09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

続々々糖質制限食と外食編 

2007年12月03日
人生って悪い冗談の連続ですね。あらてつです。

江部康二先生も外食について書いておられましたねー。お付き合いが広い分、特にこの季節は大変みたいです。

酔っ払って測定しないってところは笑ってしまいましたが。

さて、外食シリーズコメントご紹介最終編いきますね。

ミントさんからです

「あらてつさん、みなさんコメントありがとうございます。
しばらく見ない間に取り上げていただいていてうれしい限りです。

やっぱり社会人として付き合いはある程度大事にしなければならないけどあまり大事にしすぎると、自分の健康が危ない、、、下手すると寿命が縮まります。

ここは恵理さんがおっしゃっているように、炭水化物抜きダイエットしてるから、といえば大枠では切り抜けられそうですね。
あとはいかに調味料や以外に糖質が多そうな食材を避けられるかですが、これくらいだったら一時的に致し方ないとしてあとは運動するしかなさそうですね。
わたしの主治医はもともと糖質制限の方向には賛同していますが治療に積極的に取り入れているわけではない (やるかどうかは患者次第と思っている) ので、一時的な薬を処方してもらうのも難しそうです。

基本的にはこの路線で、それでコントロールが悪くなってしまったら「付き合いの悪い人間」になるしかないですよね(笑)」


私を含め健康やダイエット目的だと、糖質食べても罪悪感を感じるだけで済みますが、糖尿人の方々は、ミントさん仰るように、まさしく“命”を縮めてしまうわけですからねー。

江部康二先生じゃないですが、これからの季節“付き合い”が多くなるので、うまく乗り切っていかないとだめですね~。

お次は恵理さんです。

「外食の話ですが、我が家の近くにはセルフサービスのお店があります。メインも小鉢類もなかなか充実してて、ご飯と汁物は店員さんがよそってくれますが、ご飯いりません!と言えばそれでOKです。席についたら店員さんがやってきて会計をしてくれます。
先日友達と行ったのですが、まさに従来型の糖尿病食でした。ダイエット中だと言うので、糖質制限食をオススメしておきました。実際におかずを前にした方が説明しやすかったです。ただ、会計時には冷や汗でしたね。友達の1.5倍でした(>_<。)
お呼ばれした時は「炭水化物を控えてるので、ご飯はこれだけ(お茶碗1杯)で失礼します」と伝えておいて、一口分だけお茶碗に残しておくようにしています。」


セルフのお店、私も何度か行きましたが、あまりの食事代にビビッてしまい全然行かなくなりました(笑)

糖質もそうですが、外食時の食費の高さも問題アリですね~。まあ、食費が高いのは外食だけに限った話ではありませんが…。

またまたミントさんです。

「わたしも付き合いでどうしても炭水化物摂取しないといけず、2時間かけて歩いて帰ったことあります。。。
さすがにこんな調子だと、「誰もいなくなった」になっても仕方ないというかそうなるしかないかなーと思い始めてます。。。
でもみなさん同じ悩みを持ってらっしゃることがわかって少し安心しました。 」


せっかく何かのご縁があって、皆さんこのブログに来て頂いているのですから、糖質制限食に取り組む上での悩み事やら困り事とかを、お互い話していければいいなと思います。

悩みや愚痴でも全然OKなので、皆さんこれからもコメント宜しくおねがいしますね。

最後になりましたが、ミントさん、恵理さん、コメントありがとうございました。
糖質制限食 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示