01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

糖質制限生チョコレート ショコラ・ドゥ・ゼロ 2016 大好評販売中!

2016年11月11日
片側二車線の幹線道路。

次の交差点を左折するために、左側車線先頭で信号待ちをしていました。

前方の信号が青になり、車が動き出しました。

すると、横断歩道の右側から自転車に乗った女子高生が道路を横断仕出しました。

え?え?なになに?信号見間違えたか?と一瞬焦って信号を確認しましたが、前方の信号は間違いなく青です。

この女子高生、車線もある幹線道路を信号無視して悠然と、さも当たり前のように渡って行きます。

もちろん、信号変わって動き出した車は、全部止まりました。

さらに。

信号無視して反対側に渡ったかと思いきや、左折して進行している私の車の前を後ろも見ずに横切って行きました。

この女子高生、死にたいのかホンマモンのバカなのか。

耳にイヤホン突っ込んでたところを見ると、ホンマモンのバカに違いないと確信した、あらてつです。

くどいようですが、こんな奴は轢いてもいいって道交法を変えるべきだと思います。

話は変わって、またまた新商品ネタです。

モリドルチョコレート入荷のバタバタでご紹介するのがすっかり遅くなってしまいました。

昨日ご紹介した糖質制限クリスマスケーキと同じく、毎年11月恒例の糖質制限生チョコレート、

新ゼロ

昨年は、原材料が入手出来なくなるというアクシデントがあり、販売が大きくずれこみましたが、今年は例年どおり、11月1日からの販売させて頂いております。

今年の1月に再販したショコラ・ドゥ・ゼロよりも、さらに美味しく滑らかになった新生ショコラ・ドゥ・ゼロ。

その雪解けのような滑らかな口溶けを、是非、今シーズンもお試しください。

詳細&お求めはコチラから
↓  ↓  ↓
ショコラ・ドゥ・ゼロ
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail74.html

皆さんのご注文、心よりお待ちしております。


菓子職人稲井シェフと江部康二先生
稲井社長と康二先生








糖質制限食食材 | コメント(4)
コメント
便秘は食物繊維が原因?
あらてつさんこんにちは。糖質制限を始めて5年ほどになる34歳男性です。
これまでよかれと思って糖質の少ない野菜をたっぷり食べていたのですが、ここ最近の野菜の高騰で、食物繊維は納豆1パックともやしを口小皿1皿分食べるような生活をしていたら、それまで悩んでいた便秘やおならの回数が解消されて、体調がすごくよくなりました。気になって調べたところ、便秘の原因は消化できない食物繊維がガス腹を作っているとのことでした。また毎日出ないからと言って、お腹の張りや膨満感を感じなければ、気にする必要もないようですね。そういえばあらてつさんも以前MEC食を長いこと続けていたにも関わらず、便秘に悩むことはなかったとおっしゃっていましたね。
それから摂取カロリーに関してですが、MEC食で有名な渡辺信幸先生の1口30回以上噛むことを実践していたら、1日1000カロリー程度でも満足できて、おなかも空かなくなりました。体調もすごくよく、身長168㎝体重56kg体脂肪率12%程度の理想的な体型を維持できています。
1日の食事内容は納豆1パック、もやし小皿1皿、卵3個、マヨネーズ大さじ1杯、チーズ2切れ、肉か魚を500カロリー分の1日1食か2食ですがこのまま続けても大丈夫でしょうか?個人的にはオートファジーの仕組みを知ってから、この摂取カロリーで問題ないと思っているのですが少し気になっています。
長くなりましたが、アドバイスお願いします。
No title
私は基本的に作業するときは静かな環境でやります。歩いてる時くらい、周りの景色とかを楽しんで、新しい発見をすればいいのにって思います。登山やってるからそう思うのかもしれませんが。あと、登山やっててイヤホンで音楽聞きながらっていうチャラいのはすぐ事故りますし(ヘビとかにも遭遇したりしますが、音楽に夢中になってると気づきません)。

話は変わりますが、糖質制限のおかげで普段の食事がやっぱり一番だってことに気付きました。お菓子もおいしいのはおいしいんですが、あまりにも当たりがなさすぎて、逆に笑ってますw。これが本来の味覚なんですね。そう簡単に変なお菓子には騙されないと。自分で調味料を配合したりとか料理オンチなりにいろいろやっています(アルペンザルツとブラックペッパーを組み合わせて、塩コショウ作ったり。味コショウは辛すぎて嫌いなんですね・・・)。あらてつさんの工夫もぜひ聞きたいです☆
すいません、昨日の続きです
実は私は以前野菜多め主食付きの1日1食生活をしていたのですが、食後の眠気が辛すぎたために、主食も控えるようになりました。それから食後の眠気は治まったものの膨満感だけは一向に治まらず、ずっと悩んでいました。
それが納豆以外から食物繊維をほとんど取らなくなってから、おならの臭いまで全然気にならなくなりました。また野菜をたっぷり食べていた頃はいくら食べても52kgを超えることがなく、ガリガリで筋肉が全然付かなかった体型が、今ではしっかり筋肉もつき、適正体重にまで増やすことができてカサカサだった肌もしっとりしてきました。
これは仮説なのですが、食物繊維は消化吸収されず老廃物として排泄されるまで体内にガスを発生させて残ってしまうようですが、これが体内に長い時間残ることで、たんぱく質、脂質の消化吸収排泄がうまくいかず、栄養不足となってしまいガリガリ体型や肌トラブル、体調不良の原因になってしまっていたのではないかと思います。1日1食で玄米菜食の人は「肉、卵、乳製品が腸内環境を悪くする」とよく言いますが、今考えると脂肪や水分を溜め込む糖質と排泄されるまで消化されずにガスを発生させる食物繊維が腸内環境を悪くしているのではないかと思います。実際1日1食で食物繊維たっぷりの穀物、野菜、豆類ばかり食べていた玄米菜食の某タレントの人は1日1食にすると若返ると言われてる割にはガリガリ体型で、血管や骨年齢にかなり問題があったことをTVで見たことがあります。それに比べ糖質制限食を何年も続けている人は肌つやがよく、健康的な体型ですよね。
そう考えると糖質だけでなく食物繊維も控えれば、栄養の吸収がよくなる分無理にがっつり食べなくても適正体型を維持することができるのではないかと思います。もちろん食事は楽しく、おいしくですから、1000と言わず2000kcal食べたいと言う人はしっかり食べても問題ないと思いますよ。
Re: kyouya さんへ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなって申し訳ございません。

私も作業は静かな環境でやります。と言いますか、音楽鳴ってたり騒がしい環境では集中できません。よくカフェやらファミレスで勉強してる人見かけますが、私には絶対無理です。車の運転すら音楽かけませんので。

で、私の工夫ですが、正直、な〜んもしてません(笑)

まあ、塩、醤油、ポン酢、油など調味料のたぐいは、ちょっと良い物使うようにしてます。

例えば塩は食塩じゃなくて石垣の塩だったり、醤油はちゃんと木桶で熟成させた昔ながらのもの、ポン酢も果糖やらブドウ糖の入ってない、ちゃんと果汁をつかっているものなどを使っていますし、油は、M本師匠から頂くちゃんと圧搾しているゴマ油を使っています。

糖質制限の料理だと、甘みで味をごまかさないので、ちゃんとした調味料を使うと単純な味付けでも美味しく食べられますので。













管理者のみに表示