧める、けっして無理強いはしない。そうありたいと思ってます。
ただ、私もまだまだ人間できていないもんで、たまに腹立つ瞬間もありますけど(笑)
その点、江部康二先生はすごいと思います。時には、何十分もかけて患者様に説明されるわけですが、医者でよくある上から物言うような言い方は、けっしてされませんし、押し付けもされません。
見習わなければならないな~なんて思いながら見ています。
う~ん、難しいですね。

ローカバさんへ
なかなか人間て自分に甘いもんです。特に、食べ物がからむと余計にそうだと、この仕事をさせてもらうようになってから、痛感させられてます。
私も、エラソウにこんなブログ書いて、糖質制限食について語ってますが、人様にモノ言えるほど大した人間じゃないですし。
けれど、糖質制限食については、皆さんに語れるだけの物を、しっかりと持ち続ける努力はしようと思ってます。
話は変わりますが、大豆パンお買い上げ頂いたんですね。ありがとうございます。
お気に召していただいて良かったですが、あのパンは好き嫌いがはっきりしておりまして、お好きな方は一回で20個とか30個買われるんですが、一回食べてダメだった方も多くおられます。
各言う私も、あのパンは苦手なんですが…。
高雄病院と糖質制限コムのコンセプト
 江部先生のお人柄、写真やネットで拝見しましてもにじみ出ています。素直で、フラットな目線で、ちょっとの努力や効果でも継続できるように、ごきげんさんな診察や治療をされるのでしょうね。
 そして糖質制限コムのコンセプトとHPデザイン。あれは、デザインの基礎をきちんとまなび、深いところで思いやりがある人のされるデザインではないかな、と思いました。ロゴや色の使い方、表示の誤記をすぐさま改められるところなど。特に糖質制限のTのロゴと緑の使い方などにそれを感じます。
 パン・米、主食という概念から抜け出すにはものすごい力が要るようですよ?少なくとも私の身近には一人も実践者はおりません。
「どうしたら痩せられるの?」
「米とパンとうどんとそばを2ヶ月一切やめること。ビールとワインも。果物はリンゴ半分まで。砂糖はもちろん甘味料で」
「じゃあ、デブのままであきらめる・・・」
 周囲にすれば、毎日残業してからジムに行き、3食自炊で主食なし酒なしタバコなしメガビタミン、ついでに土日出勤という生活はすでに「異常」な感じのようです。身近に理解者と実践者がいればもっと楽しいのですが(苦笑)。でも糖質制限、スタミナつきます、アレルギは当然なし、カゼは引かない、気分の波が少ない。職場の誰よりも丈夫です。
ローカバさんへ
当店のホームページ、お褒めいただき誠にありがとうございます。
実はこれ、すべて洋食屋のせがれゴイチが作っております。
ヤツは、見た目は胡散臭い(笑)ですが、センスはいいです。美術系の大学でデザイン学んで、広告会社で仕事してたもんですから、腕前もなかなかのもんです。ローカバさんからのコメント、ヤツにも読ませますね。


管理者のみに表示