07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

続・動物も糖尿病やメタボになるお話。

2008年04月09日
どうにも昨日から気分が憂鬱な、あらてつです。

動物って、憂鬱な気分の時、かなり癒しになるとおもいません?

てなわけで、かなり強引ですが動物ネタのつづきおば。

まずは、菓子折りさんのコメントご紹介です。

『動物大好き

家には犬と猫が同居しております。
私が生まれる前から今日まで、世代交代をしながらずーっと同居しております。先代の犬は糖尿病で、激しく尿を出しやせ細って目が見えなくなって死んでしまいました。最悪の最期でした。食べ物は家族と同じでした。

猫ははっきりと好き嫌いがあるので、まさにネコまっしぐらな物ばかり食べているのでわりと長寿です。

やはり生物はそれに適した物を食べるべきということでしょう。現役の犬は糖質の多い食べ物を食べません。おかげでとっても元気です。 』


菓子折りさん、いつもコメントありがとうございます。

私も動物大好きです。以前は10匹犬がいましたが、今は拾ってきた猫が三匹、私よりエラソウにしております。

で、前回、糖尿病の犬の話を書きましたが、かの「ムツゴロウさん」こと畑正憲さんが著書の中で「犬科の動物の子どもに甘い物を食べさせると、成長が阻害される」というようなことを書いておられました。これも、本来肉食の犬に甘いものはよろしくないってことですよね~。

菓子折りさんが仰いますように、猫は甘いものとかパンとか米とか、犬が食べそうなものには見向きもしませんから、自分から進んで食べませんよね。

私思いますに、犬は人間が食べてると欲しがりますんで、与えると食べてしまいます。ですから「成長が阻害される」のは、犬科だけではなくて、他の動物にも当てはまるのではないかと。

あくまで私の単純な考えなんで、今度、動物学に詳しい方に聞いてみようかなと思うのですが…。

さて、人間本来の食べ物はなんじゃろなって考えますと、骨髄だったという説がありまして、江部康二先生のブログでも紹介されてました。

以前にアフリカでマサイ族の方だったと思うのですが、牛(だったような気が)の骨髄を食べてらっしゃるのをテレビで見たことがあります。

菓子折りさん、私は、ちゅるっとしたものが苦手なので、あまり食欲をそそられませんでしたが…。



糖尿病 | コメント(11) | トラックバック(0)
コメント
低糖質の日本酒
月○冠の低糖質日本酒・超淡麗辛口を入手したのでためして見ました。
糖質は100gあたり0~0.7gだそうです。
味は甘くない日本酒で、辛口の白ワインと言うか、ドライなシェリー酒のようでした。
二合も飲んでしまったので、2.52gの糖質をとったことになります。
最後にエリスリトールをほんの少し入れてみたのですが、普通の日本酒のようでよかったです。
でも、ここまでするなら焼酎のほうが良いンじゃないでしょうか。
料理に使うには最適だと思いました。
日本酒
 超端麗辛口ですか・・・一度試してみたいものです。料理酒にするには焼酎はアルコールの鋭すぎる香りが多少気になっているもので・・・。
 最近、停滞に突入し、ちっとも体重が減らなくなりました。がんばっているんだけど・・・。段階的に落ちるモノだとは聞いていても、やはり続くと不安・不満です。いつか安定期になるとのことですが、どのくらいでストップするのでしょうかねえ。あと5㌔落とさないと、メタボのままです・・・v-16

定例報告
朝:おからパンケーキ・バニラコーヒー
昼:ツナサラダ 揚げと水菜のバルサミコガーリック炒め(うま・・・)
夜:炉端焼き屋で宴会 当然幹事
ネコ派
私、性別は野郎でネコ派です。あのツンデレなところに心がキュッとつかまれます。
しかし、数多くのコンパでデータを取ったところ、女性は犬派が圧倒的に多かったのです。なぜなんでしょうか、う~ん。

でも、骨髄を食べられる店って全然見つかりませんねえ。やっぱり牛さんくらい立派な骨じゃないと量がありませんからね。その牛さんは狂牛病が怖いし。

ええと、まあ、やっぱり、あらてつさんの所の医師による人体実験済みのいろいろを食べて過ごした方が安全、安心ですね。

さて、今から焼酎、っと。
私もねこ派です。
誕生日に贅沢なねこまんまを作るのですが、キャットフード(カリカリ)しか食べません。
缶詰も食べないのだから、ある意味面白くないんですけどね。。。
犬は
肉食ではなく、人間と同じ雑食です。
ただし肉食に近い雑食とのこと。
老婆心まで。
街のクマさんへ
貴重な情報、ありがとうございました。
京都のある日本酒メーカーが、糖質0の日本酒に挑戦していると聞いてましたが、月桂冠に先を越されたみたいですね~。
あ、月桂冠も、もとは京都ですね。今晩、早速飲んでみますね。
ローカバさんへ
もし宜しければ、sジムさんの京都西院ボクシングジムをのぞいてみてください。
オーバー30以上の皆さんが、こぞって汗を流しておられる平均年齢の高い珍しいボクシングジムです(笑)
皆さん、どんどん引き締まっておられますよ~。
菓子折りさんへ
私は、ネコより数多くのコンパに来ていたおねーさん達に興味があります(笑)
骨髄を料理で出す店って、あるのでしょうか?以前、東欧のとある国の伝統料理に、牛の骨髄を煮込んだ料理があったのを思い出しました。
けど、日本じゃ食べられませんよね。
それに、菓子折りさん仰いますように、骨髄は危険部位に指定されてますし…。
sジムさんへ
うちのネコもキャットフードかカツオブシしか食べませんね~。
それにしても、なんでネコの口って、あんなに生臭いのでしょうか?
あ、sジムさんちにいたわんこは元気ですか?
ととさんへ
コメントありがとうございます。
犬は、分類上、食肉類に分類されます。家畜化されて人間と同じものを食べるようになりましたが、最初から雑食ではなかったのですね。
このことは、雑食動物の特徴である臼歯が少なく、肉を噛み裂くための裂肉歯が発達していることからわかります。
分類上は食肉目ですが
現在の犬は、人間と必要な栄養素の種類や量に違いあるとされているものの雑食ですね。


管理者のみに表示