FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

南仏ラングドックより、糖質制限ワインをお届けします。

2018年03月28日

きゅべ


これまで何度かご紹介させて頂いている、

キュヴェ モンタグ
http://www.toushitsuseigen.com/products/detail113.html


糖質制限スペインワイン、サーメンタムシリーズでお馴染みのクリストフ

コヤツですね。
ワイン7

が、

「大学時代に醸造学を専攻していた時の同級生がラングドックでワインを作っている、とても意欲的で新しいことにチャレンジしているので、糖質制限ワインを作らせてみようと思うけど興味あるか?」

とスペイン語で言っていたのを、通訳してもらったのが始まりでした(笑)

最初は、スペインワインを扱ってるから要らないと返事をしたのですが、「ラングドックは今素晴らしいワインを作っていて、同級生もその一人だ、一回作らせてサンプルを送るから血糖検査をして欲しい」と食い下がってきます。

このあとワインのマーケティングについて3時間あまり熱く語り続け、いい加減ウザくなって来た(笑)ので

、「ほな作りいや。その代わり血糖値上がったら扱わへんで」

と返事を通訳してもらいました。

待つこと数週間。

忘れた頃にフランスからサンプルが届きました。

早速、血糖測定検査をしたところ…


3本とも見事に合格してしまいました(笑)


「初めて作ってそないカンタンに糖質制限ワインてできひんて。どうせ失敗するし扱わんでええやろ」

と思っていたのですが、ところがどっこい。

流石に大学で「醸造学」を専攻した人物が作るだけあると妙に感心しましたね、はい。

ここからはアレヨアレヨと製造の準備が進み、販売と相成りました。

ワインに詳しい方ならご存知かと思いますが、この南仏ラングドックは、ブドウの栽培にとても適した気候で、豊富に収穫されるブドウから作ったデイリーワインの産地でした。大量に安いワインが作られることから、「ラングドック=安物」のレッテルが貼られてしまったそうです。

ところが、近年になって意欲的な新進気鋭の醸造家が集まるようになり、品質が目覚ましく向上、ボルドーにも負けないワインが作られるようになったことから、「フランスのニューワールド」と呼ばれるようになり、高品質ワインの産地となってるそうです。

ここまで全て受け売りです(笑)

クリストフの同級生もその一人だそうで、そんな意欲的な醸造家だからこそ、糖質制限ワインなんてものを作ってくれたんでしょう。


そのワイナリーの様子がこちら
クアトロ1


クリストフの友人、ミッシェルさんと奥様
クアトロ2


ご夫婦でワイン造りをされてます
クアトロ3


クリストフが熱く語っております(笑)
クアトロ4


一番下の娘ちゃん めっちゃ可愛い!
クアトロ5


で。

肝心の糖質と味の方ですが、味の方はBotanicaのスペシャルな糖質制限ランチと糖質制限スペインワインを楽しむ会でも書きましたように、小室先生、夏井先生も大絶賛されるくらいの完成度、夏井先生なんて会の後半はこのワインしか飲んでおられませんでしたから(笑)


糖質制限では、赤ワインはOK食材になっておりますが、以前に、某ホテルにてワインの検査をしたところ、そのホテルがお持ちの赤ワインが軒並み色が変わってしまったなんて笑えない話もあります。

買ってから尿糖紙つけたら色が変わったなんていった日は、やり場のない憤りを抱えつつ、全部捨てんとあきません。

その点、このキュベ・モンタグシリーズでしたら、心配するのは飲みすぎて二日酔いになるくらいで、その他は安心してお飲み頂けます。


新進気鋭の醸造家の思いと技術が詰まったフランス産糖質制限ワイン、是非一度お試しあれ。


詳細&お求めはコチラからどうぞ。
↓  ↓  ↓ 

きゅべ

キュヴェ モンタグ
http://www.toushitsuseigen.com/products/detail113.html

ご注文、スタッフ一同心よりお待ちしております。


コヤツも待ってます(笑)
寛ぐクリストフ

糖質制限食食材 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示