02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

糖質制限的「シュッとしたいけどバターが美味しい」乙女ゴコロの解決策

2016年05月27日
「肩が痛い」と君が言ったから4月26日は手術記念日

昨日でオペから丁度1ヶ月、1Mアニバーサリーの記念講演会でもしようかと思う、あらてつです。

ようやく装具が外れました…。

そんな話は置いといて。

GUTR(guutara) さんから、脂肪を減らすには…とコメント頂きました。

シュッとしたいけどバターが美味しい(笑)とダイエッターな乙女ゴコロに揺れてらっしゃるので、解決方法を探ってみましょうね。


『脂肪を減らすには

あらてつさん、こんにちは。
ネットである記事を読んだのですが、糖質制限より脂質制限の方が体脂肪が減るというものです。
http://www.dm-net.co.jp/calendar/sp/2015/024066.php

最近、自分お腹まわりや太もも二の腕がプニョプニョしてる気がしてたんです。さらに、友達にも食事制限してるのに体丸っとしてるやんと冷笑浴びてショックというかイラッというか…。
体重はほとんど変わってないです。
カロリーもチェックし収まってます、量自体はかなり減ってます。
脂質が多いと、カロリー的に量は少なくしないとダメですし、何と言ってもお腹が空きませんし。
あと、運動は全くしてないです。遅れない為に週一でめっちゃダッシュするくらいですわ。
食事量は減ったし、カロリーは収まってますが、やはり脂はトータルしてかなりとってます。
うぅバター料理に使うとめっちゃ美味いです…。
でもシュッとしたい…。

あらてつさんてイメージ的に運動しないタイプだと思ってました。
すいません、勝手に決めつけはダメですね。』



GUTRさん、コメントありがとうございます。
お返事遅くなって申し訳ございません。

早速ですが、

「糖質制限より脂質制限の方が体脂肪が減る」

これって、糖質制限食に反対したがる連中がしょっちゅう口にしますので、気にしないでいいです。根拠ないですから(笑)

それよりも、現状で何が問題なのか考察してみましょう。

まず、

「最近、自分お腹まわりや太もも二の腕がプニョプニョしてる気がしてたんです」

「体重はほとんど変わってないです。」


これはもう明らかに摂取カロリーが消費カロリーを上回っている以外の何物でもないです。

「カロリーもチェックし収まってます、量自体はかなり減ってます。」

とのことですが、摂取カロリーだけチェックしても、消費カロリーの計算をしないと、本当にカロリーが減ったかどうか分かりません。

運動を全くされないとのことですが、恐らくご自分が考えてらっしゃるより消費カロリーは少ないと思いますよ。

例えば駅で階段とエスカレーターが並んでいたら、迷いなくエスカレーターに乗っちゃたりとか、基本的に殆ど歩かないとか(笑)

さらに、「量自体はかなり減ってます。」が、「やはり脂はトータルしてかなりとってます。」

ほぼ100%、摂取カロリーオーバーではないでしょうか…。

ここで解決策。

その1:脂質を減らしてタンパク質を増やしましょう。

「脂質が多いと、何と言ってもお腹が空きませんし。」

タンパク質でもお腹は空きませんので大丈夫です。

その2:運動しましょう。

腹の上のポニョと二の腕の暖簾を忘却の彼方に追いやるには、運動しかありません。

努力を惜しんで望む結果は得られません。

GUTR(guutara) のハンドルネームを返上できるよう、頑張ってください。





糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



ダイエット | コメント(11)
コメント
モリドルのオリーブオイルについて
初めまして。4月頭に2型糖尿病が確定し、スーパー糖質制限で既に抜群の効果を得ている者です(数値等は省略します)。再来月あたりには投薬(ジャヌビア)も不要になるだろうと主治医に言われております。

糖質制限開始後、例に漏れず私もオリーブオイルをせっせと使うようになりましたが、今年オリーブオイルの硫酸銅故意混入事件が話題になりましたね。幸い私が使っているものは対象外だったようですが、これを機にもっと上質のものにシフトしようと色々調べております。

以前から江部先生のブログや糖質制限ドットコムで、モリドルのオリーブオイルの事は存じ上げておりましたし、昨日も江部先生のブログでご紹介がありました。

しかし…これは遮光瓶ではありませんよね? オイルの色を見せるために敢えて透明瓶を使用するところもあるとの事ですが、数量・期間限定発売だとどうしても纏め買いをして、自宅保存する事になります。光(蛍光灯含む)の当たらない場所に保管し、遮光布等で保護するにしても、流通経路及び使用中の光照射がとても気になります。本当にあっという間に劣化するものなので…。

現地まで足を運ばれて、品質の確認をされたという事ですから、本当に良いものであるとは思うのですが、正直この瓶の事で購入を躊躇っております。

この点について、お時間が許すようでしたら、あらてつさんのご意見をお聞かせ願えれば幸いです。既に同様の質問に対するお答えがあるようでしたら、誠に申し訳有りません。無視して戴いてかまいません。

くれぐれもお大事になさって下さいね。オペ後1ヶ月で装具が外れたとの事ですが、どうかご無理をなさいませんように。お早い完全快癒をお祈りしております。
Re: 怜々さんへ
コメント並びにお見舞いのお言葉を頂戴しましてありがとうございます。
またモリドルオリーブオイルの購入ご検討、重ねてお礼申し上げます。

さて、モリドルオリーブの瓶の件、ときおり怜々さんと同じご質問を頂きます。

皆さん、巷間言われている「オリーブオイルは光で酸化しやすい」なんてのを見たり聞いたりされているからだと思います。

以前にもエライ剣幕で「なんでオリーブオイルの瓶が透明なんだ!」とお電話頂いたことがあります。

で、その時、逆にお聞きしたのが、

「どれだけの光に当たればどれだけのスピードで酸化が進むのか、また色のついた瓶でどれだけの割合の光を遮光できるのか、浅学にて存じ上げませんのでご教示頂けますと幸甚です。」

あーうー言うて電話切られました。

「オリーブオイルは光で酸化する」という聞き齧りの知識で怒り心頭に発っして電話して来られたんでしょうね(笑)

オリーブオイルに限らず、菜種油も大豆油もそもそも油は生鮮食品で、光に当たって酸化する前に、瓶を空けた瞬間から空気に触れて文字通り酸化して行きます。

色付きの瓶にしたところで、真空にするか窒素充填でもしない限り酸化は進みます。

さらに、色付き瓶に入れたところで明るい所に置いておけば、お書き頂いてますようにどんどん劣化していきます。

つまりは、「光で酸化するの心配されるなら、それよりも酸化するまで置いとかんでさっさと使い切ってくださいね」が結論です。

因みに、スペインでオリーブオイルの販売店とかスーパーの陳列棚とか見て来ましたが、色付きの瓶は殆ど見かけませんでした。

理由を聞いたら、「オリーブオイルは色が大切だ」

色を見て品質が良いかを判断するんだそうです。

日本人は色の着いた瓶でないと酸化すると言うんだって話すと、酸化するまで置いとく方が信じられないと言って笑ってましたよ(笑)

最後に流通経路ですが、窒素充填されたステンレスのタンクから瓶に充填された後は、ダンボールの箱に詰めて倉庫で出荷待ちののち定温コンテナに詰められて輸出されるので、私共の手元に届いてお客様から頂いたご注文分を梱包する時まで、光に触れることはありません。

怜々さん、ご納得頂けましたでしょうか?




植物油はどんなに良いものでも絞ったその瞬間から劣化が急速に進むので使用しないというセイゲニストもいますからね。
牛脂やバター(ギーなど)など動物性油脂を徹底されてる方もいました。

ここから先は、本人の好みや体調・体質などと合うかどうかでしょうか。
どうしても気になるなら、糖質制限ドットコムさんの限定物のオリーブ油は遮光だったと思うんですが。
私も一本空けるまでにけっこう時間かかります。でも、もう気にしてないです(笑)。料理に合わせて使いたい時に使います。
オリーブ油、ごま油、ピーナッツ油などが野菜室に鎮座してます。
自分が妥協できる範囲でセイゲニストをやって生きていきます。

一応参考にというか、糖質制限界隈で読まれてる方が多いと思う書籍を紹介しときます。

角川書店 新書『本当は危ない植物油』奥山治美
ご回答有難うございました
あらてつ様

こんばんは。お体がまだ本調子でいらっしゃらないのに、早々に丁寧なお返事を頂戴し誠に有難うございます。

後出しで申し訳ありません。40年も昔の話ですが、実家の母が、イタリア土産で頂戴したオリーブオイル(透明瓶)を使用後、北向きの台所窓前に置いてしまい、開封後3日で機械油臭むんむんにしてしまった事件がありまして…。丁度今と同じ頃、5月の事だというのはよく覚えております。

当時はオリーブオイルについての保管知識など、親も私(当時中学生)も無く、最初の使用時には美しく美味しく薫り高かったオイルが、僅か3日でダメになったのは本当にショック大でした。

その後少しずつ知識を得て、それが光や開封後の空気による酸化(我が家の場合は多分温度もでしょう)だと知り、遮光瓶に入ったものを選ぶ・オリーブオイルに限らず冷暗所保存・早期の使いきり等を心がけるようになりました。それと共に、オリーブオイル以外の植物油は、ごま油以外殆ど使わなくなりました(それも、糖尿になるまでは極僅かな量です)。

今回の購入検討にあたり、相当な時間をかけて透明瓶と遮光瓶について調べてみたのですが、透明瓶を肯定するものが殆ど見つかりませんでした。それ故、自分の体験と共に生じた不安を解決する為、質問させて戴いた次第です。

スペインでのオリーブオイルの販売状況、大変参考になりました。

また、流通経路で遮光及び低温コンテナでの品質管理がなされている事もお教え戴き、大変安心いたしました。

自分の使用量状況・保管が上手く出来るかを鑑みた上で、前向きに購入を検討させて戴きますね。売り切れてしまわないうちに(笑)

重ね重ね、御礼申し上げます。
湿度の高い時期に入りますが、どうかご自愛くださいませ。
蛍様へ
大変参考になるお話と書籍のご紹介、有難うございます。

正直、においが酷い・まずい!といったレベルでなければ、多少の劣化は仕方が無いと思っているクチであります(笑) 糖質制限をする前(発症前)はもっとアバウトこの上なし、という感じでした。

元々、動物性・植物性を問わず、油を使う料理があまり好みではない為、どの植物性油を小瓶で購入してもなかなか減らず、年に一度、半分以上残った状態で捨てて買い換えていました。ドレッシングもノンオイルか極少量のオリーブオイルで自作が多かったです。それでも、糖質制限でオリーブオイルをこまめに使うようになり、以前の数倍は消費しているのですが、500mlだと今でも使い切るのに数ヶ月かかりそうです。

ただ、あらてつ様へのお返事にも記しましたとおり、実家オリーブオイルの3日で劣化事件(笑)は本当に衝撃的でした…最初で最後の1回がとても美味しかったのに、劣化後の異臭といったら(苦笑) 流石にあの二の舞は経験しておりませんし今後も無いでしょうが、せっかく良いものを購入するなら、やはり少しでも不安材料は消去しておきたいと思いまして。

若い頃は大好きだった動物性油脂も、今は少量で胃もたれに悩まされるようになり、蛍さんのおっしゃる通り体質の問題ですから、オリーブオイルの活用でやっていこうと思います。

有難うございました。
No title
あらてつ様と蛍様への返信で、矛盾するようなことを書いてしまったので^^;

オイルの使い切りを心がけても、結局途中で「もう油使いたくない…」となって使わなくなり放置し、結果的に1年毎に買い換える感じだった、というのが正しいです。お詫びして訂正いたします。
たまに食べたくなるアイスについて
こんにちは。
私は、糖尿病ではありませんがスーパーからスタンダードに入るか、入らないかくらいの糖質制限を約1年ほど行っています。

今日は、どうしても1つ質問したいことがあって来ました。

過去のブログの内容でも取り上げられていた「糖質解禁」の話で、アイスのお話です。
季節柄ふと食べたくなる時があります。

実際、パッケージに1個辺り約11g前後のミニソフトクリームを食べました。(モナカは残しましたので、約9gくらいでしょう)
頻度は2~3週間に1回程度で、アイスを食べたいと思った日と翌日の朝と昼は糖質制限を普段よりも、さらに厳格化しています。

この程度であれば、糖質制限を行っていく上での「給水ポイント」という認識でいいのでしょうか?
糖質解禁と称してガッツリ満腹まで食べるよりは、遥かにマシと考えていますが、どうでしょうか。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No name さんへ
コメントありがとうございます。

給水ポイントは、ストレスを発散する為のものなので、「この程度」は人によって変わります。

旅行に行ってご当地スイーツやらB級グルメ食べるのが「給水ポイント」になる方もいれば、週末開放日が「給水ポイント」になる方もいます。

Re: 教えて下さい。よろしくお願いします
コメントありがとうございます。

「血糖値は112 HbA1Cは5.6」が、「血糖値が121 HbA1Cは5.2」

A1cが下がっているのは、食欲が落ちて食事量が減ったから、血糖値が上がっているのはフルーツグラノーラの所為ではないでしょうか…。

「糖質制限と運動で糖尿病になるのを防げますか?」

ちゃんと取り組めば防げると思います。

「糖尿病ではないのでしょうか?」

主治医のDrから「まだ糖尿病ではない」と言われたのでしたら、違うと思いますが…。

「どうすればいいのでしょうか?」

主治医のDrにご相談の上、医療機関で検査を受けてみてください。






Re: 蛍 さんへ
コメントありがとうございます。

昨日の記事にも書きましたが、糖質制限食は“道”じゃないですからねぇ…。

私は、他人に迷惑掛けないなら誰が何しようが知ったこっちゃないタイプで、本人が徹底したいならとやかく言うつもりもないですし好きにやりなはれと思いますが、このテの方は人に押し付けてくるから困ったもんです。

しかも、根拠にしてるのものが聞き齧りの知識だったりするんでタチが悪い。

こんな人に限ってタバコ吸ってたりするんで笑けてきますけどね。

因みに、私も糖質制限界隈の端っこくらいにいますが、その本の存在すら知りませんでした(笑)

江部康二先生の部屋の掃除と本棚の整理、いつも私がやっていますが、この本見かけたことないです。

先生も読まれたことないんじゃないですかねぇ。

そもそも、江部康二先生こんなもん気にもされないですよ(笑)





管理者のみに表示