09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

甘草エキスとフスマパンの妊娠への影響についてご質問頂きました。

2014年12月27日
3年前に出版の件でやりとりした台湾の出版社の方から、今の時期、毎年ご挨拶が届きます。

やりとり言うても、1回電話で話して、メールを数回送っただけなのですが。

先日もご丁寧に日本語で頂いたので、お礼のメールをしたところ、またご丁寧にお返事頂いてしまいました。

とても義理堅い方です。

その台湾ですが、以前から一度行ってみたいな〜、けど知り合いもおらへんし、一見さんで行ってボッタクられたらかなんな〜などと思い、二の足を踏んでおりました。

が、この方にお願いしたら、きっと案内してくれるのではないでしょうか、いや、案内してくれるハズ(笑)

この年末、「2015年台湾で行ってみたい場所リスト」を作成しようと考えている、あらてつです。

まだ行くともなんとも言ってないのですが(笑)

さて。

妄想話は置いといて、きむら さんから、甘草エキスとフスマパンの妊娠への影響についてご質問頂いたので考察してみませう。

『こんにちは。

機能性低血糖症の治療として糖質制限をしています。

実は妊娠がわかり、心配に思うことがあります。砂糖の代わりにラカンカットを使っていますが、原材料に甘草エキス末とあります。これは食べても赤ちゃんに影響はないでしょうか?

また、毎日食べているふすまパンに入っている甘味料も気になります。
アセスルファムKが使われていますがこれも大丈夫なのでしょうか?』


きむらさん、コメントありがとうございます。

まず、甘草エキスの妊娠への影響ですが、甘草自体は漢方薬でよく使われており、「甘草湯」といって喉の痛みや咳を抑える市販薬にもなってます。

欧米では、甘草に含まれるグリチルリチン酸が砂糖の30倍の甘さを持つことから、甘味料としてよく使われているそうです。

ですが、薬として作用があれば、もちろん副作用もあるわけで、日本では、1日摂取量が200mgに制限されています。

今回調べて初めて知りましたが…。

で、きむらさんが1日にどの程度ラカンカットを使われて、ラカンカットにどれくらい甘草エキスが入ってるか私には分からないので何とも言えないのですが、お国が制限してる範囲を越えなければ、普通に甘味料として使う分には、そない問題ないのではないかなと思います。

ただ、妊娠中とのことなので、甘草が胎児に与える影響など、このあたりは婦人科のドクターに聞いてもらうのが一番いいですね。

次に毎日食べておられるふすまパン。

江部康二先生のブログにコメント書かれた原材料の内容から、鳥越◯粉の粉を使ったロー◯ンか、同じ粉を使った他所の店のものかと思います。

結論から言うと、私なら食べません。

私ども糖質制限ドットコムも、以前はフスマパンを販売していましたが、3年前に取り扱いをやめました。

何故か?

数値以上に血糖値が上がるから。

そもそも、“糖質制限”と謳いながら、メーカーの営業が、「うちの商品、血糖値上がります」なんて言ってるモン、あかんでしょ。

アセスルファムカリウムうんぬん以前の問題です。

あ、アセスルファムカリウムの妊娠への影響ですが、これも産婦人科のドクターに聞いてもらった方がいいです。

次に診察に行かれたら、ドクターに質問してみてくださいね。





糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



糖質制限食 | コメント(1)
コメント
コメントありがとうございます。

大変参考になりました。

ラカンカットには甘草エキス末0.5パーセントが入っていると記載があります。次回の検診の時に先生に確認してみようと思います。

管理者のみに表示