10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ナッツを食べるべきかチョコを食べるべきか?

2017年06月12日
そこそこの交通量があるなかでも、車間距離を思いっきりあけてタラタラ走っている車がいます。

もうちょい早く行けやと思いながら後ろを走っていると、信号が黄色から赤に。

だがしかし。

こういう輩は例外なく、前方の信号が赤になっても止まらずにそのまま進んでいきます。

後ろについた私から後ろは、イライラしながら交差点に取り残されるハメに…。

円滑な交通の流れってもんがあります。

チンタラ走るのと安全運転は違います。

こんな連中の運転は、本人は安全運転のつもりかも知れませんが、単なる自己中です。

今朝、私の前を走っていた車は、さらにGoing My Wayでした。

信号どころか、踏切で遮断機が降りてきているにも関わらず、そのままのスピードで突っ込んで行きました。

「誰がこんなヤツに免許渡した!責任者出てこい!」

ココロの叫びが虚しく遮断機の音にかき消された、あらてつです。

ホンマに意味が分からん…。

交通ネタは尽きないですが、気を取り直して本日の話題。

読者のRMさんより、糖質のとらえ方についてご質問頂きました。

『糖質のとらえ方

始めまして、いつもブログ拝見して勉強したり笑ったり、励まされている者です。

少し前に根菜の糖質に関する記事がありましたが、私の常々の悩み疑問にアドバイスください。

糖質制限(スーパーをしている方からすると緩めかも)を始めて以降、いくら低糖質を謳っていても「砂糖」の入ったおやつは避けています。(一旦許してしまうと際限なく食べてしまう・中毒症が戻ってしまうのが怖いので。)

ところが時にミックスナッツが美味しくてポリポリポリポリ食べてしまい、、例えばその結果糖質5g摂取したとします。

私が以前好んで食べていた市販のカカオ88%のダークチョコ(砂糖入り)は個包装の一枚が糖質1g、5枚食べて5g。

この場合トータルの糖質料は一緒ですが、どうとらえれば良いでしょうか?

GIでいうとナッツの方が低そうです。食後血糖値を測れれば一発で分かるのでしょうが、測定器は持っていません。

時折健康的なスナックを食べ過ぎてしまい「じゃあこのチョコを美味しく幸せに2-3枚食べてた方が良かったんじゃない??」と疑問に思ってしまうのです。

くだらない質問ですいませんが、あらてつさんの見解をお聞かせいただけたら幸いです。』



RMさん、コメントありがとうございます。
こちらの方こそはじめまして。
いつもブログをお読み頂いているとのこと、重ねてお礼申し上げます。

で、今回のご質問ですが、全然くだらないことないですよ〜。

むしろ、皆さんけっこう気にされて、時折ご質問頂きますので。

では、早速ですが本題に。

結論から言いますと、

「チョコを美味しく幸せに2-3枚食べてた方が良い」

と私も思います(笑)

糖質制限は修行じゃないんですから、どっかで気を抜かないと。

GIがどうとかも、厳密に言えば血糖値に影響もあるでしょうけど、そんなことばっかり気にしてたら、続くもんも続かなくなります。

以下は、ちょっと極端な例ですが、糖質制限では、

「1回の食事の糖質量を20g以下に抑えましょう。」

としています。

これは、食後血糖値をなるべく160mg/dl 以下に抑える為ですが、究極、200gのステーキ1枚食べて、食後に糖質20g分のケーキ食べるのもアリか思うんですよ。

そりゃ、毎回毎回こんな食事してたらダメですよ。

歯止めが効かなくなりますから(笑)

でも、たまにこんな感じで甘いもの食べて息抜きすることで、またちゃんと糖質制限を続けられるなら、この方が精神衛生上も良いのではないかなと。

これまで何度か書いてますが、糖質制限は続けてこそ意味があります。

ストイックにやり過ぎて破綻した方、これまで山盛り見て来ました。

許容範囲内でたまにチョコ食べて気分転換して、それで糖質制限を続けられてるならその方が良いに決まってます。

という訳でRMさん、美味しく幸せにチョコを食べながら、「美味しく楽しく」糖質制限を続けてくださいね。

では、また何かお悩みが出てきたら、お気軽にコメント入れてくださいね〜。



糖質制限食 | コメント(4)
コメント
ガッテン
あらてつさん
アドバイスありがとうございます!
私は現段階で病気があっての糖質制限ではありませんので、お言葉通り精神衛生上の健康も大切に大事にしていきたいと思います!!
最近ローストナッツで美味しいのを見つけてしまい、止まらなくて、、、結局糖質量はそれなりになるし、お値段も高いし・・・。
基本楽しんで糖質制限していますが、このナッツの件だけがいろんな意味で罪悪感を感じてしまうので、割り切るとことは割り切って上手にコントロールしていきたいと思います。
早朝空腹時血糖について
あらてつさん、はじめまして。
HbA1cが5.9%になり、危機感を感じて、スーパー糖質制限を始めて1ヶ月半のココと申します。

チョコとナッツの記事、私も同じようなことを感じていたので、興味深く見させていただきました。たまには糖質を抑えたスイーツで息抜きも大事ですよね♪

さて、一つ気になることがあって、質問させていただきたいのですが。過去に同じようなものがありましたらすみません。

早朝空腹時血糖値についてです。
糖質制限を始めた頃、何度か測ったのですが、78、83、85などでした。このくらいなのだなと目星が付いたので、しばらく測らずにいて、最近何度か測ると、103、97、95などと、 一応正常範囲ではありますが、上がっている状況です。

ちなみに、糖質制限を始めた頃は、カロリー確保のために(当方、痩せ型で、一度にたくさん食べられません)、寝る前に無糖ヨーグルトを食べたりしていました。
最近はペースも掴めてきたので、18時頃開始の夕食の後は何も食べずに就寝しています。

寝る前の血糖値109、翌朝107のようなこともあったので、暁現象はなさそうです。

ちなみに、食後2時間値は100〜110台です。

以前は寝る前のヨーグルトのせいでインスリンが分泌され、早朝の血糖値に影響していたのでしょうか?
自分的には早朝空腹時血糖値は80台くらいに下げたいなと(90台はともかく、100台は高いかなと)思っているのですが、スーパー糖質制限で血糖値の変動幅がないのでこのままで問題ないのでしょうか?

今後、妊娠も希望しているので、そうなると、早朝空腹時が95を超えるのはマズイな、というのも大きいです。

アドバイスなどありましたら、よろしくお願いします。
ご褒美も大事ですね
あらてつさんの今回の話よく分かります。

私も、一応、甘いものはちょくちょく食べてはいますが、原材料がまともそうな新商品だけ買うとかマイルールがある程度あるので、大丈夫ですね。ホントにおいしい奴だけを買いたいというこだわりがあるので。あまりストイックすぎても何事もうまく行きませんしね。

私の場合、大好きだったカステラを久々に買ってみて食べたときの第一印象は「まずっ!」でしたねw。カステラってただの砂糖と油のカタマリじゃんwって思ってしまいましたw。口の中くっそベタベタするし、やばかったです(いろんな意味で)。なぜ好きだったんだろう・・・?

やっぱり私はカステラよりも、日本酒、キャロットジュース、刺身、サバ缶などのほうが好きですw。ちょっと甘いかな~、くどくはないかな~くらいの味が一番好きになりました。カステラだと甘いうえにくどいんですよね・・・。たまに美味しいお菓子を食べて精神面の健康も保ちながら、うまく抑制して身体面の健康を保つ。結局は何事も「バランス」に尽きるのだなとしみじみ実感しました。「過ぎたるは及ばざるが如し」という先人の教えは今にも生きますね。

話は全く変わりますが、いつもお世話になっている医師の先生に
「勉強量が凄まじいですね。害がない薬を瞬時に進められるなんて。先生のおかげで幅広くいろんなことを勉強しようと思えるようになりました」
と言ったんですね。

そしたら、
「ありがとうございます。医者って勉強しているって思うでしょ。あんなの嘘ですよ。口先だけはうまい人ばっかりですけどね」
って返していて、この人はホントに信頼できるなって思いました。確かに変な医者いますもんね・・・。本音で話ができるってけっこう大事なことだと思います。

できる人ほど「自分こそ」と思っていない。自分がいかに不完全でデタラメをやらかすかよく理解している。「ひょっとしたら自分のここに漏れがあるのではないか」といつも謙虚になり、穴を潰すという作業をサラッとやってのけられるんですよね。その次元になれるように頑張りたいと思いました。悩み相談、進路の話とかにも乗ってくれてホントに素敵な先生です。ああいう医師に出会えてよかったって思っています。

あらてつさんにも出会えてよかったです。あらてつさんに出会わなかったら、一生砂糖の奴隷になっていたのではないかと思うとちょっとゾクゾクします汗。糖質制限の機構も一応、生化学、医学の学習サイトを参考に自分なりにまとめられて、理解できましたし、また知識が増えました。アミノ酸からもグルコース作れるんやで!そっからエネルギー取りだせるんやで!と声を大にして言いたいです(それでも聞く耳を持たない糖質信者にはもうどうしようもないですがね・・・)。

毎回毎回超長文ですみません。語りたいことだらけでこうなっちゃいましたw。
Re: kyouya さんへ
いつもコメントありがとうございます。

>大好きだったカステラを久々に買ってみて食べたときの第一印象は「まずっ!」でした

これ、わかります。

以前は好きだったのに、なんで???ってなる食べ物、けっこうあります。

私の糖質制限の師匠のM本先生も、同じようなことを仰ってました。

糖質制限で味覚が鋭敏になるみたいですね。

>たまに美味しいお菓子を食べて精神面の健康も保ちながら、うまく抑制して身体面の健康を保つ。


これは仰る通りだと思います。

桐山秀樹先生仰るところの「給水ポイント」ですね。

ですが、なかなかできない方が多いのが何とも…。

あと、お医者さんの件ですが、私の知ってる範囲では、不勉強な方の方が多いです(笑)

以前にもkyouya さんから頂いたコチラの記事

診断できない医者のお話
http://ktkky.blog94.fc2.com/blog-entry-2159.html

に書いた通りですね。


そんな中、kyouyaさんは良いドクターとお知り合いになられたと思います。

一生の師になって頂けそうな方ですね。


>できる人ほど「自分こそ」と思っていない。自分がいかに不完全でデタラメをやらかすかよく理解している。「ひょっとしたら自分のここに漏れがあるのではないか」といつも謙虚になり、穴を潰すという作業をサラッとやってのけられる


この言葉も、言って聞かせてやりたいお医者さん、山盛り居ますよ(笑)

まあ、そんな連中に限って、言ったところで理解すらできませんけど。












管理者のみに表示