09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

糖質制限食的豆腐の楽しみ、お揚げ編

2007年12月26日
「自分探し」この言葉が嫌いです。自分なんてものは作り上げるもので、探しに行ってそこらに落ちているなら誰も苦労なんてしないと思う、あらてつです。

「お揚げ」の話をしましょう。

京都では、「お揚げ」を焼いて食べます。

っていうか、他府県行ったり他府県の方から話を聞いて、「京都以外ではお揚げは焼いて食べへんねや…。」と最近気づきました。

「お揚げを焼いて食べる~?」

この話を他府県人にすると、決まってこんな反応が返ってきます。

でもね、美味いんですよ~、これが。

お揚げを、油抜きせずにフライパンで両面カリッと焼いて、ネギをぱらぱら散らし、醤油を少量垂らして頂きます。

糖質制限食の夕食にもお酒のあてにも、簡単お手軽で美味しく、とても重宝しますよ。

ただ、お揚げを味付けしないので、お揚げそのものの味が良くないと美味しくないですし、油抜きしないので、いい油を使っていないとそれこそ胸焼けしてしまいます。

京都の豆腐有名店をいくつか回って、お気に入りのお揚げを見つけたのですが、今回ご紹介させて戴いた服部食品さんのお揚げは、今までのお揚げを数段上回る美味しさ、私が知る範囲の中では“京都で唯一無二”だと思いますね。

服部食品さんのお揚げ、材料や作り方にこだわっておられるのは、豆腐同様もはや言うまでもないのですが、「お揚げ」を揚げる油にも徹底的にこだわっておられます。

良質の米油のみで揚げられた「お揚げ」は、油抜きをすればかえって風味が損なわれてしまう程、お揚げそのものと米油のマッチングが素晴らしく、一口食べれば、ここでも今までの「お揚げ」の概念が覆ってしまうという逸品です。

京都では焼いて食べるお揚げ、京都以外の方にもこの食べ方をご紹介したいと思って服部食品社長の服部社長が製品化されたのが、昨日紹介した「京のお揚げ焼き」なんです。

豆腐もそうですが、いっぺんダマされたと思ってこの「お揚げ」食べてみて下さい。

今回のこの企画は、正味な話、商売っ気抜きです。とにかく、このブログを読んでくださっっている皆さんに南禅寺御用達、服部食品の「南禅寺豆腐」を知って頂きたくて行うことにしました。

newset_toufu.jpg


この写真のセット、日本全国送料込みで3000円以内で『糖質制限ドットコム』にて販売の予定です。

来年、菓子職人さんのフィナンシェと同時販売開始です。

期間限定販売なので、是非この機会を逃さないようにして下さいね~。
糖質制限食食材 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
いえいえ
東京でも焼いて食べますよ。
うちは焼き網であぶって、刻んだ長ネギや鰹節をのせて
生姜醤油と七味なんかで頂きます。

美味しいですよね。
黒尼さんへ
いつもコメントありがとうございます♪
東京でもお揚げ焼いて食べるって、初めて知りました。京都だけじゃなかったんですね~。
刻んだ長ネギってところが関東ですね。こっちでは、京野菜で有名(?)な九条ネギを使います。
生姜醤油と七味は美味しそうです。やったことないので次回のお揚げ焼きの時は試してみます。
美味しい情報ありがとうございました。

管理者のみに表示