09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

子どもと糖質制限食とおやつの考察

2015年07月15日
今日は新商品のお知らせから。

私達ども糖質制限ドットコムより、糖質オフ パウンドケーキが新発売となりました。

たっぷりのバターと発芽大豆粉を使い、しっとりと焼き上げたパウンドケーキです。

少量で腹持ちがいいので、朝食や間食はもちろん、糖質制限食に取り組んで口寂しい時などにお勧めです。

また、タンパク質、食物繊維も豊富なので、これらの栄養素が不足しがちなダイエットにもGood!

女性にうれしい糖質オフパウンドケーキです。

是非一度お試しあれ。

糖質オフ パウンドケーキ
http://www.toushitsuseigen.com/products/detail110.html

はい。

間食の話が出たところで。

9日に「子どものおやつと糖質制限」と題して、akanenさんから頂いたコメントをご紹介させて頂いたところ、同じ年頃のお子さんをお持ちの読者の皆さんからコメント頂きましたので、引き続きご紹介です。

みさこさん

『おやつ

私には小5と小3の息子がいますが、息子たちのお気に入りのおやつ。 



スライスチーズをクッキングペーパーに乗せて3分チン→冷ます。

これはバーンスタイン医師の本に掲載されていたものです。 



サンドイッチ感覚で、ハムやゆで卵などをのっけて食べるのがとてもおいしいらしいです。 



あと上の子はコーヒーゼリーが好きなので、ラカントSを使って手作りしています。』


rapsberry さん

『食育の大切さ

子供はなかなか親の言う事を素直に受け入れないので、学校で先生がそういうお話をして下さるのはすごくいい事ですね。 



うちの子も、朝とお昼は給食なので仕方がないと思っていますが、おやつと晩御飯に関しては糖質制限を心がけています。

特に晩御飯はおかずから食べさせて、ご飯までたどりつかないことがしばしば。 


おかずと一緒にご飯を出すという事をしないので、子供にとってもご飯とおかずは一緒に食べるものではないという感覚が身についてくれればいいと思っています。』


るりさん

『こんばんは!

私にも三年生の息子がいるのでコメントします!


砂糖の量について学校で指導があるなんて、素晴らしい学校ですね! 


うちでは、ジュースは特別な時にしています。

例えばお出かけや外食、友達と遊びに出かけるときなどには好きなものを飲んでいいよ!と言っています。 


あとは、おやつ。 


うちの息子の場合、肉食なので(笑) 
おやつにはジャーキー、ハムやウインナーやフランクフルトが好きです。 


あとはあらてつ様の言う、おつまみでスルメ、チータラとか(笑) 
でもやっぱりたまに甘味が食べたくなるのか、そういう時にはチーズケーキやプリンを、ラカントやメープルを使って焼いてあげています。


厳しく制限は無理なので、GI値や食べる順番なんかも気にして言っています。』


みさこさん、rapsberry さん、るりさん、改めてコメントありがとうございました。

かなり前に書いた気がするのですが、20代の頃、学童保育所で働いておりまして、勤め出した当初、びっくりしたのが「おやつ」の時間でした。

というのも、私にはおやつを食べる習慣ってのが無かったんですね。

それこそ祖父の豆をつまむ程度で、親が「おやつ」の類を買い与えて食べさせるなんてことのない環境で育ちました。

なので、小学生がムシャムシャおやつを食べる、ましてや大人がおやつを与えている光景が衝撃で、結局、最後の最後まで、この「おやつ」には馴染めませんでした。

私の勤めていた学童保育所、1年生~6年生までが対象で、低学年と高学年に分かれていろんな活動しておりました。

1年生~3年生は、毎日3時に指導員がおやつを準備して食べさせるわけですが、チョコレートやらラムネやら飴やら、砂糖のカタマリと言っても過言ではないお菓子と、トウモロコシやジャガイモでできた、いわゆるスナック菓子ばかりを出すわけですよ。

もちろん、子どもたちはこんなおやつが好きですから、出されりゃ喜んで食べるのですが、これが高学年になると、決まったおやつの時間以外に、自分たちがお小遣いで買って持ってきたお菓子を、のべつまくなし食べてます。これ以外に、清涼飲料水もぐびぐび飲みます。

親が共働きで帰って来るのが遅いので、晩御飯も遅くなります。

なので、お腹が空くのは分かるのですが、食べているのが殆ど糖質というのは如何なものか。

このおやつだけでなく、家での食事内容も、朝は菓子パンとジュース、夜はカレーやチャーハンといった、正に炭水化物オンリーのメニューです。

ここまでくると、“日々是糖質”と言っても過言ではないですね。

現代人は、総摂取カロリーの80パーセント近くが炭水化物になっていると以前に書いたことありますが、この子どもたちの場合、口にするものの9割が炭水化物(糖質)ではないでしょうか。

しかも、精製された炭水化物(糖質)ばかりですから、吸収が良いですし一気に血糖値を上げてしまいます。

膵臓が未発達の幼少期から、朝から晩まで一日中インスリン出っ放しの食生活、膵臓が疲弊しない方がオカシイですよね。

こんな食事内容では、小児糖尿病が増加しているのも、さもありなんと思います。

ですが、糖質が血糖値を上げてしまうとか、膵臓に負担を掛けるなんて、糖質制限に興味を持って勉強しない限り誰も教えてくれません。

糖質制限食をもっともっと普及させて、正しい食育がなされるようにしないと駄目だなぁと思いました。

そういう意味では、akanenさんのお子さんの学校での指導は、とても良いのではないかな〜と思います。

合わせて炭水化物の食べ過ぎに注意なんてやってくれると、もっと良いのですが(笑)



糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。

糖質制限食 | コメント(3)
コメント
お聞きしたいんですが、
わたしは大学2年女子です。
糖質ダイエットや食事制限で一ヶ月で6キロやせました。
ところがここ三日くらい今まで通りの生活をしていたはずが1キロふえてしまいました。
特に食べ過ぎたわけでもなく、今まで通り生活していたつもりです。
ただ、朝ごはんを
ヨーグルトのみにしていたのを糖質が高いようなのでサラダやお肉を少したべるようになりました。
それがいけなかったのでしょうか??
解答お願いいたします。
こんにちは
5月の中頃にコメントさせて頂いて
『焦り過ぎですよ』笑とアドバイス頂きました およ☆と申します
156センチ 60.2キロからスタートし 一か月ほどで3キロ程減った後で 減らなくなって 焦っていました笑
その後 落ち着きを取り戻し笑 あらてつさんの 過去記事を さかのぼり全部読ませて頂きました 勉強になりました
何年も変わないスタイルでずっと続けておられるブログも 糖質制限も コメントへのお返事も 感謝と尊敬でいっぱいです
す すごいです!
報告させて下さい笑
今は 4月から始めた糖質制限で
60.2キロ→51.5〜52キロをウロウロ中です
まだ体脂肪率が29%前後ありますので
減る脂肪がまだまだありそうです
このまま美味しく楽しく 続けていきたいと思います
104キロだった主人も97キロに!嬉しい限りです笑
子供のおやつや ご飯は 私も気になってしょうがないです
このままあと何年も こんな事続けてたら…と 怖いなと思います
まだまだ何も出来ていませんが
オヤツにジャコとか 魚肉ソーセージとか…
スナック菓子よりは…と思いながら 出してみたり…

甘いパンやジュース スナック菓子は 随分減らせているので そういえば…
食費も上がるどころか
必要なもの不必要なもの が わかりだしたので 下がっています笑
またコメントさせてください
長々と失礼しました


Re: およ☆ さんへ
コメント並びにその後の経過をご報告頂きましてありがとうございました。

ひたすら駄文を綴ってきただけなので、感謝して頂くよなことはしておりませんよ〜。

せっかくコメント頂いたので、本文の方でご紹介させて頂きますね。

管理者のみに表示