FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

糖質制限で肉の取り過ぎが心配・結びの一番

2018年02月28日
今日、「午前中は晴れて気温が上がり暖かくなるでしょう」なんて予報だったので、春物のシャツとニットのセーターを着て出勤しました。

職場に着く頃には、危うく凍死するところでした。

ドコが晴れて暖かやねん!

二度と天気予報なんか信じねーと、8万回目くらいの誓いを立てた、あらてつです。

けど、また騙されるんですよ、これが。

天気予報によると今晩から各地大荒れの天候らしいので、皆さんお気を付けくださいね。

さて。

本日の話題。

前回まで書いてた「糖質制限で肉の取り過ぎが心配」、結びの一番です。

「糖質制限して肉の摂取量が増えるので、外国産の肉や、ハム・ソーセージなどの加工肉は心配」

なんてコメントを頂いて考察してみましたが、正直なところ、気にし過ぎなんじゃないかと思います。

タバコを吸いながら、「界面活性外入りの歯磨きは危険だから使わない」って言ってるような感じですかね(笑)

傍からすれば、どっちも毒だろうって。

なんか分かりにくいので、もっと分かりやすい例えを。

糖質制限に取り組むと脂質の摂取が多くなるので、良質な油を摂りましょうと、これまで何度か油についてのお話を書いてきました。

リノール酸については、摂り過ぎが指摘されていて、確かにその通りだと思うので、気をつけるに越したことはないと思います。

トランス脂肪酸も、外国では禁止までされているのに、なんで日本では野放しなのか理解に苦しみます。

だがしかし。

あまりに細かいとこまで気にしすぎると、使える油が無くなってしまいますし、お金がいくらあっても足りません。

私が揚げ物するときにスーパーで売ってるサラダ油を使わないのは、リノール酸うんぬんが理由ではなくて、ラードの方が私の好みどおりに揚がるのと、サラダ油の作られ方が不自然だと思うから。

マーガリンを使わないのは、トランス脂肪酸よりも、マーガリンそのものが不自然で気味が悪いと思いますし、販売のされ方が欺瞞に溢れているから。

前回書いたハム・ソーセージを食べない理由も、添加物がどうこうよりも、肉買って食べる方が安いし美味しいと思うから。

お中元やお歳暮で頂ければ、感謝して美味しく頂戴しています(笑)

で、詰まるところ何が言いたいかと申しますと、あれこれ細かいところを心配する前に、一度、深く考えてみることが大切ですってことですね。

瑣末なことに囚われると、上記のタバコと歯磨きの話みたいに、本質を見失ってしまいますので。



糖質制限食 | コメント(2)
コメント
No title
本題とちょっと逸れますが、ホント天気予報当たらないですよね・・・。その天気予報さえ当たらないのに、世間では「温暖化がやばい!」ですよ。アホじゃないかなって思うことがあるんですw。

翌日の天気もロクに当てきらんくせ、よう未来のこと偉そうに「俺は正しいんだ!」って言えるよねってw。いやいや、そりゃ何十年という短いスケールで見たらそりゃ気温の傾きは大きく見えるかもしれんけど、何千年、何万年という大きなスケールで見たら傾きは小さいというか誤差範囲なんですよねえ・・・。ミランコビッチサイクルという概念もあるくらいですし。「長期的には」暖かくなったり、寒くなったりを繰り返して大体同じような振れ幅で動いているということですね。だから「短期的に」結果が取れてもそれが予測できないんです。

数学で例えますけど、極端な話、y=sinxという関数はx=0°~90°くらいの時は物凄く値が上がってるように見えますが、逆に90°~180°の時は物凄く値が下がっているように見えるんですよね。

気候変動もこのサインカーブと全く同じ原理です。短期的な傾向(例えば90°~180°の部分だけのデータ)が掴めたからといってそれを勝手に長期的傾向として適用してはいけないのは自明です。特に気候システムというかなり複雑な系においては。これを論じない人があまりにも多すぎて辟易しています。サインカーブと違って、気候変動の場合、変数が多すぎて誤差がドンドン出るのでより注意しないといけないんです(が、そのことを論じれる人がいません。よって、この業界の意見は学者だからといって絶対に鵜呑みにしてはいけません。まあどの業界でもホントは鵜呑みにしてはダメなのですがw)。

こういう「事実の過度の単純化」がなされまくっている業界なので、私は基本的にこういう「温暖化論」の話はすぐには信じません。温暖化は見方によってしているともしていないとも言えるからです。「時間」という変数を固定しない限り、議論は全く進展しません(むしろ懐疑派の一部の人のほうがなるほどと思うようなことを言ってると思います)。

環境科学部に入ったのですが、学部でも地学関連の講義は「懐疑派はアホだ」と言わんばかりの話ばっかりで一切信じなかったし、嫌いでしたねw。ただのあんなの政治的扇動、いわばアジテーションですw。科学なんかではないってず~っと思っていました。かなりのひねくれ者でしたからw。今もですがw。

語りすぎましたw。あらてつさんの怒りと同じようなことを環境科学部に入って感じていて「無知って怖いよね」と思わざるを得なかったです。心理療法系から英語とか地学とか化学に入っていった人間なので、「その思考はどうなの」と思うことがたくさんあります。ここらへんはちゃんと複数の著者の本を読んで、自分で調べて自分の頭で納得するしかないんですよね。

何が変数としてあるのか、何の変数を固定してグラフ化してるのか分からない人間もいますので、注意が必要ですね。あらてつさんは大丈夫だとは思いますが。
Re: kyouya さんへ
いつもコメントありがとうございます。

温暖化の件って、捕鯨と同じで論点がズレてヒステリックになってるような感がします。

もっと冷静に科学的な見地から議論すべきだと思うのですが…。

あと、温暖化してるしてない以前に、もうそろそろこの大量生産大量消費大量廃棄社会を見直すべきだと思うんですけどねぇ。

管理者のみに表示