04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

大人気ラングドック産糖質制限ワイン キュベ・モンタグに白とロゼが新登場です。

2016年05月12日
昨年5月17日に「Botanicaのスペシャルな糖質制限ランチと糖質制限スペインワインを楽しむ会」でお披露目させて頂き、一番人気となった糖質制限フランスワイン、CUVEE MONTAGUT (キュベモンタグ)、お陰さまで大好評発売中となっております。

あ、「Botanicaのスペシャルな糖質制限ランチと糖質制限スペインワインを楽しむ会」の模様はコチラからどうぞ。

Botanicaのスペシャルな糖質制限ランチと糖質制限スペインワインを楽しむ会

で、そのCUVEE MONTAGUT (キュベモンタグ)ですが、余りに好評なのに気を良くしたクリストフが、白とロゼを作ってしまいました。

じゃん

キュベ3種類


いや、正確に言うと作ったのはクリストフではなく、友達の醸造家のミッチェルなんですけどね。

因みにコヤツがクリストフ

ワイン7

今回、赤・白・ロゼと“だんご3兄弟”ならぬ“ワイン三兄弟”となったCUVEE MONTAGUT (キュベモンタグ)、事の起こりは、

「大学時代に醸造学を専攻していた時の同級生がラングドックでワインを作っている、とても意欲的で新しいことにチャレンジしているので、糖質制限ワインを作らせてみようと思うけど興味あるか?」とクリストフがスペイン語で言って、通訳してもらったのを聞いたのが始まりでした。

最初は、スペインワインのサーメンタムを扱ってるから要らないと返事をしたのですが、

「ラングドックは今素晴らしいワインを作っていて、同級生もその一人だ、一回作らせてサンプルを送るからドクター江部に実験してもらって欲しい」

と食い下がってきます。

このあとワインのマーケティングについて3時間あまり熱く語り続け、いい加減ウザくなって来た(笑)ので、「ほな作りいや。その代わり血糖値上がったら扱わへんで」と返事を通訳してもらいました。

待つことしばし、フランスからサンプルが送られて来まして、江部康二先生に飲んで頂き血糖値を測定してもらいますと…

あろうことか、見事に合格(笑)

「サーメンタムの時も散々苦労したのに、初めて作ってそないカンタンに糖質制限ワインやてできひんて。どうせ失敗するし扱わんでええやろ」

と思っていたのですが、ところがどっこい。

流石に学問として「醸造学」を修めた人物が作るだけあると妙に感心しましたね、はい。

ここからはアレヨアレヨと製造の準備が進み、昨年5月17日の会でお披露目となった次第です。

ワインに詳しい方ならご存知かと思いますが、この南仏ラングドックは、ブドウの栽培にとても適した気候で、豊富に収穫されるブドウから作ったデイリーワインの産地でした。大量に安いワインが作られることから、「ラングドック=安物」のレッテルが貼られてしまったそうです。

ところが、近年になって意欲的な新進気鋭の醸造家が集まるようになり、品質が目覚ましく向上、ボルドーにも負けないワインが作られるようになったことから、「フランスのニューワールド」と呼ばれるようになり、高品質ワインの産地となってるそうです。

なんて知ったようなこと書いてますが、ここまで全てクリストフの受け売りです(笑)

話を戻しますと、クリストフの同級生もその一人だそうで、そんな意欲的な醸造家だからこそ、糖質制限ワインなんてものを作ってくれたんでしょう。

で、肝心の糖質と味の方ですが、味の方はBotanicaのスペシャルな糖質制限ランチと糖質制限スペインワインを楽しむ会でも書きましたように、小室先生、夏井先生も大絶賛されるくらいの完成度、夏井先生なんて会の後半はこのワインしか飲んでおられませんでしたから(笑)


糖質制限では、赤ワインはOK食材になっておりますが、山ほどある赤ワインの中でどれを選べばいいのか、正直な所迷います。

ましてや白も辛口ならOKと言っても、どの程度の辛口なら良いのか分からないですし、ロゼになると市販で飲めるものなんてまず見つけることは不可能です。

買ってから尿糖紙つけたら色が変わったなんていった日には、残ったワイン全部捨てんとあきませんから。

その点、キュベ・モンタグシリーズでしたら、醸造学の粋を集めて完成しておりますので、安心して飲むことができます。

新進気鋭の醸造家が作り、江部康二先生の血糖検査で完成した糖質制限ワイン、是非一度お試しあれ。


詳細&お求めはコチラからどうぞ。
↓  ↓  ↓ 
キュヴェ モンタグ
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail113.html

ご注文、スタッフ一同心よりお待ちしております。

コヤツも待ってます(笑)
寛ぐクリストフ




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


お知らせ | コメント(7)
コメント
こんばんは(T . T)
あらてつさん 痛みはどうですか?
少しひいているといいのですが…
術後の大変さ… きいておきたいですよね(T . T) わかります
お大事にしてくださいね…
日頃も頑張りすぎですよ(*^^*)
私はといいますと 去年の今頃はじめてのコメントをさせていただいてから一年です(*^^*) 60.2キロから 半年で49.8キロになり
今は3キロの増減を繰り返し 維持するよう努めております(*^^*) そっからはなかなか減りませんが 運動不足だと おもってます笑
あの時の励まし 教育笑 感謝しております(*^^*)本当です とても心強く嬉しかったです!
あらてつさん 無理をせず ゆっくり治してくださいね! みんなの頼りですよ〜
相談させてください。
あらてつさま、いつもブログを拝見しております。

突然ですが、ご相談してもよろしいでしょうか。

私はつい先日50歳になった女性です。ランニングが趣味で、月に200キロから250キロ走っており、100キロ走る大会に年数回出てます。

先日、糖質制限しているラン仲間(男性、50代後半)が、水だけの補給で100キロを完走しました。彼によると、15キロ痩せて、体脂肪をエネルギーに使える体になったそうです。

しばらく彼と併走しましたが、私がエイドで飢えてがっついているのに対し、彼はスルーして走っていくので、とても驚きました。

私も無尽蔵!な、体脂肪を使って走れる体にしたい!!
体重を落としてタイムを上げたい!!
と思い、糖質制限を始めましたが、2週間経って逆に太ってしまいました。

1日のメニューは、糖質制限レシピを参考に、大体次の通りです。

朝 (毎日)キウイとアボカドのスムージー、オリーブオイル入り

昼:自作弁当 エノキダケをパスタに見立てた、クリームパスタもどき、ベーコン、鮭入り、無糖ヨーグルト。

おやつ なしか、たまにナッツ類

夜 :豚肉あるいは鶏肉と野菜の炒め物、味付けは塩こうじ小さじ半分、アボカドと納豆付サラダ、ドレッシングなし。
デザートにキウイ一個

大体、似たようメニューですが、バリエーションを変えるので飽きません。

帰宅が遅いので、いつ9時半過ぎに夕食です。

甘いものは好きではないので、食べません。

砂糖がきらいなため、キッチンにありません。

パン類はそもそも嫌いなので、一切食べません。

ご飯は何年も玄米のみでしたが、今はお米を食べていません。

ジュースは一切飲みません。

スポーツ飲料も一切飲みません。

水またはコーヒーブラックのみ。

職場は片道2時間半かかりますが、仕事の行き帰りに時間を捻出して、10キロ走ってます。ただし、現在故障中で、この2週間はウォーキングのみ。

ウォーキング1万歩が毎日のノルマですが、走れないのでストレスたまります。

ここからが、本題です。

こんな生活ですが、私は162センチ、54から55キロをウロウロしています。2週間前は53キロで、さっき計測したら、55.7キロになってたのでびっくりしました。どうりで制服のスカートが苦しいはずです。

ランナーとしては重量級なのですが、シーズンの冬場に月間300キロ走っても、この10年間体重に変動なし。もしも5キロ痩せたら、坂道がもっと楽に走れると思います。

お通じはおおむね良好です。
夏場は登山もしますし、同年代の女性の100倍くらい運動してます…。

2週間で激太り、何が悪いのかさっぱりわかりません。

お忙しいところ申し訳ありませんが、アドバイスを頂けましたら、大変助かります。

よろしくお願い致します。



ワインいいですね♪
はじめまして、4週間前から糖質制限ダイエットを始めましたヨーロッパ在住40代主婦です。
糖質制限について疑問が生じた場合はあらてつ様のブログを頼りに頑張っております。

只今、ヨーロッパ在住の為、糖質制限ドットコムの商品が購入出来ないのが辛いところですが、今回紹介されているのはフランス産ワイン!私がおりますのは隣国のベルギーですのでこれならこちらでも手に入るかもしれない、と期待しております。ネットなどで調べてみましてもし購入出来ましたら肥満を気にしつつ水のようにワインを飲んでいるこちらの友人達にも配ろうと思います。あらてつ様の糖質制限食を広めようという信念を海外でも引き継いでいきたいと思います(すみません大袈裟で)

さて、入院中の大変な時に恐縮ですが、1つ質問がございます。
162㎝72.6㎏から糖質制限ダイエットを始め1週間で4.5㎏減った後は3週間近く停滞期が続いております。体脂肪も35%から変化無し。ただ、体形だけは家族に指摘されるくらい日に日に締まってスッキリしてきました。
体重も体脂肪もこれじゃあまだまだダメでしょう、という数値なのに体形だけが変化していくのは後から数字がついてくるのでしょうか?それとももう少しストイックに糖質制限(運動量などを増やす)した方がいいのでしょうか。

自分で調べても今一つ分からないのでご教授頂けると有り難いです。

日本に帰国した際に糖質制限ドットコムで買い物するの楽しみにしております。

術後の経過、大変な時もあると思います。どうぞお大事になさってくださいね。
遠い国から早い回復をお祈りしております。
No title
先ほどのコメント

退院後、と書くところを誤って入院中、と書いてしまいました。勝手にまた入院中にしてしまいました。申し訳ありません。
Re: およ☆ さんへ
お見舞い&とても嬉しいコメントありがとうございますm(__)m

いっときに比べると痛みはマシになってきたものの、まだ残る疼痛と不自由さにココロが折れてしまいそうです(T_T)

ですが、およ☆ さんのコメントで励まされたので頑張りますね。

さて。

5月にコメント頂いた時点で、「糖質制限食に取り組まれて1ヶ月、60.2kgから57kg、約3kgのマイナス」

7月で「51.5〜52キロ」

現在は、50kgを切られておられ、トータルで約10kg以上の減量成功ですね。

おめでとうございます(^o^)

3キロ程度の増減だったら水分や食べたもので変化するので全然大丈夫ですよ〜。

このまま「美味しく楽しく」糖質制限食でキープされてくださいね。

またコメントお待ちしてますね。
Re: ゆう さんへ
コメントありがとうございます。

さっそくですが、激太りされる程の食事量ではないですし、一体原因は何処にあるのでしょうか…。

ちょっと考えてみますので、今しばしお時間くださいませ。
Re:ヨーロッパ在住 さんへ
コメントありがとうございます。
こちらの方こそはじめまして。
また、お見舞いのお言葉、重ねてお礼申し上げます。

さて、私どものワインですが、糖質制限用に特別に作って頂いていて、糖質制限ドットコムでしか販売していないんですよ〜。

せっかくお探し頂いているのに、申し訳ございません。

日本に帰国された際に、是非ご注文頂ければと思います。

さて、ご質問の件ですが、以前、同じような体験をされた読者の方からコメント頂きました。

詳しくは本文の方でお答えさせて頂きますので、少々お時間くださいませ。 



管理者のみに表示