08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

お家de簡単♪糖質制限 ミックス粉でふんわりしたパンを焼くには…に、読者の方からアドバイスを頂きました。

2017年02月10日
夜半から大雪になるとの予報だったので、今朝は、積もっているのを覚悟してカーテンを開けたのですが、幸い車の屋根にうっすら程度の雪で収まってくれていました。

なんでも、先月25日の寒波と同じようなパターンだそうで、日本海側は大雪になっているとのこと。

大雪になっている地方にお住まいの皆さん、くれぐれもお気を付けくださいね。

さて。

当店のお客様で読者のゆかさんから、当店のお家de簡単♪糖質制限 ミックス粉 で目のつまらないパンを焼くにはどうしたら良いですかと頂いたコメントをご紹介したところ、ご自分で糖質制限パンを焼いておられる、まるままさんから、アドバイスを頂きました。


『はじめてコメントさせていただきます。

いつも楽しみに読み逃げしておりました。

6年ほど年糖質制限をしておりますアラフィフ女性のまるままと申します。

こちらの糖質制限ミックス粉を使ったことはないのですが、自分で大豆粉や小麦グルテン粉をアレンジして糖質制限パンを焼いています。食パン1斤あたりの糖質量が17~22gくらいのパンを作っています(あらてつ様、粉を購入していないのにコメントしてもうしわけないです)

なかなかコメントがつかないので、僭越ながら、私の経験談(失敗談?)からアドバイスさせていただきます。

小麦粉(強力粉)でパンを作るときは粉に水をまぜて、こね始めてから3~10分くらいで完全に粉が水を吸い、グルテンの膜ができます。

大豆粉は吸水時間が長いです。乾燥大豆って炊くとき、かなり長時間水につけますよね。そのため、大豆粉とグルテン粉が混ざった低糖質の粉はグルテン膜ができるまでに時間がかかります。冬場や部屋の湿度が低いときはなおさらです。

グルテン膜ができないと、イースト発酵の気泡を生地につかまえておくことができないので、生地中の空気が抜けてしまい、目がつまるのではないでしょうか。

私は夏期で30分、冬期で40分くらい(ホームベーカリーで)こねます。手こねの場合は1分ほどよくこねてから(このときは生地は水分が多くてドロドロです)冷蔵庫で30分ほど生地を寝かしてからまた10分ほどこねます。

寝かしている間に温度が高いと発酵が進んでしまい、小麦のパンのように、何度も発酵できないので、寝かせるときは必ず冷やします。

ゆかさんは外国にお住まいのようですね。日本よりも湿度の低い国ならば、いったん開封した粉に含まれる水分量も少ないと思うので、水多め、吸水時間、こね時間とも長くしておつくりになってみてはどうでしょうか。』



まるままさん、はじめまして。
いつもお読み頂きましてありがとうございます。
読み逃げと、ご購入頂かなくてもコメント大歓迎なので、お気になさらないでくださいね(笑)

さて、糖質制限ミックス粉でふんわりしたパンを焼く方法、詳しいアドバイスを頂きましてありがとうございました。

ご自分でアレンジして糖質制限パンを焼かれてらっしゃるんですね〜。凄いです!

恐らく、今まで山盛り失敗して来られたのではないでしょうか?

それだけに、貴重なノウハウを惜しみなくコメント頂きまして、本当にありがとうございます。

これだけ詳しくご解説頂けると、ゆうさん、ゆかさんも参考になったのではないかなーと思います。

と言いますか、販売してる私が解決策を持ち合わせてないってどないやねんとお叱り受けそうですが…。

済みませんm(_ _)m

糖質制限なスペイン料理、カフェ・ハルディンの宮本マスターも、お家de簡単♪糖質制限 ミックス粉で目のつまらないパンを焼く方法をいろいろと試してくださってますので、完成したらまたブログ記事にさせて頂きますね。

まるままさん、ありがとうございましたm(_ _)m




素朴な疑問を読者の皆さんに聞いてみましょう | コメント(4)
コメント
No title
あらてつ様、コメントを取り上げてくださってありがとうございました。

夫の糖尿病と自分のダイエットのために糖質制限を始めました。糖尿病コントロールは良好。ダイエットは太目からややふっくら?で維持しており、「希望の体重になれない」「一度糖質をとってリバウンドすると、なかなかもとに戻らない」などの悩みをウンウンとうなづきながら読ませていただいてました。

でも糖質制限して、とても元気になりました(⌒∇⌒)

ネット上にいろんな方々が低糖質パンのレシピを挙げておられるし、講習会もたくさんありますね。

私が一番参考にしたのは、ふつうの小麦粉のパンのレシピの数々、プロのベーカリーショップのレシピなどでした。

フランスパンやカンパーニュみたいなパンを焼こうと思ったら、甘味料、バターを減らして、発酵時間を長くする。小麦パンのように、発酵を予備、一次、二次、最終とできないので、どこでパンチングするかとか(一度パンチングして、生地内の気泡が抜けすぎると再び発酵しないのでリカバリーできない。パンチングは軽く行う)
37分こねて、最後の3分でバター投入するとグルテンが切れなかったとか、いっぱい焼いて山盛り失敗してきました。うまくいっても、粉の袋が変われば、また膨らまなかったりします。もともと生きていた大豆や小麦ですから、すべての粉の品質が均一なんじゃないんだなあ、と思います。作り手は完全に素人ですしね。

いろいろ語ってしまいました。

またコメントしますね。

No title
まるままさん、

ありがとうございます。ぜひ試してみたいとおもいます。

ゆか
ありがとうございます
こんばんは!この件で最初に質問させていただいた者です。まるままさん、皆さん、アドバイスありがとうございます。
あれからアドバイスを参考に何度かトライしてます…が、やはり私の才能が無いため、なかなかうまくいきません。元々パン作りはした事がなく、糖尿病発覚で必要に迫られてホームベーカリーを購入する事から始まった超素人なので皆さんのアドバイスも的確に理解できていないのかもしれません。なんかお騒がせしてしまってるようで申し訳ないです。

でも、例えふっくらパンじゃなくても美味しいのは代わりないですし、身体の為にも、この先も食べ続けていこうと思ってるので、色々とチャレンジしていくつもりです!

とりあえず明日は、まるままさんのアドバイスでチャレンジです!




Re: ゆう さんへ
いえいえ、こちらの方こそ、ご質問を読者の皆さんに丸投げ状態で済みません。

是非、まるままさんのアドバイスを参考になさって、おいしいパンにチャレンジしてみてくださいね。

その後の経過もコメント頂けると嬉しいです。

宜しくお願い致しますm(_ _)m

管理者のみに表示