FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

摂取糖質80%な日々

2018年06月25日
毎年、夏至の日に


「今日は夏至ですね〜。」


なんて書いてたかと思うのですが。


今年は、もうじき夏至ですね〜と書いて、そのまま夏至が終わってました。


なんか、すごく損した気分になった、あらてつです。


年に一回しかないのに…。


だからなんだと言われたら、返す言葉がないので今日の話題。


6月13日の 「食事の80%が糖質になってますのよ、なんてお話。」



6月25日の 「ダブル炭水化物な日々」


で、現代人の食生活の実態を考察してみました。


何をどう見ても、脂肪の摂り過ぎというよりも、糖質の摂り過ぎになっていることは明らかかと思います。


ウソだと思ったら、今一度自分の周囲の人たちの食べているものを、よ〜く観察してみてください(笑)


ところが、巷では、医療関係者は言うに及ばず、ありとあらゆる人たちが、


「戦後、日本人の食生活は欧米化して高脂肪・高カロリーになった、だから糖尿病をはじめとする生活習慣病が増えた」


と、金科玉条のごとく口にします。


その一方で、厚生労働省がまとめた「国民栄養の現状」という資料には、


1980年から2008年まで、日本国民が摂取している栄養比率は、

炭水化物   約60%
脂質      約25%
たんぱく質  約15%

とあります。


ところが。


「日本人は脂肪の摂りすぎで、糖尿病をはじめとする生活習慣病が増えた!」と声高に主張する「医療関係者は言うに及ばず、ありとあらゆる人たち」が推奨する「バランスのいい栄養比率」は

炭水化物   60%
脂質      20%
たんぱく質   20%

だそうです。


なんかおかしくないですか?


現代人は脂肪の摂り過ぎなんですよね?


それで糖尿病をはじめとする生活習慣病が増えたんですよね?


けどこの二つ、ほとんど摂取比率変わりませんよね?


どういうことなんでしょう?


この厚生労働省のデータも、今回、春巻さんがコメントでご指摘されていたり、私の6月30日のブログ記事で書いたように、

「ほんまにこんな食生活してるやつおるんか?実際はもっと糖質漬けやぞ。」

っていうような内容ですからねぇ。


これ、今はもうページから消されてるんですが、


農林水産省の「食事バランスガイド」ホームページ中に、


「バランスよく食事をとるには?」


題して、「朝食の上手なとりかた」についての記述がありました。


2,ごはんとみそ汁だけの人

朝は、ごはんとみそ汁(主食と副菜)と香のものだけで簡単に済ませちゃうという人は、ごはんと相性の良い、納豆や生卵、干物などを一品加える だけで、栄養バランスがアップしますよ。

3,パンと目玉焼きだけの人
忙しいからと、パンと目玉焼き(主食と主菜)だけなんて人は、簡単なサラダや季節のくだものを加えることをおすすめです。

(農林水産省 望ましい食生活の実現に向けて~食生活指針と「食事バランスガイド」より転載)



読者の方も、糖質制限を実施するまでは、このような朝食ではありませんでしたか?


これなんか味噌汁や目玉焼き食べてるだけまだましで、私も私の周囲も、「お茶漬け」や「トーストにジャム」だけの朝食が殆んどでした。


農林水産省がこんなことをわざわざHPに書くということは、取りも直さず「ごはんとみそ汁だけの人」や「パンと目玉焼きだけの人」つまり、


「摂取エネルギーの殆んどが炭水化物になってる人がいかに多いか」


ということの、裏返し以外の何ものでもないと思うんですよ。


それなのに、何故だが「日本人は高脂肪・高カロリーになって糖尿病などの生活習慣病が増えた」に話が摩り替わっていて、医療業界が、相も変わらず「カロリー減らせ、脂肪を減らせ」となっているのは、な〜んかおかしいんじゃないかなと。


くどいようですが、自分とその周囲の食生活を3分見れば、それこそ何がおかしいか、気が付く思うのですが…。






糖質制限食 | コメント(2)
コメント
No title
おはようございます。
私の職場ではお素麺にデザートが果物。。。という糖質100%の時もあり、避けられないので、量を少なめにして頂いています。
職場の環境、状況的に自分の好みがいえない時は皆さんどうされておられますか?


不躾な質問で恐縮です。
Re: みかん さんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

せっかくなので、本文の方でご紹介させて頂いて、皆さんの意見をお聞きしてみましょう。

今しばしお時間くださいませ。

管理者のみに表示