09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

糖質制限を止めればリバウンドする!は本当か?

2017年09月28日
最近、近所のカフェによく行きます。

朝の7時から開いてるので、朝起きて掃除して洗濯干してカフェ行って珈琲飲んで出勤、なんてことが可能です。

朝イチの誰もいないカフェで珈琲を飲みながら、小さな幸せを感じている、あらてつです。

でね。

そのカフェに置いてあった雑誌に

「糖質制限ダイエットはリバウンドする!」

なんて事が書いてあったんですわ。

これ、糖質制限に反対する人達がが言ってますよね。

「糖質制限ダイエットはリバウンドするからやっちゃダメ!」

なんて。

で、この雑誌の記事を読んでみると、論調は、

「糖質制限ダイエットで痩せても、制限を止めて糖質を取ればリバウンドする」

とのこと。

いやいや。

なんぼ痩せたからって、そらダイエット前と同じように食べとったら、太るに決まってるやん。

もしかして、一回痩せたら後はどんなけ食うても太らへんって思てんのか?

そんなん糖質制限やのうてもありえへんやろ

糖質制限以外のダイエットで痩せても、やせる前と同じ量食うとったら太ります。

自分の抑制の出来なさ加減を糖質制限のせいにすなっ

いろんなダイエットを試して痩せたからって、その後、元の食生活に戻して体重まで元に戻ってしまったなんて話、よく聞きます。

太っていたのは、消費する以上に食べていたから。

そんな食事に戻れば太るに決まってます。

ちゃんと節制してれば戻りません。

糖質制限でリバウンドしたんじゃなくて、元の食べ過ぎの生活に戻ったからまた太ったんです。

糖質制限食だろうがカロリー制限食だろうが、止めてリバウンドするのは、その方法が原因なのではなくて自分が原因です。

それを糖質制限が悪いだの何だの、自分以外の所為にしたり言い訳しだすと、ダイエットなんてできません。

もう一度言います(書きます?)

リバウンドするのは、糖質制限の所為ではありません。

取り組む人の意志が原因です。



ダイエット | コメント(6)
コメント
糖質制限食は普通の食事
まだ糖質制限食が痩せたい人や病気の人が食べる
特別な食事だと思われているのでは?
最初が間違っていると結論も
とんちんかんになっちゃいますね。
糖質制限だって
あらてつさんこんちには!

糖質制限だって必要以上に取れば太りますもんね。

なんでも、自分は悪くない。他のせい。

そういう人が多すぎて困りますね( ; ; )
糖質制限の効果を実感
いつもお世話になっております。あらてつさんの言う通りですよね。

糖質制限が効果がないんじゃない。糖質制限という言葉だけ理解したつもりになって、「体で」実感していないから効果がないんです。グルメで、食べ物の写真だけ見て、味の良さを実感することはできないように。何か、おかしいと思うんですよね・・・。

私の場合、米類とかパン類を食べるとお腹が急激に張って動けなくなるほどの苦痛を味わっていたということに気づけました(病院のアローゼンって薬が全然合わなくて、酸化マグネシウムの薬を自分で買いましたが、こっちのほうがかなり効きましたw。米を取らないと便秘になるって言われてるけど、あれも嘘っぱちです。正しくは「米を適切な量取らないと便秘になりやすくなる」です。「なる」という断定表現では誤解がありますし、いくら取ってもいいわけなんてありません)。

不思議なことに、米とか野菜とかのほうが肉、魚、卵より消化に悪いというのはなぜか知られていないんですよね汗。「お粥、うどんが消化にいい」ってそれは「イメージ」であって、「実験的に得られた、理論で導きだした結果」ではないんですよね。

草食動物の消化管のほうが、肉食動物の消化管よりだいぶ長いというのは有名ですね。よく思ったら飲み過ぎか何かで吐いたときに麺が出てくることは腐るほどありましたが、肉が出てきたことって普通ないですもんね・・・。ペプシンの影響だと思うのですが(タンパク質は胃で既にある程度分解を受けますので。炭水化物は小腸に来てやっと本格的に分解です)。

だから、米とかをがっつり食べたときに吐き気がするのも何となく分かった気がします(人間は意外とライオンとかの消化器の長さに近いですし。もともと大量の植物を消化できるような構造ではないんですね)。

自分の場合、炭水化物不耐症みたいな感じかもしれません。それならそれで自分のできるようなことをやっていきたいと思いました。1食糖質をほとんど取らないで、もう1食は糖質をちょっと取ってみるということをしてみると、意外とかつてみたいな「腹部膨満感」が消えて、便秘ぽくなくなったので、これが合ってるのだと思います。

そういういろいろな「実験」をサボってる人が「糖質制限は危険」とかほざいてるのだろうなって思いましたね。そりゃ、見ただけで応用しなかったらただのアホですたいって思うんですよね・・・。なぜ、こういう当たり前の理屈がお分かりにならないのか、理解に苦しみますね汗。

言葉は汚くなりましたが、1人でも多くの人に糖質制限の可能性が伝わればと思いますね。あまりうまくまとめられませんでしたが、あらてつさんのブログでちょっとずつ学んでいきたいなと思います。
Re: けんた さんへ
コメントありがとうございます。
お返事が大変遅くなり申し訳ございません。

>最初が間違っていると結論もとんちんかんになっちゃいますね。

これ、正しく仰る通りだと思います。

以前に、日本人は何でも道にしたがるなんて書いたことありますが、それと一緒で何でも特別にしたがる変なクセ(?)がありますね。

糖質制限ゆうても、単なる食事のひとつなんですけどねぇ。



Re: 山田 さんへ
コメントありがとうございます。
お返事大変遅くなり申し訳ございません。

>なんでも、自分は悪くない。他のせい。

>そういう人が多すぎて困りますね( ; ; )

ほんまにそう思います。

ネズミ算式に増えてる気がします。

確かに、こんな親が2人子ども育てたら、かなりの確率で子どももそうなりますよね。

いつから日本はこんなになっちゃったんでしょうね…。



Re: kyouya さんへ
いつもコメントありがとうございます。
お返事が遅くなり申し訳ございません。

今回頂いたコメント、また本文でご紹介させて頂きますね。

管理者のみに表示