10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポーツと糖質制限食の考察

2014年11月20日
ナウいフリスビーさんから、糖質制限中の間食についてご質問頂きました。

間食の話もですが、ナウいフリスビーさん、マラソンをされておられるとのこと、糖質制限とマラソンの関係に個人的に大変興味があるので、本文でご紹介させて頂きますね。

『はじめまして

長文失礼します。

糖質オフアスリートで検索してこのブログに辿り着きました。

私は30歳男です。

猫背と胃下垂のガリ男で、マラソンで2時間40分を目指している、キロ5分が精一杯、10㎞ぐらいしかまともに走れないランナーです。

以前、糖質オフの本を読んで糖質オフをしたらフラフラになった次第です。

糖質オフを唱えてるのはアスリートじゃなくて医者とかだから…と辞めてしまいました。

あらてつさんのブログに辿り着き、ブログを読まさせて頂き、また糖質オフをしようかと思っています。

フラフラになったのは疲れない体への過程だったんですね。

とりあえず、炭水化物はジャガイモと玉ねぎに頼ろうかと思います。

ところで質問なのですが、糖質オフで仕事の休憩中に食べるとしたら、何がよろしいでしょうか?

長文失礼しました。』


『再び長文失礼します。

お忙しい中、返事をいただきありがとうございます。

糖質制限をして5日目ですが、確かに食後に眠くなりません。

仕事の休憩中は茹で卵にマヨネーズをかけて食べていました。

ナッツやチーズと言う手があったんですね。

今日、甘くないヨーグルトをコンビニで買って食べたんですが、栄養表示で100g中5.5gの炭水化物

450gですから、20g近い炭水化物…。

失敗してしまいました。

そして、昨日から頭の働きが悪くなって来ました。

新しい仕事にまだ慣れなくて、働きの悪くなって来た頭では無理があると思い、今日辞めてしまいました。

ところで疑問なのですが、工場仕事程度の運動強度なら糖質オフで充分だと思うのです。

しかし、長時間の高強度の運動の場合、糖質オフで大丈夫なのか?と思うのです。

強度が高くなるほどエネルギー使用率が糖寄りになると聞いた事があります。(間違っていたらすみません)

ハードなトレーニング(インターバル走など)をするのなら、トレーニングをする時だけ糖分補給をして、普段は糖質オフにした方が良いでしょうか?

月~水は糖質オフ、木~土は糖質オンのカーボローディングみたいな感じにして、日曜日に思い切り追い込もうかな?と考えている次第です。

かなり長くなってしまい、すみません。』


『追伸、連続コメント失礼します。

調べたらジャガイモやニンジンも糖質オフとしてはダメみたいですね。

ビタミンCを含んでいるし、ご飯よりは健康的な炭水化物だと思っていました。

少し買い込んでしまったのでガックリです(笑)

中には玄米もNGと言う記事もあってびっくりしました。

玄米があればサプリメントいらずだと思うのですが。

連続コメント失礼しました。』


ナウいフリスビーさん、コメントありがとうございます。
お返事大変遅くなって申し訳ございません。

早速ですが、間食については、コメント欄でお答えした通りです。

基本的にたんぱく質・脂質が主成分の食材なら大丈夫です。

あと、ジャガイモやニンジンは、糖質オフにならないですよ(笑)

そもそも、健康的な炭水化物などありません。

玄米もしかりです。

健常人が食べるにあたって、白米よりはいくらかマシですよって考えて頂ければよいかと。

最近、糖質制限食の流行りに乗っかって、本やらブログにワケのわからんこと書いてる連中が多いので、くれぐれもお気をつけください。

江部康二先生のブログや本を熟読して頂ければ、間違うことはありませんので。

あと、糖質制限食に取り組まれた初期段階では、体が脂肪代謝に切り替わるまで時間がかかります。

フラフラになったのはその所為で、ここで糖質を摂ってしまうと、元も子もなくなりますので、ご注意くださいね。

で、本題。

運動と糖質制限食ですが、100m走のような高強度の無酸素運動には、ハッキリ言って糖質制限食は対応外です。

数年前、西日本新人王を獲ったプロボクサーの減量指導をさせて頂きましたが、糖質制限食では練習にすらなりませんでした。

ボクシングの練習は、高強度の運動を長時間持続させる最たるものだと思いますが、脂肪代謝じゃエネルギーの生産が追っつかないのでしょうね。

反対に、マラソンや自転車競技、トライアスロンなどの持久型の競技では、糖質制限食で記録が上がったと江部康二先生のブログや私のブログに、競技に取り組まれている読者の方からコメント頂きます。

ナウいフリスビーさんが仰る「長時間の高強度の運動の場合」が、どのようなスポーツを指すのか分かりませんが、マラソンであれば、「糖質オフの本を読んで糖質オフをしたらフラフラになった」なんて事は、起こらないのではないかなと思います。

ただ、私はマラソンをやったことがないので、「こうだ!」ってエラソーに言えません。

はい、ここで困ったときの読者の皆さん頼み(笑)

ブログ読者の方で、マラソンや自転車、トライアスロンなどの持久型の競技をされておられる方、糖質制限で記録が伸びた、若しくはレースにならなかった、食事内容や練習方法がこう変わったなど、できれば詳しくお聞かせ頂けると嬉しいです。

あと、糖尿病で競技に取り組まれておられる読者の方のお話もお伺いしたいです。

特に、1型糖尿病でレースに出られてる方がおられましたら、是非お話をお聞かせください。

どうぞ宜しくお願い致します。





糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



糖質制限食 | コメント(10)
コメント
質問です。
江部先生のとある昼食のメニューがコンビニのおでんだったのですが、だしには糖分が入っているはずなんですが。食材にもきっとおだしがしゅんでいると思うのですがどの様にして食べておられるのかちょっと疑問に思いました。江部先生のブログにもコメント出したのですがうまく届いていないみたいのでこちらにコメントしました。
Re,質問です
ご無沙汰しています。あらてつさんが切れる前にコメントします。
1食の糖質量が10から20gと何度も言っているじゃないですか。大根1切れと練り物1つ入れたとしても、また、だしを全部飲んだとしても計算すれば分かるじゃないですか。質問をする前によく考えてからにしたほうがいいんじゃないですか。
No title
自転車選手だと別府選手が炭水化物をコントロールしてるそうです。トレイルランナーの鏑木さんは有名ですね。トレイルランの本場のアメリカではカーボローディングならぬファットローディングが流行りだとか。
短距離などの瞬発系競技でもトップパワーは出なくなるかもですが、精神面の安定は結構得がたいメリットじゃないかなと思います。
Re: anさんへ
具材に染みこむ出汁の糖質は、山盛りの砂糖で煮付けるようなものでない限り知れてます。
おでんならなおさらです。

たまごやこんにゃく、スジ肉などをメインに選べば、ハマのとんけさん仰るように、練り物食べて出汁飲んでも、ほぼ糖質は10〜20g以内で収まります。
Re: ハマのとんけ さんへ
いつもコメントありがとうございます。
こちらの方こそご無沙汰しております。
おかわりございませんでしょうか?

さてさて、コメントお気遣い頂きましてありがとうございます。

ハマのとんけさん仰るように、ちょっと考えて頂ければ分かるのですが、まあ、ある程度仕方ないかなと(笑)
Re: SLEEP さんへ
コメントありがとうございます。

別府選手と鏑木選手、お名前はお聞きしたことがあります。

カーボコントロールをされているとのこと、どのような食事内容なのか、とても気になりますね。

先日、某有名スポーツ雑誌を読んでいたら、トップアスリート数名の食事が紹介されていて、ほぼ炭水化物なのには正直驚きました。

しかも、管理栄養士が栄養指導して考えたメニューだそうです。

長距離走の選手の方もいたのですが、これは如何なものかと思いました。

No title
zeviaというメーカーのノンシュガージンジャーエールを飲みました、アメリカ人もやればできるじゃんという出来です。エリスリトールはおいしいですね。

ダルビッシュ選手のメニューもほぼ糖質制限ですね、鶏、卵、ブロッコリー、トマト、五穀米だそうで。

http://matome.naver.jp/odai/2140076969453394801
Re: SLEEP さんへ
いつもコメントありがとうございます。

ノンシュガー、カロリーゼロ飲料、欧米が発祥なんですが、味に繊細さがないのがなんとも(笑)

話は変わりますが、今回の運動と糖質制限ネタ、SLEEPさん以外からコメント頂けないので、続きが書けません(笑)

実際に競技されておられる読者の方おられると思ってたんですが…。

糖質制限とジム
はじめまして。
5枚組のチョコレート、食後のデザートでナッツと共に、お口の中でマリアージュ⁈して楽しんでます。また明日届くクリスマスケーキ、楽しみです。
さて、私、週5でジム通いしてるんですが、ジム→普通強度のエアロビand/orヨガ、自転車漕ぎ40分•••のあと、しっかり糖質制限昼食食べて採血検査したら、CPK270 とか、BUN35, クレアチン1.3などの数値が出て、医師から、身体のタンパク質が壊れている状態と言われました。ジムのトレーナーも、ガソリン→糖質なしでは身体は効率よく燃えず、体内のタンパク質を壊して糖を生み出す?アミノ酸由来になるとか。糖質制限していれば、糖新生されてるはず?ではないんでしょうか。以来、血糖値100 前後で運動していたんですが、ミカン一個や、りんご1/4、ゼリー飲料•ナッツ→糖質15g、をとりおそらく血糖値140くらいまで上げてから運動し、運動後90-120位にしています。無理やり糖質を入れてまでして運動はしたくないんですが(涙)糖質制限の管理栄養士さんからは、そもそも糖質制限していればそんな運動は必要無いと言われます。でも私は運動したいんです。
体内のタンパク質を使ってしまう理由、100m瞬発走してる訳ではないのに糖新生だけではまかなえない?現状、どうすれば良いでしょう。
追伸
因みに、運動中燃料切れでフラフラになる事も低血糖もありません。でも血液検査の結果は体タンパク質破壊•••らしいです。骨密度も更に低下しました(泣)毎食肉and/or魚100-200gプラス大豆製品は欠かしてません。160cm/48kg 体脂肪率19%
糖質制限始めてやっと5ヶ月•••、もう少しすれば効率よく糖新生が行われ肝機能やBUN、腎機能 、CPK が正常値になるのか、はたまた、糖質制限栄養士さん曰く、そもそも糖質制限していれば、そんな運動する必要性がないし、タンパク質破壊している状態を続ける方が害とか...
糖質制限して運動機能上がったのではなく、逆?パターンみたいな話で申し訳ないですが、どうか暗中模索の私にアドバイスお願いします。
m(._.)m

管理者のみに表示