03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

自分へのご褒美と言い訳の考察

2015年11月18日
今月の6日から体調が悪くなりだし、2〜3日で治るやろ思っていたら全然治らず、先週半ばから後半に掛けて早退&寝込む程症状が悪化、昨日今日でやっと回復してきました。

過去、風邪の症状でこんなに長引いたことありません。

もしかしたら、誰かに毒でも盛られたんじゃないのか?と思い出してる、あらてつです。

単なる老化という声もありますが…。

さて。

ブログの更新が滞ってしまい、見に来て頂いた皆さん、ゴメンナサイですm(__)m

言い訳ですけど、体調悪化となんか知らんけど毎日バタバタで更新できませんでした。

言い訳ですけど…・。

で、今日の話題は、言い訳と自分へのご褒美についてderb さんからコメント頂いていたのでご紹介です。


『こんにちは。

自分へのごほうびを全否定するつもりはないんですが、やっぱり程度・頻度が問題ですね。

ダイエットも糖尿病治療も基本的には食事と運動に勝るものはないと思うのですが、自分に甘い方は言い訳のレパートリーもまた豊富だなあと感じます。


・甘いもののない生活は自分のQOL(quality of life)が下がる。

 →程度の問題だと思いますよ。
  今後二度と甘いものを食べられないというわけじゃないです。

・糖質食べないと体がおかしくなる。

 →気のせいじゃないでしょうか?
  もし本当にそうなら糖質依存だと思います。

・運動したいけど、スポーツジムが近場にないし、あっても高いし、
 夜道のウォーキングは危険だし…

 →運動はスポーツジムで行うものだけではないし、夜が危険なら早朝やってみては?
  朝1番に程よく汗かくと気持ち良いですよ。

・運動する時間が全然ない。

 →1日の生活の中の10分、20分の細切れ時間を使ってみては?
  軽く動けば体もリフレッシュして、仕事や勉強の息抜きになりますよ。

・糖質を買って食べる人間がいるから、売る側が儲かっている、私は経済を回してる。(だから良い。)

 →それは経済の話として良いのであって、体の改善には無関係。(論点のすり替え。)

・あなたができたこと(糖質制限や運動)が他の人もできると思わないで。
 あなたはたまたま好物が甘いものじゃなかったから簡単にできたんでしょ?

 →そう言われる(開き直られる)と何も言えないなあ…
  現に私は蕎麦(糖質)は今でも好きだし、食べてるけどなあ。


まだまだ他にも聞きましたが、段々真面目に答えるのが億劫になりました^^;

こう言う方は今の生活のままで、痩せたり、血糖値コントロールしたいんだろうなぁと思いますが、自分の意識が変わらないと、体は変化しないのになと常々感じます。』


derb さん、いつもコメントありがとうございます。
お礼とお返事がすっかり遅くなってしまい申し訳ございません。

今更ですが、コメント読ませて頂いて、大笑い致しました。

おるおる、こんな人って(笑)

できない&やらない言い訳をタラタラ並べる人達。

糖質制限食をできない理由で私が聞く一番多い言い訳は、

「仕事で外食多いからできません」

たわけ。

これ、今まで何度も書いてますが、外食が多いから糖質制限出来ないは、単なる言い訳に過ぎません。

まあ、たまの旅行で羽目外すのはいいとして、出張で糖質制限食ができないってのもそうです。

江部康二先生も私も、出張&外食、多いです。

ですが、ちゃんと糖質制限食出来てます。

要はやる気があるかどうかです。

言い訳する前に努力しましょう。

努力を惜しまず自分で考えて行動しましょう。

それができないなら、わざわざ言い訳してんと、好きなだけ糖質食べてればいいんじゃないでしょうか。

糖質制限食、誰かに強制されてするわけじゃないですから。

あと、糖質制限食実践中に食べっちゃった言い訳も山盛り聞きますね。

「付き合いでどうしても…」

「勧めてもらって断るのも悪いし…」

「酔っ払っちゃって…」

私は、糖質制限中にパンやらご飯やら麺やら甘いものやら食べてもいいと思うんですよ。

「おやじダイエット部の奇跡」の桐山秀樹先生仰るところの、「給水ポイント」ですね。

例えば、さっき書いたように、旅行に行った時はご当地ラーメン食べてみるとか、週末は糖質開放日にするとか。

糖質制限食は続けてナンボです。

それが息抜きになって、また気持ちを新たに糖質制限食に取り組めるなら、開放日を作るべきだと思います。

けどね。

付き合いで食べんとアカンやら酔っぱらって糖質食べてしまったやら、糖質制限食をひたすら続けられるヤツはマゾだとかは、自分が食べた罪悪感を酒やら他人にすり替えて正当化しようとしてる以外の何ものでもありません。

だったら糖質制限食やめるか、素直に「食いたいし食うたんや、何か文句あんのか」って言うたらええやんと思います。

さっきも書きましたけど、誰もアナタに糖質制限を強要してませんから。

糖質制限食、するかしないかを決めるのはアナタ。

好きなだけ糖質食べて痩せない&血糖値が上がるのもアナタ。

合併症に近づいていくのもアナタです。

それでも良ければ、好きなだけ言い訳してればいいでしょう。

けど、言い訳並べるなら周囲に「痩せたいけどどうしたら良い?」とか「血糖値下げたいんだけど…」とかの相談はやめときましょう。

何度も聞かされてその度に言い訳されると、本気で腹立ってきますんで(笑)




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


あらてつ的雑感 | コメント(4)
コメント
言い訳
あらてつさん

体調いかがですか?って・・・悪いんですね^^;
あらてつさんの人気を妬む誰かに一服盛られたのかもしれませんね(v_v)
どうぞお大事に。
早く元気になりますように。

さて、今回のコメント、そしてそれに対するあらてつさんの回答がまた笑えました(*^▽^*)
もう本当におっしゃる通りです。
出来ない言い訳探すくらいなら、出来る方法を見つけ出すか、自分はそんな人間だと割り切るかどちらかにすれば良いのに。
運動なんてその気になれば本当に隙間時間でいくらでも出来ます。その気にならないからしないだけです。
私はよく隙間時間でストレッチやら軽い筋トレやらしています。
電車の待ち時間や電車の中で、ただボーッと立ってると疲れるし時間も勿体ないから、本読んだりスマホで英語聞いたり、そして人にバレない様にこっそり筋トレしてます^^;
背筋を伸ばしてお腹とお尻に力を入れたり、足の筋肉を意識しながら床に足を押し付ける(一応筋トレの本を参考にしてます)。
ご飯作る時や、とにかく意識している時はなんやかやと軽いストレッチや筋トレしてる事が多いです。
私から言わせたら、時間がないなんてただの言い訳。決して人と比べて暇な毎日ではないし、江部先生には負けますがそれなりに忙しい毎日ですが、自分に言い訳しない程度の事は出来てます。
ほんと、要はやる気の問題。
やる気のない人は、もう面倒くさいからなんも聞いてこんといてって思いますね^^;

糖質制限も、ダイエットも、運動も、勉強も、仕事も、私生活を充実させる事も、出来ない言い訳をたくさん考えてる暇があったら、どうやったら出来るのかを考える方がよっぽど良いと思うのに。
No title
こんにちは。


またまた記事、ありがとうございます。

マゾも聞きましたね(笑)
「ストイック~絶対無理~続けられるなんて、すごーい。私には無理無理~」と。

糖質制限をやれと命令したり、強要したりしてないから、せめて真面目に取り組んでいる糖質セイゲニストを小ばかにするのはやめていただきたいですね^^;


あと、あらてつさんも仰るよう、
「どうやったら痩せる?」とか
「血糖値コントロールは?」とか
何度も聞かれても、困るなぁとしか(苦笑)
Re: ひろさんへ
ご心配頂いていたのにお返事が思いっきり遅くなって申し訳ございませんm(__)m

また、福岡での糖質制限ワインの会、ご参加頂きありがとうございました。

言い訳ですが、本気でやる方は最初から言い訳なんてしませんもんね。

最近は、言い訳しだした瞬間から、「コイツはやる気ないわ」と思うようになりました(笑)


Re: derb さんへ
いえいえ、こちらの方こそ、いつもコメントありがとうございます。
お返事が思いっきり遅くなって申し訳ございませんm(__)m

>糖質制限をやれと命令したり、強要したりしてないから、せめて真面目に取り組んでいる糖質セイゲニストを小ばかにするのはやめていただきたいですね^^;

これ、仰る通りです。

「自分にアマすぎ〜そのままデブでいて〜そんなんこそ私には絶対無理〜」って返してやりましょう。




管理者のみに表示