05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

糖質制限は痩せてる人・太めの人どちらでもOKです♪

2015年02月05日
先月、博多から知人の女の子が転勤で大阪に引っ越してきました。

引っ越してくる前、

「大阪に来たらボケとツッコミできひんだらやっていけへんしな。ちゃんと吉本新喜劇見て勉強しときや。」

とアドバイスしておきました。

今度勤め先に、「邪魔すんで〜」と言って訪ねて行こうと考えている、あらてつです。

ちゃんと返せへんかったら、大阪城公園で特訓ですな。

因みに、このブログをお読みの関西人の皆さんには入門編にもならないですよね(笑)

さて。

前々々回、「糖質制限ダイエットは、ガリガリにも合っているのでしょうか?」の記事に、読者のみさこさんからコメント頂いておりまして、今回のシリーズ(?)の結びの一番としてご紹介させて頂きます。

『痩せてる人・太めの人どちらでも♪

こんにちは、先日2型糖尿病と診断されてしまったみさこです。

私の父はやはり30代で糖尿病になり、最初の1年で20キロもダイエットして痩せ体型になったにも関わらず、医師からさらにカロリー制限を指示されて困っていたそうです。

しかし糖質制限を知ってチーズやナッツを食べるようになって、少し体重が増えて血糖コントロールも良くなったそうです。

いっぽうBMI25近くあった私は糖質制限で体重が少しづつ減ってきています。

いい感じです!』


みさこさん、コメントありがとうございました。

早速ですが、

「20キロもダイエットして痩せ体型になったにも関わらず、医師からさらにカロリー制限を指示されて困っていた」

医者から同じこと言われて困った方、他にも沢山おられるのではないでしょうか。

これって正しくカロリー制限の弊害ですよね。

痩せたのにこれ以上カロリー減らしたら死んでまうやんけって。

カロリー制限で一時的に血糖値が下がるのは、カロリー下げれば相対的に含まれている糖質が減るからです。

そこを全く理解せず、糖尿病だから「取り敢えず」カロリー制限。

痩せてようが太ってようがそんなの全くお構いなし。

結局、全く患者を見てない治療なんですよ。

カロリー制限で最初はちょこっと血糖値が下がっても、結局、食後高血糖を引き起こしてることに変わらんので、どんどん糖尿病は進行して行きます。

お父さん、手遅れになる前に糖質制限食に出会えて本当に良かったです。

糖質制限食なら、体のもとになるタンパク質や脂質をしっかり摂れるので、カロリー制限で不健康に痩せてしまった方も、健康的に体重を増やすことができますし、体重を減らしたい方も、もちろん健康的に減量することができます。

しかも、カロリー制限のように食後高血糖は起きませんから。

みさこさんも徐々に体重が減ってきておられるとのことなので、これからもお父さんとお二人で、「美味しく楽しく」血糖コントロールされて、健康的に増量&減量を目指してくださいね〜。





糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。

糖質制限食 | コメント(3)
コメント
ありがとうございます!
あらてつさん、紹介していただいてどうもありがとうございました。

じつは弟も2型糖尿病と診断されたのですが、すぐにスーパー糖質制限を実行したところ、ほぼ正常人と同じ程度まで数値が良くなり、医師からも驚かれたそうです。

弟の場合はかなりの肥満だったのが、糖質制限で標準体重近くまで落ちましたね。

Re: みさこさんへ
いえいえ、こちらの方こそコメントありがとうございました。

弟さんもスーパー糖質制限食で糖尿病改善されたんですね。

しかも、肥満が標準体重まで改善されたとのこと、本当に良かったです。

これだけ改善のお声を頂いてるのに、まだ認めようとしない某日本糖尿病学会の姿勢は如何なものかと思いますが…
糖尿病の方への食事のお誘いの方法?
横からすみません。
友人が糖尿病の友人を連れて晩御飯を食べにやってきます。
直接本人にうかがったのではないので、詳しい病状はわからないのですが、
「どんなものを用意したらいいの?」
「なんでもいいよー。どーせインスリン打って自分でコントロールできるから。」
といった感じです。

彼が糖質制限ダイエットをしているので、「インスリンを使わなくても、血糖値が上がらない食事を用意したらいいよ。」と、まあ、つまり普段自分達が取り組んでいるダイエット食を普段通り用意してたらいいんじゃない?と気楽なんですが。。。

友人の友人、糖尿病の方とはほとんど面識がなく、私達ホストが、その方のご病状を知っていることも、ご本人は知らないと思います。
そこで、「押し付けがましく」「したり顔」で、あからさまな糖質制限メニューを用意したりしたら、不愉快な思いをされるでしょうか?
それとも、ご本人がインスリン治療をされているのだから、「通常の」メニューで通した方が安心されるでしょうか?

何が問題かというと、実はデザートなんです。。。

私達は、厳密に糖質カットをしているわけではなく、実は「ハチミツ」だけは甘みとしてokにしてしまっているんです。
小麦粉の代わりにココナッツパウダーを使ったケーキなんですが、コレを出すか、もしくはデザート抜きか。。。

もし、出さない方がいいのであれば、何か代替案があればアイデアをお借りできませんでしょうか。

できれば、また来て欲しいので、気持ちよく食事をしていただきたいのです。

管理者のみに表示