02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

糖質制限食で取り戻す人間本来の味覚のお話

2016年07月25日
ポケモンGOとか云うゲームが流行ってるみたいです。

テレビのニュース番組でも随分取り上げられていました。

私は全くゲームしませんし、する気もないし興味もありません。

基本的に、他人がナニをしようが自分に害をなしてこない限り知ったこっちゃないです。

なのでこのゲームとゲームに熱狂する人たち、私にはどうでもいい話のハズだったんです、が。

道路の真ん中でチャリンコ止めてスマホ

いじんのやめろや


めっちゃ邪魔。

しかも一人二人じゃありません。

中には小さな子ども連れて往来のど真ん中で必死になってスマホとにらめっこしてる母親が居ました。

憲法改正の前に、車道でゲームしてるバカタレは轢いても良いって法律作るべきだと思う、あらてつです。

異様というか異常な光景ですよ、ほんまに…。

話は変わります。

kyouyaさんから、糖質制限食実践後の味覚の変化についてコメント頂きました。

『お久しぶりです!!

お久しぶりです!!覚えてませんよねw。あらてつさんの糖質制限の力がやばすぎるという報告をしに来ました!

私は、今じゃ完全に肉食、魚食になり、やっすいお菓子など食べたくなくなりました(やっぱり量より質ですね)。本当においしいお菓子が直感的に分かるようになってきてリッチな気分ですw。

私の好きなお菓子は大体高いのですが、だからこそ「たまにのご褒美」になり、メリハリがついたと思います。過去みたいに毎日のようにダラダラ安い物を食べてお金を浪費するということもなくなりました!肉、魚をたくさん食べるようになったおかげで糖質の誘惑(パンやお菓子など)にほとんど見向きもしないようになったのは大きいです(今じゃお菓子見ても「おいしいのなさそ。要らないや」で終わることがほとんどですw)。

今じゃ、もう昔食べていたインスタントラーメンも食べようとは思えません(親から強制的に持たされて消費できなくて困っているんですがw)。あんなの、まずくてまずくて食えたもんじゃないと感じるようになりました。やっぱり行きつけの絶品うどん屋さんのゴボウ天うどんのほうがおいしいですw(高いけどw)。グルメに拍車がかかって、本気でおいしいものしか受けつけなくなったのはかなり良い傾向だと思います。

安くてビミョーなお菓子を買わなくなったおかげか、やや甘口の白ワインをたまに嗜む余裕もできました。本当にありがとうございます!

毎回グダグダ長文で書いてしまって本当にすみません汗。大学での勉強頑張ります(もう3年ですし、就職控えています)!』



kyouyaさん、コメントありがとうございます。
こちらの方こそご無沙汰しております。

ちゃんと覚えてますよ(笑)

去年の3月にコメント頂いていましたね。

その後、頭痛と冷え性の方は如何でしょう?

少し前に頭痛について読者の皆さんからコメントを頂いていましたが、kyouyaさんは改善されましたでしょうか?

で、今回は糖質制限食に取り組んで味覚に変化があり、やっすいお菓子など食べたくなくなったとのこと。

これ、よ〜く分かります(笑)

糖質制限食による味覚の変化については過去に何度か書いてます。

現代人は食品メーカーの陰謀(笑)で「甘い=美味い」と味覚を麻痺させられています。

素材や原材料の悪さを甘くすることで誤魔化して安価に大量生産、消費者を騙す&中毒にして購買を続けさせるというなんとも卑劣な手口です(笑)

私の上の世代くらいから、生まれた瞬間から周囲は甘いモノだらけで、この「甘い=美味い」をすり込まれていることに気づく機会が全くまい状態です。

ところが、何かのきっかけで糖質制限食を知り実際に取り組んでみると、これまで美味しいと騙されていた事にある日突然気が付きます。

そう、今まで食べていた大量生産されている食べ物が、不味くて食べられなくなります。

ここで、私の糖質制限食の師匠、M本先生こと村本針灸院の村本先生のお言葉を借りると…

「SJT(当時は、まだ糖質制限食ではなく、高雄病院ではSJTと呼ばれていました)始めたら、味覚がえっらい敏感になんで。甘いもんやて食えんようになるで。

まんじゅうなんか見たくもあらへん。

酒もな、日本酒ばっか飲んでたけど、今なんか甘もうて飲めんしビールもあかん。そんなもんア◯ヒの◯ーパー◯ライなんか、マズうて飲まれへんぞ。なんぼか飲めんのが、エ◯スビールや。

そう思たら、これまでどんなけ甘いもんばっか食うとったかゆうのがよう分かるし、ほんま恐ろしなるで。」


関西弁の翻訳は要りませんよね(笑)

この話を聞かされて、はぁーそんあもんなんですねと思っていたら、後に私もM本師匠と全く同じ経験をします(笑)

ケーキは甘すぎるし、ビール飲んでもマズイし、素材の悪さを濃い目の味付けで誤魔化した料理が食べられない…などなど、今回kyouyaさんから頂いたコメントと同じような変化がありました。

糖質制限食に取り組むことにより、砂糖で麻痺した舌と脳みそが、人間本来の味覚を取り戻したんだと思います。

なのでkyouyaさん、恐らくこの先、甘いモノを食べても以前ほど「美味しい」と感じることはないと思いますよ。

このまま「美味しく楽しく、人間本来の味覚」で、糖質制限食をお続け下さいね。

あ、就職活動も頑張ってくださいね。





糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


糖質制限食 | コメント(2)
コメント
No title
あらてつさん、取り上げてくださってありがとうございます。

私は栄養ドリンク類やジュース類も基本飲みません。甘すぎて「砂糖水じゃん、これ!」としか思わないからです。なんでみんなコーラとかフルーツジュースとかゴクゴク飲めるんだろうって不思議な限りです。やはりいろはす天然水ノーマルに限りますw。

頭痛のほうは、食事ではなく暑さからきているような気がします・・・(冬の寒さは強いけど夏の暑さがすさまじく弱いので・・・)。熱中症にならないよう、気をつけたいです。血糖のほうの問題は一切ないので、安心して糖質制限続けていきたいと思います。

冷え症はだいぶ良くなったと思います(肉類は体を温めると聞きますがそれが関係してそうです)。なぜか完全に肉食になってからは腹痛が逆になくなりましたし。やっぱり油がちゃんと入るからなんでしょうかね。謎です・・・。

糖質制限する前は食べ過ぎがありましたが、糖質を取らなくなって自然とそれがなくなりました。食費はかさむどころかマイナスになってきたと思います。イライラすることもなくなりました。これも糖質制限のおかげかもです(魚と肉食べ続けていたら自然とそうなりましたが)。このまま続けていきたいです!
味覚の変化
確かにそうですね。
素材の味に敏感になってしまって、随分と薄味に、京都の人よりも、腎臓病の人にも負けない位になりました。むしろ塩分不足にならない様気を付けている位です。
甘いケーキはたまに欲しくなりますが、折角羽目を外すなら、余程美味しいケーキで無ければ損な気がして滅多に食べなくなりました。
とても健康的な生活をしています。これでもっとお酒を(もちろん焼酎)減らせれば最高なんですけどね(;^_^A

管理者のみに表示