08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

沖縄で唯一、本物の糖質制限食を食べさせてくれるドルチェとパスタのお店 ピキタン

2015年09月30日
先日、久しぶりにクジラを食べました。

私が子供の頃はしょっちゅう食卓に登っていたのですが、1982年にIWCが商業捕鯨を禁止してから鯨肉が出回らなくなり、この十年は、クジラを食べた記憶がありません。

オーストラリア、国を上げて日本の捕鯨活動に反対しています。

ですが、オーストラリアってコアラが増えすぎたって殺処分してるんですよね。

コアラだけじゃなくて、カンガルーも何万匹の単位で殺されています。

ちょっと前に書きましたが、ケネディ駐日大使、イルカ漁に反対してますが、ジュゴンの生息する海域を埋め立てて基地を作ることに反対していません。

シー・シェパードやらグリンピースが、ビクトリア州議会や辺野古沖で抗議活動をしたなんて話、ついぞ聞いたことがありません。

要するに、コアラが殺されようがカンガルーが殺されようがジュゴンが住むとこなくなろうが、この連中にはどうでもいいわけです。

これって、「ホゴ」じゃなくて「エゴ」とちゃうの?と思う、あらてつです。

殺していい基準が分からねー。

さて。

遅れ馳せながら、今月16.17.18日と行って来た沖縄紀行、もとい、沖縄出張記です。

16日の朝、弊社デザイナーのトコロテン母、糖質制限ドットコムの“テビチ大好き”店長ヤマモト、管理栄養士のCocoroちゃんと待ち合わせ、向かった先は伊丹空港。

この週、殆ど寝てない私と、飛行機が怖くて一睡もできなかったCocoroちゃんを尻目に、沖縄に行ける!とスーパーハイテンションなトコロテン母&店長ヤマモト。

空港に向かう車の中から空港まで、まるで遠足に行く小学生のようなはしゃぎっぷりでした(笑)

この日は満席だったにも関わらず、遅れてくるアンポンタンが居なかったので、定刻通りのフライト、2時間後にはまだまだ真夏のナハに降り立ちました。

で、空港から今回の沖縄出張の目的地、沖縄で唯一、本物の糖質制限食を食べさせてくれるドルチェとパスタのお店ピキタンに直行です。

ピキタンさん、何度かご紹介していますが、京都のカフェ・ハルディンと合わせ、日本で2軒しかない京都江部粉を使ったパンやパスタを提供してくれるお店です。

今回、グレードアップした京都江部粉麺用ミックスを使った手打ち糖質制限パスタと、試作の糖質制限ドルチェが完成したとの連絡を頂き、試食&販売に向けた打ち合わせの為にやって来ました。

せっかくなのでお店のご紹介。

こんな感じ。

外観
外観

看板です
看板

本日のメニュー
看板2

カウンター
カウンター

テーブル席ですね
テーブル

今回の目的の一つ 京都江部粉麺用ミックスを使った手打ちフィットチーネ
ピ4

バリうま。

これまでも美味しかったですが、さらに上を行く美味しさ。

史上最高の糖質制限麺と断言します(笑)

デザートのドルチェ盛り合わせ
ピ10

タルトもアイスクリームも、もちろん糖質制限

自分の糖質制限ドルチェを撮影するCocoroちゃん
ピ5

Cocoroちゃんのパスタを欲しそうに眺める店長ヤマモト
ピ3

糖質制限手打ちラーメン
ピ8

常連さんの糖尿病患者の方のリクエストで作られました。

出汁もスープも全部手作り。

ハッキリ言ってそこらのラーメン屋なんか足元にも及ばない出来栄えです。

それでいてしっかり糖質制限。

「嶋崎マスターありがとー!」と叫びたくなる逸品ですね。

先程紹介したドルチェのアイスクリーム、実はこれも常連さんの1型糖尿病の小学生の女の子為に作られました。

「他の兄弟にはアイスをおやつで食べれるのに、この娘だけピキタンさんのパンをおやつとして与えなきゃいけない。」

とお母さんから聞いた嶋崎マスター

「この御家族を笑顔にする魔法のお時間を作らないとダメでしょ。」

と日夜試作に試作を重ね、出来上がったのがこれらのアイスクリームです。

1型糖尿病の子どもでも血糖値の上昇を最小限に抑えられるように、徹底的に糖質を減らしつつ、それでも味には妥協しない。

嶋崎マスターと奥さんの患者さんに対する思いと糖質制限食に取り組む真剣さがヒシヒシと伝わってきます。

ついでにもう一つ。

ピキタンさん、以前は低いテーブルで床に座るスタイルだったのですが、糖質制限食を始めるにあたり、

「糖尿病の方は年配の方が多いだろうから、低いテーブルだと座るのが大変だと思って」

と、写真にあるテーブルと椅子に変えられました。

「うちには糖尿病のスタッフもいないし血糖測定もしてません、血糖値が上がろうが知ったこっちゃねー」

なんてパッチもん屋とは、そもそもの取り組む姿勢が違います。

沖縄在住で糖質制限食に取り組んでおられる方はもちろん、これからの秋の行楽シーズンに沖縄へ観光に行かれる方にも、本当に嬉しいお店です。

是非、お店にお立ち寄り頂き、マスターと奥さんの本気を感じて下さい。

そうそう、ご夫婦二人だけで切り盛りされているお店なので、糖質制限食ご希望の方はご予約をお願いしますm(__)m

特にドルチェが揃っていない時がありますので…。


DOLCE&PASTA
ピキタン
那覇市松尾1-10-7
TEL:090-1864-6990
URL:http://dolcepastapichitan.web.fc2.com/pichitan.html
【定休日】火曜日


皆さんのご来店、心よりお待ちしておりま~す♪




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


糖質制限食食材 | コメント(4)
コメント
沖縄糖質制限中華
自分は沖縄の古島駅の横にあるグルメエッセンスという中華料理屋に行ったことがあります。人生初の沖縄旅行で空港から直行しました。
ハンバーグのセットと、皮に油揚げを使った餃子を食べました。
おいしかったです。
こんばんは
はじめまして。いつもブログ楽しみにしています。
お忙しいかと思いますが、相談を聞いていただけると幸いです。
本日主人の会社の健康診断の結果が出て驚きました。
昨年のHbA1cが5.6(NGSPの方です)
今年は5.9でした。
昨年の診断結果を受けて、今年にはいってから夕食のみ糖質制限を続けてきました。
なのに、この診断結果。
ちなみに、お昼はお弁当を持たせているのと、休日は外食もしますので糖質は多めに摂取していると思います。
ですが今年は夕食を糖質制限に切り替えたのでかなり改善されてると思っていたのですが、なんだかモチベーションが下がってしまいました。
ちなみに主人は35歳、空腹時血糖値は72と出てました。体重は64キロと、昨年より5キロ減っています。
そして5.9と出ていたのに要検査にはならず、本人もそんなに気にしていません。それが一番問題かと思うのですが、、
今のままの食生活では主人はやがて糖尿病になってしまうのでしょうか?心配でなりません。
ラカントの「甘味」も要らなりますか?
あらてつさん、初めてコメント致します。江部先生のブログと共に、いつも勉強させていただいています。ありがとうございます。

スーパー糖質制限を始めて半年過ぎぐらいで「甘味」を感じる味覚は変わる方は多いですか?
お陰様で、約半年で、血糖値とa1cは、ほぼ正常値になりましたが、最近、「甘い物」があまり欲しくなくなりました。ドットコムのスイーツや手作りの糖質オフスイーツもあまり食べたく無くなりました。
それだけでなく、煮物(もちろん、ラカントに替えて作っています)などの甘さも少し食べたら、もう要らないなぁと感じます。

元々ちゃんと鰹と昆布等でイチから出汁を取って、煮物は薄味で作っています。ラカントの入れ過ぎでは決してありません。自分で言うのもなんですが(笑)、煮物は食べたら美味しいんですよ。でもあまり食べたくないのです。なので、最近は、出汁+ラカント+しょうゆ系の味付けの、いわゆる「普通のよくある和食」のおかずの出番が減りました。

こんな風に感じる方って他にもたくさんいらっしゃるんでしょうか?
Re: 通りすがり さんへ
コメントありがとうございます。

グルメエッセンス、私も行ったことがあります。

店主の方、頑張っておられますね。

管理者のみに表示