09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

続・糖尿病増加の原因はエアコン?

2007年10月31日
「あなたの風邪はどこから?」

今回のテーマの一番最後に、何処から来たか明らかになるでしょう。あらてつです。

顔が痛いぞ、てやんでぃばーろー。

昨日の続きです。

マズ、質問を受けた「糖尿病が増加した原因は、エアコンの普及ですよね。」の根拠であろう「冷暖房の普及で体温調節に使うエネルギー量が減り、カロリー消費が減って糖尿病が増えたんじゃないんですか。」 を、もうちょい検証してみましょうね。

江部康二先生のブログ、並びに私のブログに来て下さっている皆さんは、とっくの昔にご理解されておられることですが、余剰なカロリーが糖尿病を引き起こすわけではありません。

糖尿病(2型)は、長年にわたる糖質の過剰な摂取により、膵臓にあるインスリンを分泌するベータ細胞が疲弊して、インスリンの分泌能力が低下、若しくはインスリン抵抗性が増大して起こる病気であり、このことが糖質制限食による糖尿病治療の生理学的な根拠です。

要するに、糖尿病(2型)の原因は糖質の過剰摂取です。もっと簡単にいえば、カロリーが糖尿病の原因ではありません。

嗚呼、それなのにそれなのに…。

糖質制限食の理論はすばらしい!この理論で新製品を売り出したい!」

って、全然理解してへんやん。

エアコンが普及した→体温調節する必要が減った→そのためのカロリー消費が減った→余剰なカロリーが発生→糖尿病の発症

これって、『従来の糖尿病の原因=カロリー』説そのままですよね。

糖質制限食の根本的なところを、全くご理解なさっておられないとお見受けいたしました。

<つづくよ~ん>
糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示