FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

じゃあ、糖質制限のメリットは?

2018年02月16日
糖質制限の強い味方のバターにチーズ。

ヨーロッパやアメリカに行かれた方はご存知と思いますが、あちらはめっちゃ安いんですよ。

よくカットで売ってるチーズ1つの値段で、向こうなら1kg買えるくらいの勢いです。

もちろんバターも安いです。

安い上にいろんな種類があります。

日本みたいに無塩か有塩、あって発酵バターしかないなんてことありません。

そのバター、2008年からずっと不足状態が続き、エゲツない価格になってます。

日本のバターがアホほど高くて品薄なのは、言わずと知れた天下り組織、独立行政法人農畜産業振興機構の所為なんですが、それに対する反論記事を見つけました。

曰く、

「輸入を独占する独立行政法人農畜産業振興機構を解体すれば、この国で安定的に牛乳・乳製品が供給されてきた仕組み全体が破壊され、牛乳が市場から姿を消したり、国産のバターが生産されなくなったりするかもしれない」

いやいや。

10年もバター不足が続いてる時点で、安定供給されてきたとは言わんやろと思う、あらてつです。

アホほど高い乳製品を買わされてる消費者はそっちのけですね。

役人天国のお話はまた書くとして、本日の話題。

昨日の記事で、

「今まで通り食べたい、けど痩せたい」は都合良すぎます(笑)

努力を惜しんで望む結果は得られません。


と書いたんですが、こう書くと必ず

「食べる量を減らせば、糖質制限しなくても痩せますよね?」

なんて言われます。

その通りです(笑)

消費カロリーより摂取カロリーが少なければ痩せますので。

じゃあ、糖質制限をするメリットは?になるんですがその前に。

皆さん、糖質制限に対して、根本的な所から誤解されてます。

昨年くらいから“糖質制限”やら“糖質制限ダイエット”やらの言葉をあちこちで見るようになりましたが、そもそも糖質制限食は糖尿病治療の為に始まったものであって、ダイエットは二次的な効果に過ぎません。

雑誌やらネットで胡散臭い“糖質制限ダイエット”の記事を読んだ方によくあるのですが、「糖質制限さえすればどんなに食べても痩せる!」とか、それこそ「カロリー無制限で食べ放題!」なんて、煽り文句をそのまま鵜呑みにされてます。

普通に考えたら、そんな訳あるはずがないです。

昨日書いたリンゴダイエットの話と同じです。

糖尿病の治療の為に糖質制限食に取り組むなら、治療食と言った常識の範囲でカロリーは気にしなくてもいいです。

ですが、ダイエットが目的でしたら、摂取カロリーもちゃんと気にする必要があります。

因みに上記の“常識の範囲”ですが、カロリーは気にしなくてもいいですよと言ったら、それこそ一回で豚バラ肉500gとかミックスナッツ400g1缶全部とか食べちゃう方が多数おられます。

これは常識の範囲ではないと私は思います。

ここで冒頭に出て来た糖質制限のメリットなんですが、過去、糖質制限でダイエットされた読者の皆さんから

・カロリー制限してた頃よりも早く痩せる。
・短期間で痩せたのに肉割れしない
・皮膚が弛まない
・バストサイズが変わらない
・タンパク質・脂質がメインなので空腹感が少ない
・肌ツヤが良くなった
・髪の毛が太くなってコシがでてきた

などと言ったコメントを頂いてます。

あと、これは私の経験上なんですが、糖質制限食だと、2300kcalくらい食べてもだいたい1800kcalくらいの摂取エネルギー量になっている感覚があります。

それはナゼかと言いますと、タンパク質や脂質、特にタンパク質は摂取しても全てがエネルギーになるわけじゃないからなんですね。

簡単に説明すると、摂取したタンパク質は、身体を構成する細胞などの重要な栄養素として使われます。

なので、例えば500kcalのタンパク質を食べたところで500kcal全部エネルギーにはなりません。

しかも、タンパク質の消化吸収にその30%のエネルギーを使います。

分かりやすく云えば、100kcalのタンパク質だけを摂取した時は、その内30kcalが消化吸収の為に使われる訳です。

同一カロリーなら、糖質制限食の方が痩せやすい理由はここにあります。

なので、糖質を我慢する方よりこれらのメリットの方が良い!と判断された方は、糖質制限食を選べば良いと思うし、糖質が大好きで糖質制限なんてできない!と仰る方は、普通にカロリーを制限してダイエットされればいいと思います。

誰も糖質制限を強要しませんので(笑)

結局のところ、選ぶのはアナタです。

自分の頭で考えて、自分で選択しましょう。




ダイエット | コメント(2)
コメント
地中海料理について
あらてつさんこんばんは

「どうして痩せないの」、の連載ご苦労様です。
毎回楽しみに拝見しました。

今回の「じゃあ、糖質制限のメリットは?」についいてコメントさせていただきます。

料理人の立場からすれば、バターが買えない、買えても、一回〇個まで等制限付きなど、とても理解ができないことだらけです。
そしてあらてつさんのおっしゃる通りとても高いですね。

世界的にはダイエット食として次の食事が推奨されているようです

・糖質制限食
・地中海料理
・カロリー制限食


特に注目すべきは地中海料理です。
オリーブオイルやトマト、にんにく、玉ねぎ、野草・ハーブ、チーズ、牛・豚肉その他、子羊、子山羊などの肉も使います。
それに必ず大量のパスタ、とパンが添えられます。
そしてワイン。

日本人では考えられないほどのカロリーです。
そして若い人を除き、みなメタボです。

やはり、糖質制限食を除き、ダイエット食とするには「地中海料理」を含めカロリー制限が必要だと思います。
Re: オスティナート さんへ
いつもコメントありがとうございます。
お返事遅くなって申し訳ございません。

バター不足の件、誰がどう考えても天下り天国の独立行政法人農畜産業振興機構の所為ですよ。

なんで天下りんの給与と退職金の為にアホほど高いバターを買わされなあかんねんと思います。


で、ダイエットの件、本文にも書きましたが、「痩せたいけど今まで通り腹いっぱい食べたい」なんてのは、基本的な考えから間違っています。

好き放題食べて痩せるわけなかろうと(笑)

そこを理解できない方が多いですよねぇ。。。






管理者のみに表示