FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

どうして痩せないの?倹約遺伝子のお話

2018年02月05日
寒いですね。

また寒波が来てるそうです。

職場の水道管、凍結したみたいで水が出ません。

今回、数年に一度の強烈な寒波らしいです。

先月19日から来た寒波も、その後24日から来た寒波も、昨年12月13日に来た寒波も、「数年に一度レベルの強烈な寒波」って言ってました。

数年に一度の強烈な寒波って、1シーズンに4回も来るんですね。

随分安い「数年に一度」だと思った、あらてつです。

次は数十年に一度に変わるかもですね。

まあ、天気予報がいい加減なのは今に始まったことじゃないんで今日の話題。

書いてる本人がこんなに続くとは思ってなかったんで、もはやドコまで何を書いたか定かではないですが、たぶん次はこの話じゃなかったかなと思われるコチラ。

↓  ↓  ↓

5、倹約遺伝子の持ち主


私どのも会社のある京都に島原病院という病院がありまして、そこの肥満・糖尿病センターでセンター長をされておられる吉田俊秀 (よしだとしひで)ドクター。

テレビに出られたり本を書かれたりされてるので、ご存知の方も多いかと思います。

ここから先はうろ覚えなのですが、吉田先生が書かれた本を読んでたら基礎代謝の話が出ていて、肥満外来の患者さんで、基礎代謝に大きな差があると書いてありました。

女性患者さんの場合、低い方で600kcal、高い方で2400kcalと、平均値の1200kcalと比べると、かなり上下しています。

そこで、患者さんを調べたところ、何割かの患者さんから、ネイティブアメリカンのピマ族の方から見つかった変異遺伝子と同じものが見つかったそうです。

この変異遺伝子の持っていると、持っていない人に比べ、基礎代謝が1日当たり200kcalも低くなるとのこと。

つまりは他の方と同じ量を食べても、消費するエネルギーが少ないので太りやすいという訳です。

なので、「糖質制限してるのに痩せない」と仰る方の中には、この変異遺伝子を持っている方がおられる可能性はありますね。



<はたして終わるのか?>




ダイエット | コメント(8)
コメント
倹約遺伝子の他にも・・・
基礎栄養学のテキストに倹約遺伝子ってしっかり載ってましたw。やってたのに完全に存在を忘れていましたw。

レプチン抵抗性とかも関連しそうですね。摂食抑制因子の阻害によって、食欲が抑えられなくなるというのもあるでしょうし、いろいろな要因がありそうですね。遺伝的な要因も絡んでくるでしょうし、生物の話は変数が超多くてかなり複雑ですよね・・・。

あらてつさんはこういうような生物の話をどんな情報源から学んでいますか?ちょっと気になります。私はネットからもありますが、大体は本から学んでいます。勉強不足なので、全然理解と知識がバラバラな感じなんですが、これからも学ばせてください(懇願)。
Re: kyouya さんへ
いつもコメントありがとうございます。

こういう話は、ほとんど聞き齧りです(笑)

倹約遺伝子に関しては、以前読んだ本に書いてあったのを思い出して、本が行方不明なのでネットで調べてみました(笑)

なので、「学ばせてください」だなんて言って頂ける程の知識も掘り下げもないんですよ〜。

ごめんなさいm(_ _)m

糖質制限ドットコムさんのとこと、江部先生や高雄病院の先生方交えて定期的に勉強会とかはやらないんでしょうか?
勉強会の後カフェハルディンさんで食事会などの交流などは?
縁起でも無いことかも知れませんが、何が起こるか解らないのが日常でもし江部先生が退かれた後、高雄病院の先生で糖質制限を受け継いで
講演など推進協会に尽力してくれる先生方はいるのでしょうか?
江部先生のお膝元で糖質制限を推進してくれる先生が育っているのか気になります。

Re: 猛虎 さんへ
コメントありがとうございます。

以前は、講演会や食事会など企画しておりましたが、しばらく開催できておりません。

食事会などは、また復活させたいなと考えております。

糖質制限医は育っていますか?
返信ありがとうございます。
最近も江部先生のブログのコメント欄で、江部診療所に通院されて他の先生に診てもらってる方が質問されていたり、過去にも高雄病院通院者で主治医が違う方が江部先生に質問し、最後は江部先生も主治医に相談して下さいと締めくくっていました。
糖質制限をしている患者さんを診れる方は、実質江部先生だけなのかなと感じたり…。
あらてつさんが主治医に質問して、其れについては当院で他の詳しい先生がいるからSNSで質問してみてなんて応えられたら困惑しませんか?また、患者さん自身がSNSで質問しなきゃいけない状況に陥ったり、あらてつさんなら、主治医の勉強不足だ!って怒る気がします…。

心ちゃんが、論文発表で協力をしてくれ謝辞を述べていた医師に江部先生と宗本先生とありました。
江部先生のブログでもこの先生の名前を見たような記憶があります。
高雄病院の宗本先生という方が講演会にも参加したり、糖質制限ドットコムさんの監修にも参加されるということで理解してよいのでしょうか?
昨日あらてつさんのブログ更新前にコメントを送信したのですが、表示されないようです。
もしかしてコメントは届いていないのでしょうか?
Re: 糖質制限医は育っていますか?
お返事遅くなって申し訳ございません。

済みません、件のコメントを読んでいないのでよく分からないのですが、

>高雄病院通院者で主治医が違う方が江部先生に質問し、最後は江部先生も主治医に相談して下さいと締めくくっていました。

ということは、江部先生が主治医ではないんですよね???

となると、江部先生は実際に主治医に相談してくださいと返答してしているわけで、

>主治医に質問して、其れについては当院で他の詳しい先生がいるからSNSで質問してみてなんて応えられたら困惑しませんか?

と言う話にならないと思うのですが…。

あと、宗本先生が講演会に参加されるかは分かりません。

監修に参加の話もないです。








はじまめして。
糖質制限ダイエットで検索してたどり着きました。

質問させてください。

ネットで肥満遺伝子検査ダイエットというものを見つけました。

肥満遺伝子のことが書いてありますが、糖質制限と何か関係あるのでしょうか?

この肥満遺伝子ダイエットは、効果あるのでしょうか?

管理者のみに表示