09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

糖質制限な食材開発のお話 コメントお返事編

2008年02月07日
金券ショップの前を通ったら、5月24日に大阪城ホールで行われる浜崎あゆみのコンサートチケットが売ってました。

前から4列目なんですが、ペアで8万円です。

30回くらい金券ショップの前を往復した、あらてつです。

5月24日のブログが更新されていなかったら、大阪城ホールに向かったと思って下さい(笑)

え~、コメントのお返事が全然書けていないので、ご紹介がてらお返事書かせていただきます。

まずは、ローカバさんです。

『連続コメント失礼します。ローカバです。厚生労働省は天下り先で楽に偉そうにできることしか考えていません。既得権にぶら下がれるように大手企業や、選挙等で票が取れる地区の農家を大事にします。何が正しいか科学的か、なんか全く問題ではないところが辛いところです。
 草の根運動が大事ですね。本当は影響力のある人がこぞってローカーボを提唱すればいいのですが、いかんせんそういう人はメディアから排除されたり使われないですからね。タレントがごはんの宣伝をしていますが、
あの人たちはおそらくローカーボ実践者ですよ。仕事のためおくびにもだしませんが・・・。日本の農家は世界一!技術力も根性もある。何を作っても世界に通用するとびきりおいしくて安全なものがつくれる。野菜や嗜好品である超高級な果物、高タンパクな小麦やコメを開発して作れば、共存できると思うのですが
 親しい管理栄養士でも現場から少し離れると「みりんだから大丈夫」とか分からんこと言ってますから。みりんの風味を残してローカーボに仕上げるのが日本の実力な気がします。できると思うけどなあ。
 その証拠に砂糖大手メーカーがそろそろエリスリトールを販売しています。あとは油脂メーカーに体内吸収率の低いトランス脂肪酸ではない脂を
開発して欲しいものです。炒め油とかあげ油に使うための。その昔アメリカだかが開発して失敗に終わっているようですが。
 国民病ってことはつまり国民の特徴。医療も大事だが普段も大事。 』


ローカバさん、連続コメント全然失礼じゃないですよ~。ありがとうございます。

まさしくローカバさんの仰る通りだと思いますね。

科学的な根拠よりも、役人やら政治家やら企業の利益が最優先されちゃいますからね~。医学的な調査結果まで捏造されちゃいますから。この国は、江戸時代から何も変わってないような気がするのは私だけでしょうか。

以前に農家の方がこう仰ってました。

「俺たちは、世界一安全で美味しい作物を作れる自信があるが、国がそうさせてくれない」

フランスは農業自給率も高く、農業国として成立ってます。フランスにできて日本にできないことはないはずです。

米作だけが農業じゃないと思うんですけどね~。

お次は、xiangdaoさんです

『あらてつ様、お久しぶりです。
いつも糖質制限食品の開発及び普及にご苦労様です。
まだまだ、日本ではローカーボに対しての理解及び普及は不十分ですが、それでも以前よりは随分商品が増えましたね。
しかしながら、アメリカに比べるとまだまだですね。
そこで、提案です。
新たな商品開発には限度がありますので、安全性が確認されることが前提ですが、一部輸入を考えてはいかがでしょうか?
例えばこのようなサイトがあります。

http://www26.netrition.com/low_carb_products_page.html
あらてつ様の会社が輸入商社もやっていただければ、我々の選択肢が増えると思います。
江部先生のブログでも、時々アメリカ在住の方からの書き込みがありますし、江部先生ならアメリカへのコネクションをお持ちだと思います。
是非ご検討をお願い致します。』


xiangdaoさん、こちらこそご無沙汰しております。
また、その節は大変お世話になりました。

アメリカでは、「ローカーボ」が1選択肢として当たり前になってますから、関連した商品も多く出てますね。

早速、教えて頂いたサイト見てみましたが、試してみたいものがいくつかありました。

京都高雄倶楽部は、今はまだ設立されて1年の吹かんでも飛んでしまいそうな会社ですが、ゆくゆくは、世界中から糖質制限な食材を集めて、安く皆さんに提供できるようになりたいです。

まだまだ時間が掛かりそうですが、実現に向かってがんばりますので、xiangdaoさん応援宜しくお願い致します。

次はおなじみsジムさんこと、京都西院ボクシングジム鈴木会長から頂いたコメントです。

『今回の書き出し。。

すみません。一人で大爆笑してしまいました。

ちょっとお疲れなんじゃないですか・・?(笑)』

確かにお互い、やや疲れ気味かも知れないですね(笑)

いやいや、まだまだこれからです。バイク代が浜崎あゆみのチケットに変わりそうで怖いですが…。




糖尿病 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
感謝感謝
 こんばんは。ローカバです。糖質制限のお店と江部先生のブログを読み出してから、脱落しかけてたローカーボを復活させてがんばっております。
 以前は一日に20gカーボでやっていたために、仕事とかで自炊できなくなると、おそろしく単調なメニューになってしまい挫折しました。江部先生の60gだと、私の体では痩せない・・・というか時間がかかりすぎるんで、
 40gで抑えようと思っています。
 本日のメニュは
朝:ふすまフランスパンバターのっけ・ミルクコーヒー 5g
昼:あげだし豆腐衣半分・温泉卵汁のまず・お浸し・ヨーグルトラカントまみれ・カシュナッツ 25g (カシュナッツが多かったので失敗です)
夜:フランスパン2切れ・豚肉・きゅうり・サニレタス・しいたけ のガーリック  味噌炒め 10g

 ローカーボやりだすと、レタス炒めははずせません。サニレタスのほうが和物の菜っ葉に近い味がして違和感がないですねえ。きゅうりも炒めたほうが絶対においしい。 

 v-22農家の方はそう仰ってましたか。「世界一」という自覚があると。電化製品や便利道具はなくても型が多少古くても、死にはしませんが、 「食べるもの」は死に直結します。冗談ごとではない昨今です。世界で一番技術力があるのは実は農業だと思うんですが、やはり国がそうさせないんですね。ほんまにあいつらは・・・。自分の仲間うちでは何かといえばすぐ「根拠」。私に言わせると「困虚」です。
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
よこちゃんさんへ
よこちゃんさん、こちらこそご無沙汰しております!お元気ですか?
釜池先生は、高雄病院が糖質制限食に取り組むきっかけとなられた先生です。私も釜池先生の本は読ませて頂きました。なかなか過激ですね~。動物は、基本的には1日1食なので、釜池先生の食事形態がある意味生き物として本来の姿なのかも知れませんが、う~ん、流石に私には真似ができません。一度チャレンジしてみようかな~と思ったりはしているのですが…。
でもって、よこちゃんさんは、西川女史がお好みなんですね。私も初めてテレビで拝見した時、綺麗な女医さんだなぁと思いましたね~。
ところで、浜崎あゆみのホームページ、昨日初めて見たのですが、めっちゃカワイイです(笑)
8万円握り締めて金券屋に行きそうな自分が怖いです(大笑)
ローカバさんへ
ローカバさん、またまたコメントありがとうございます。
私も、糖質制限食に取り組んだ当初は、1日の糖質摂取量を20g以下に抑えていましたが、エンゲル係数の上昇に耐えかねて50gに引き上げました。それでも食費はうなぎ昇りですが…。
ちなみに私の糖質制限食マスト野菜は、ブロッコリーです。かさがあって彩り良くて糖質低いので重宝してます。さっと湯がいてマヨネーズかけるだけで美味しくいただけますし。
医療の世界もそうですが、農業も道路と同じく政治家の票が絡んで利権まみれです。これでは、農業が衰退するのも当たり前だと思います。真っ当に農業に取り組んでおられる方々が気の毒ですし、消費者も被害を被ります。
ローカボさんの仰る「困虚」まさしく云い得ていると思いますね。
ブロッコリ
 ブロッコリですか。いいですね。ボリュームあって。あと、料理ブログをみていると、カリフラワ+クリーム のポタージュなんか有名ですね。隠し味に白味噌とかいれるとタンパク質のコクと脂のコクが混じって美味です。ベストは白味噌に砂糖いれないで、って感じですけどね~。それと、糖質制限のお店で「大豆粉」を購入して、チョコケーキを作ろうともくろんでいます。風味つけにアーモンドプードルも入れます。 クリームはチーズ系でラカントではないエリスリトールをバフバフ入れて、リキュールたっぷりでスポンジの部分の個性に負けないような。コクが欲しい甘みにはラカント・素材を活かしたいときは浅田飴さんのエリスリトールです。使い分けると、飽きません。
 今日のお昼はお弁当で、ふすまフランスパンのアボガド卵きゅうりのサンドイッチとラカントまみれのココアです。ああ、おいしいv-45
今日の朝食は初めてのふすまフランスパンで久しぶりにパンの感触を味わいました。
このあいだ、フィナンシェとほろほろクッキーを食べ終わってしまい、またお願いしようかと思っているところです。
本当に食べることは尽きないのでいつも頭の中は次回の食べ物で一杯になります。
私の食生活もある程度決まってきて、私もブロッコリーが野菜のナンバー1です。マヨネーズでもおいしいですし、溶けるチーズをのせてチンしたりトースターで焼いたりして主食代わりになっています。もうひとつの主食は厚揚げです。大根おろしをのせて、おしょうゆをかけます。
冷蔵庫には常にあります、そのほかにお豆腐と納豆かな、あとは味噌こんにゃくとこんにゃくらーめん、このときは甘い味噌も食べてしまいます。なにが減ったというと甘味ですね、勿論糖質制限ですから甘味は当たり前なのですが意識をするとこんなに前は食べていたのかと驚きます。

おやつはチーズとナッツです、あとは最近はあたりめです、これで飲みます。飲むといえばスタイルフリーはよくいただきますがまた違うところからでるみたいですね。あとはv6のいのっちがCMしているチューハイがまだお目にかかっていないので早く飲んでみたいです。

最近、森久美子さんとか石塚さんをみているとどうしてあんなに食べて糖尿じゃないのと疑問です、あそこまでの食べっぷりをみていると気持ちいいのですが人事ながら心配してしまいます。あと一番危ないと思っている人は彦麻呂さんですね。(個人名はいけませんね、でも気になっているもので)
ローカバさんへ
ローカバさんへ
お返事遅くなって申し訳ないです。
食欲増進してしまうコメントですね(笑)
白味噌、糖質制限食を始める前は大好物だったのですが、ここ数年とんと口にしていません。けど、ローカバさんのコメント読ませて頂いて、久しぶりに食べたくなったので、「カリフラワ+クリーム のポタージュ」を作ってみようと思います。
あと、大豆粉をご購入していただいて、チョコケーキを焼こうとお考えとのこと、ありがとうございます。チョコケーキ、うまく焼けましたら是非ご紹介下さいね。
ローカーボふすまパン、私も重宝しています。出先で気軽に食べられるサンドイッチが
作れますからね~。
ちびまるこさんへ
ちびまるこさんへ
いつもコメントありがとうございます。
ローカーボふすまパンとおからフィナンシェ、ほろほろクッキー、お買い上げありがとうございました。
ちびまるこさんもブロッコリーお好きなんですね~。いろんな料理に合いますし、かさがあって食べごたえもありますし。豆腐とお揚げとブロッコリーがあれば、生きていける気がします(笑)
私は、軽めのビールが好きなのでスタイルフリーはお気に入りなのですが、他のメーカーからも「糖質ゼロ」が出るとなると気になりますね。飲料業界の糖質ゼロ戦争、糖質制限食を実践している私たちには大歓迎ですね。ブームで終わらないことを祈りたいです。
あと、私がいつも不思議で仕方ないのが、ギャル曾根さんです。
いったいどんな体してらっしゃるのでしょうか…。

管理者のみに表示