FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

糖質制限で根菜は食べていいのかダメなのか。

2018年08月06日
昨日、午前中に大阪は堺まで行って来まして、午後から出勤したのですが、京都に帰って来て思ったのは、


「この日差しは危ない…」


西日本豪雨の後からずっと続いているこの酷暑。


天気予報では、


「命に関わる危険な暑さ」

「ためらわずに冷房を使ってください」


など、これまで聞いたことがない文言が。


読者の皆さん、くれぐれも体調管理にはお気をつけくださいね。


因みに、昨日の京都の最高気温は39.5度でした…。


部屋から出た瞬間、汗が吹き出して来ますが、気合を入れて本日の話題。


前回、ちょい話がズレた糖質制限入門編。


今回は、よくご質問いただく食材についてです。


私ども糖質制限ドットコムに頂くご質問で多いのが、


「根菜って糖質制限で食べちゃ駄目なんですよね。」


まあ、駄目っちゃ駄目ですし、良いっちゃ良いです。


どっちやねんとツッコミが入りそうなので、順番にご説明を。


食べて良いのか悪いのかの根菜ですが、まずは思いつくままあげてみますね。


ダイコン・カブ・カボチャ・ニンジン・ゴボウ・ジャガイモ・サツマイモ・ヤマイモ・ジネンジョ・サトイモ・レンコン・百合根…


他にもたくさんあるんでしょうけど、一般的に使うものはだいたいこんなもんですかね〜。


で、これらの根菜類、基本的には、「避けたほうがいい食品」になります。


その理由は、もちろん糖質が多いからなんですが、全くダメかといえばそうでもないです。


糖質制限に取り組むにあたり、皆さんよく誤解されるというか、思い込まれるのは、


「本にダメって書いてあるから食べちゃいけないんでしょう。」


ほら、今まで何回も話題にしているこのクレーム(?)


「アンタとこの商品、、原材料に砂糖って書いてあるやないの!本には砂糖はアカンて書いてあるで。どういうこと!」


本質は同じです(笑)


砂糖だろうがショ糖だとうがブドウ糖だろうがデンプンだろうが、糖は糖です。


体に入って吸収されれば血糖値が上がります。


なので、砂糖を使っていことが問題でなのではなく、トータルでどれだけの糖が含まれているかが問題なのです。


極端な話、ある商品の甘味料に砂糖しか使ってなくても、100g中の糖質が5g未満であれば「低糖質」と言えますし、糖質制限適応食材になるわけです。


根菜もそれと同じで、根菜がダメというより、食べる量に気をつけましょうってことですね。


例えば、糖質制限はおかずだけ食べるって書いてあったからって、里芋の煮っ転がしやら肉じゃが食べちゃダメですが、サラダに少量のポテトを入れるとか、彩りにニンジンを加えるとか、豚汁に少量のゴボウや大根をいれるくらいなら、全然大丈夫です。


くどいようですが、大切なのはその食材単品の糖質量より、できあがったおかずの総糖質量になります。


なので、根菜のたぐいも、煮物にしてそのまま食べるなんてのは御法度ですが、少量をサラダや味噌汁やらに入れて食べてもらう分には、全然問題ありません。


何事も、表面的なことじゃなく、本質を捉えるのが重要だなってことですね。






糖質制限 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示