10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

今年もやって来ました、糖質制限生チョコレート、ショコラ・ドゥ・ゼロ

2017年11月02日
新ゼロ

ショコラ・ドゥ・ゼロ
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail74.html


毎年、11月から3月までの期間限定で販売させて頂いてます、ノンシュガー生チョコレート、ショコラ・ドゥ・ゼロ、お陰様で毎回大好評のうちに販売を終了させて頂いております。

今年も猛暑で、10月半ばまで「このまま涼しくならんのちゃうか?」と思いきや、台風一過、季節は一気に進んでくれました。

そんなこんなで、さあ、皆さん、大変お待たせ致しました。待ちに待ったノンシュガー生チョコレート、ショコラ・ドゥ・ゼロ、今年も11月から4月末までの期間限定で、いよいよ販売開始です。

このノンシュガー生チョコレート、ショコラ・ドゥ・ゼロを作るにあたり、京都は西院にありますスイーツの名店、「菓子職人」の稲井オーナーシェフ、スイスのメーカーに原料のカカオマスから特注されたんですね。

んで、その最上級のカカオマスに、これまた北海道産の最高級生クリームを、これでもかこれでもかと使用、その結果、マジで、口に入れた瞬間、「すぅ~」っと解けるくらい、滑らかな生チョコになりました。

しかも、滑らかなだけじゃなく、ショコラ・ドゥ・ゼロの最大の特徴は、砂糖をいっさい使ってないのに、極上の甘さを実現したんですね。

ここ強調しときますけど、普通の甘さじゃないですよ、極上の甘さですよ(笑)

その秘密ですが、菓子職人・稲井シェフが特注された「羅漢果エキス」を使っているからなんです。

そもそも羅漢果の甘味成分は、砂糖の300倍の甘さがあるといわれてまして、黒糖に似た上品な甘さがあります。その味わいが、生チョコレートに必要な深みのある甘さを実現してくれます。

ちなみに、この羅漢果の甘み成分ですが、「Mongroside V」などのククルビタン型トリテルペン配糖体と呼ばれる食物繊維なんですね。

トリテルペン配糖体は、小腸で吸収されることなく大腸まで達するため、食物繊維の一つに分類されます。この種の食物繊維は、小腸で吸収されずに排泄され、ほとんど体内でエネルギーにならないといわれています。

なので、糖質制限生チョコレートにもってこいなのです、が。

一昨年から羅漢果が入手困難になり、混ぜ物したくらいならまだましで、中には砂糖100%なんてニセモノが出回る始末。

肝心の甘味料が手に入らないと、ショコラ・ドゥ・ゼロが販売できません。

そこで菓子職人・稲井シェフ、本物が手に入らないなら作ってしまえと、メーカーさんと協同で、羅漢果から甘味成分を抽出した甘味料を日本での製造に成功!

その羅漢果エキス使用することで、糖質をとことん減らしながらも、濃厚かつ上品な甘さを実現されました。

甘味料から特注でリニューアルした「ショコラ・ドゥ・ゼロ」、口にした瞬間、絹のようにすうーととけ、濃厚なカカオの香りとほろ苦さ、そして深く濃厚な甘みが口いっぱいに広がります。

毎年この季節を心待ちにしてくださる皆さん、今すぐ糖質制限ドットコムのホームページをチェックしてくださいね~。

ショコラドゼロ


ショコラ・ドゥ・ゼロ
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail74.html


あ、最後にご注意を。

ノンシュガー生チョコレート、ショコラ・ドゥ・ゼロは、そのとろけるような口どけが特徴です。なので、常温で置かれますと、すぐに溶けてしまうのでご注意くださいね。必ず冷蔵庫にて保存のうえ、なるべく早くお召上がり下さいませ。



お知らせ | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示