07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

一晩中考え事してたら低血糖になっちゃうんですかね。

2017年07月26日
不定期に訪れる“不眠のツボ”

現在、不眠周期に陥っているみたいで、見事なくらい眠れません。

以前、“夢民”と書いてムーミンなどとしょうもないことを書いた記憶がありますが、“不眠”の場合は、“フーミン”なんでしょうか。

いや、眠れない人だから、“不眠人”で“ふみんちゅ”?

眠れない夜にひたすらアホな事を考えていた、あらてつです。

作ったらどなたか買ってください(笑)

で。

今日は、考え事をすると使うであろう脳味噌のお話。

巷間良く言われている、

「脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖」

相変わらず、ドコかの有名栄養大学の教授が雑誌に書いていました。

「脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖」

もはやカルト宗教の信仰と変わらんレベルの話です。

「脳は血液・脳関門といわれる検問所で厳しいチェックを行い、エネルギー栄養素としてはブドウ糖以外のものを通しません。」

などと書いてるサイトもありましたが、書く前にもうちょい調べろよと言いたくなります。

どれだけ不勉強なことが書いてあるかは、「脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖」で検索してもらえば、この手の話が山盛り出てくるので、ここでは触れませんが、これを読んでちょいと疑問に思ったことが。

例えば。

何年か前、東海大学の「運動と血糖値について」の研究があり、コーディーネーターとしてお手伝いさせて頂きました。

糖質制限食とカロリー制限食それぞれを摂取した後、30分の運動をして食後血糖値を測るというものでした。

で、この研究で、「食後30分に30分の運動」しても、某日本糖尿病学会が主張するほどの効果がないことが分かりました。

あ、誤解の無いように補足しますね。

・基礎分泌インスリンがある一定以上不足している段階の糖尿病患者には、運動療法の効果がほとんどない。
・BMI25以上の糖尿病患者も、運動効果はほとんど期待できない。

でした。

この研究にご協力頂いた患者様で、太っておらず普段からコントロールが良好でインスリンの基礎分泌がある程度残っておられる方は、「食後30分に30分の運動」で十分な効果が出ました。

で、ここで疑問。

「脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖」

と主張するサイトに、これとセットで書かれているのが、

「脳は人間の臓器の中で、一番エネルギーを使う」

です。

これの二つが本当なら、糖質食べて食後30分に勉強でもすれば、血糖値が下がるハズじゃないですかね?

とあるサイトには、「基礎代謝の20%のエネルギーは脳が消費している」と書いてありました。

仮に、基礎代謝が1200kcalだとすると、その20%だと240kcal、糖質に換算すると60gの糖になります。

基礎代謝でこれだけ消費するなら、勉強でもして脳味噌使えば、もっと消費エネルギーが多くなるはず。

であれば、糖質摂っても食後に勉強すれば、「人間の臓器の中で一番エネルギーを使う脳が唯一のエネルギーである糖を大量に使う」ので、食後高血糖は起こらない、いや起こったらオカシイですよね。

ですが、私の知る限り、スポーツやってて低血糖やら糖が枯渇して動けなくなったって話は聞いたこと&見たことありますが、受験生が一日中猛勉強して低血糖で倒れたとか、勉強中に糖が枯渇して脳の機能が停止して死んでしまった、なんて話、聞いた事ありません。

そも、糖の体内の備蓄なんて250g程度しかありません。

そんなものを唯一のエネルギーにしてたら、受験生のほとんどは勉強中に死んでしまうんじゃないですかね。

なんかオカシイって、3秒考えたら分かる話なのですが、わからんちんが多いです。

もしかして、「脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖」でないと困るのでしょうか。

で、「脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖」「脳は人間の臓器の中で、一番エネルギーを使う」と糖質制限に反対されてる方々に提案。

糖質食べて勉強して、どれだけ食後血糖値が下がるのか、実験してみてください。

そんな結果があれば、コメントお願いします。

若しくは、一晩中“ふみんちゅ”Tシャツのデザインを考えて血糖測定してみるとかでもいいですね(笑)







糖質制限食 | コメント(2)
コメント
ヤブ医者に殺されないために
変な医者多いですからねw。血液脳関門を通れるのは「ブドウ糖とケトン体と脂肪酸」なんですよね。厳密に言うと、「脂肪酸は通れるけど、エネルギーとしては利用できない」構造になっています。よって、エネルギー源として使えるのは「ブドウ糖とケトン体」の2つですね。どこの情報を参照して「ブドウ糖だけ」って言ってるのやら・・・。

まさしく、「我こそは神」ですよ。新興宗教じゃないんだからさとツッコミを入れたいですねw。疑うことを忘れると学問ではなくなってしまいます。彼らは自分の理解・知識量を遥かに超えた記述などを目にすることがないんでしょうね。自分こそが絶対的に正しいと思ってるからw。「自分こそは神」というトンデモな妄想を一回木っ端微塵に砕かれた経験がない人というのは、何か甘いんですよね。全てにおいて。

こんなことをいつも考えているので、「俺たち素人なんやし、専門家に任せとけばいいんや」って言う人のことがどうも気に食わないんですよねえ・・・。弁護士でも、言葉は悪いですが、「へったくそ」な裁判しかできない無能もいますし、医者だってそうです。社会に出ている人ってホントに上から下までたくさんいるわけです。自分自身が勉強してないと、不勉強な人間の言うデタラメに騙されて当然なんですよね。

だからこそなんですが、知識・理解というのはゼロよりかは1でも2でもあったほうがいいと思っています。ゼロを1にするのが一番大変なんですから汗。実は1を2にするのは意外と難しくないんです。最初に立ちはだかる「記号・暗号読解」みたいな作業が一番苦しいんです。最初は「I eat natto every day.」みたいなクッソ簡単な英文でも「なんじゃこの記号は!?」って感じですからね。結局、どの学問領域でもそれは同じです。ゼロから1にするのが一番の難関だと思います。そこをサボってきた連中はやっぱり1を2にすることもできないんですよ。きっと。

ヤブ医者に殺されない為に何ができるか。私達一般人1人1人が自分の胸に手を当てて問いかけなければならない岐路に立たされているのではないでしょうか。

職業は目標というか手段であって、夢、つまり最終目的地ではない。簡単に叶えられることを目的にしてはいけないと強く感じました。「○○になる」は目標であって、目的じゃない。夢はもっと、目に見えない抽象的なものであって、心の奥底にきらめくダイヤモンドの原石のような、そんな熱い信念だと考えています。目標と目的をごっちゃにする人間にはついていきたくないですし、そういう人間にはなりたくないですね汗。目標はあくまで通過点にすぎない。ゴールは無限遠方に設定するものだと思います。

一生かかっても全学問領域を学びきることはできませんが、いろんな学問の奥深さに浸ってゆきたいです。There is no royal road to learning!学問に近道や魔法なんかない。変な甘い言葉に騙されずに、基礎から着実にごまかしなく理解していきたいです。自分の体のことは自分で守るよう覚悟しないといけないですね。

相変わらずの超長文すみません(;´・ω・)。あらてつさんの文章の熱に押され、私もつい熱く語ってみましたw。文章の構成能力がなくて、ホントすっちゃかめっちゃかしていますが、読みにくかったらすみません汗。
Re: kyouya さんへ
いつもコメントありがとうございます。

文章の構成能力がないなんてとんでもないですよ〜。

私なんかよりもよっぽどちゃんとした文章書かれてますので(笑)

で。

詰まるところ、何事も「無知の知」に尽きると思うんですよ。


「自分の理解・知識量を遥かに超えた」


ことなんて山盛りありますが、そのことに全く気がついてないというか思いが寄らないんでしょうね。


医者や弁護士なんかの「専門家」こそ、「無知の知」を知るべきだと思うんですけどねぇ。







管理者のみに表示