FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

糖質制限はカロリー過多で日本食がヘルシーなんて大ウソ

2018年12月28日
今朝の出勤時。


いつもは通勤の人の波が途切れないのですが、今日は、全然人が歩いてません。


それどころか、道路も車が走っておりません。


世間様は、今日からもう年末休みなんでしょうか。


なんか釈然としない、あらてつです。


早いとこは、先週末から休みのとこもあるんですね…。


で。


私ども糖質制限ドットコムは、本日で今年の業務を終了とさせて頂きます。


今年も1年ご愛顧頂きまして、心よりお礼申し上げます。


来年も皆様のお役に立てる商品開発・情報発信に努めますので、どうぞ宜しくお願い致します。


ここからは、本日の話題です。


昨晩、何気なしに見ていたテレビ番組で、


「今流行りの糖質制限は、肉や脂の摂取量が増えるからカロリー過多になる」


と、とあるお医者さんが言ってました。


はぁ。


これって、根拠も数字も何もない、感情的糖質制限批判の代表です。


本人がそう思ってるだけなら別にいいですが、なんか違うんじゃないのと思ったので、本当にそうなのか数字を上げて解説してみますね。


一昔前


「ジャパニーズフーズはヘルシーね。」


なんて、お米を食べましょうキャンペーン的コマーシャルが流れてたの、覚えておられますでしょうか。


確かに、ご飯は、一膳150g で 252kcalしかありません。


よく


「パンよりお米の方がカロリーが低くてヘルシー」


なんて言いますが、確かにパンでしたら、食パン6枚切りの1枚分、60gで158kcal(糖質26.6g)、150g換算だと395kcalになりますから、同量で比べればパンの方がカロリーが高いです。


でもね。


カロリー計算で基準にされてる150gのご飯て、小さな茶碗一膳分しかないんですよ。


少食の方なら足りるかもですが、恐らく多くの方が、普段はもっと多くの量を食べておられたのではないでしょうか。


ここのところが落とし穴でして、ご飯ってなるほどカロリーはそんなに高くないけど、自分で思ってる以上に食べてしまってるんですよね。


ほら、味の濃いご飯がススムおかずがあったり、丼ぶりものなんかにした日には、モリモリワシワシかきこんで食べるでしょう?


これって、150gで済んでるわけないですよね。


こんな感じで、気づかないうちに結構な量を食べているなんて日常茶飯事です。


さらに加えて、


「お肉の方がカロリーが高い、ご飯のカロリーが少ないからヘルシー」


なんてのが頭に刷り込まれてますので、糖質が占めるカロリーの割合なんて少ないと思いこんで、気にせず食べてきた方が多いのではないでしょうか。


この話、具体的に数字を出すともっとわかりやすいと思います。


お茶碗一杯150gのご飯を、普通に2杯食べただけで、軽く500kcalを超えてしまいます。


カロリー制限ではもっての外の、「サーロインステーキ脂身つき150g」のカロリーが約501kcalですから、ほとんど変わりませんよね。


しかも、これに加えて、糖質を制限してこなかった食事の場合、これにおかずのカロリー、一般的には、根菜も使うし砂糖も使った糖質の多いおかずのカロリーが加わります。


こう考えると、いかに毎日、無意識に糖質から多くのカロリーを摂取してきたかということが、よくわかるかと思います。


なので、糖質制限に取り組んで糖質(ごはんやパンですね)を減らした場合、その分、しっかりおかずで補う必要が出てくるわけです。


どうでしょう、


「今流行りの糖質制限は、肉や脂の摂取量が増えるからカロリー過多になる」


が大ウソなのがお分かりになられましたでしょうか。


なんでも思い込みで話しちゃいけないし、医者が言ってるからといって、鵜呑みにしちゃいけないってことですね。


いい感じで落ちたので、本日はここまで(笑)


では、皆さん、良いお年をお迎えくださいませ。



糖質制限 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示