09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

続・糖質セイゲニストの皆さんは、男性でもご自分で制限食を用意されてますか?の記事に、読者の皆さんからコメント頂きました。

2014年06月05日
昨日、近畿地方が梅雨入りしたとみられるとの発表がありました。

近畿は平年より3日早く、昨年より8日遅い梅雨入りだそうです。

私の頭の中では、梅雨入りって6月半ばくらいとの認識があったのですが、何の根拠もない単なる思い込みに過ぎないことが分かりました(笑)

思い込みってコワイなって、今更ながら感じたあらてつです。

「日本人は農耕民族」「日本人の腸は西洋人より長い」とノタマウ人たちと同じですね(笑)

さて。

昨日文字数が多すぎてアップ出来なかった皆さんから頂いたコメントをご紹介しますね。

まずは、みちるさんから頂いたコメントです。

『お気持ちお察しいたします。

村すずめさんのお気持ちが痛いほどわかります。
私の夫も同じように結果を求める割に、自分の努力や我慢が足りない、全く料理しないタイプです。

2年前の夫の健康診断で血糖値が高かったことをきっかけに始めた糖質制限ですが、その頃の食欲がすごくてほんとに作ることに疲れていました。

もともと晩酌をするのでおかずの数が欲しいタイプなので、なるだけ野菜を多くと考えて5品ほどは作っていましたが、それでもまだ「なんかないの?」と言われる有様で、ほんとにその言葉にストレスを感じ、そこで「ない」と言えば、自ら買ってきたサラダ味のせんべいを食べるなど、効果もなく半年ほどで心が折れてそのときはやめていまいました。

去年の健診ではその半年だけでもよかったのか、なぜか数値が減っていたのですが、今年は要医療の赤紙を貰ってきました。

そこで再チャレンジして今日で3週間経ちました。

少し見た目にも痩せてきまして(痩せたいという割になぜか体重計に乗るのを嫌がるので数字は謎ですが)本人も空腹感がなくなってきて楽になってきたようです。

お昼のお弁当だけはご飯を玄米にして100gいれていますが、その分おかずを増やし、眠気もなくなりそれで充分と言っています。

私はと申しますと、あれもだめこれもだめというとストレスになるだろうと気を遣い、フルタイムで仕事もしているので、正直食材の買い出しもきつくなってきて、このストレスは誰が気遣ってくれるのかとイライラするときもあります。

でも、私も一緒に糖質制限を始めて眠気や時々あった夕食前の手の震えなど不快なことがなくなり、自分の為にも頑張らないと思うようになりました。

糖質制限ドットコムさんで大豆粉やラカントも買いました。

もともとおおざっぱな性格なので、自宅にあった砂糖も全部捨て少しでも知らずに摂ってしまう糖質も減らしたいと思っています。

前回は中途半端なのが無理があったように思います。そして、野菜重視になりすぎていて、夫は満足感が得られなかったようです。

今回はたんぱく質も気をつけて摂るようにしました。肉や魚は塩味で焼くだけで調理は簡単ですが、満足感があるようです。
葉物野菜は調理してから冷凍し、揚げ物なども多めに作っては冷凍しています。

なんのアドバイスもできてないですが、同じようにストレスを感じている方がいて、思わずコメントさせていただきました。

村すずめさんがサントウィッチ等で紛らわせる生活は村すずめさんの身体が心配です。ご自分の身体を最優先に、お互い頑張りましょう。

糖尿病でないのなら他のみなさまのおっしゃるとおり放置するもの手ですね(笑)』


最後は、クロウさんから頂いたコメントです。

『村すずめさんのお悩みへの回答

あらてつさん、こんにちは。
いつも、ブログを楽しく拝見しております。

糖質制限で寝付きがもの凄くよくなり、熟睡感ももの凄くよくなったのですが、ごくたまに何故か知らぬが眠れねぇ~( ̄ω ̄;) な時がありますよね~。

さて、村すずめさんのお悩みに対する私の回答を述べさせていただきます。

私のスペックは以下の通りです。
 ・44歳
 ・三交代勤務
 ・今年2月に糖尿病の診断がついた夫と二人暮らし(子ども無し)
 ・2月から1ヶ月はエネルギー制限、3月上旬から糖質制限、4月よりMECメニューも導入

基本は、あらてつさんと同じく、「本人の学習・実行意欲に任せ、あれこれ世話を焼きすぎない」です。

自分が行うことについての知識は、きちんと自分で手に入れないと、正確な判断ができず、確実な実行に繋がらないからです。

「糖質セイゲニストの皆さんは、男性でもご自分で制限食を用意されてますか?」

夫は大規模工業地帯で働いているので、工場周辺の渋滞を避けるため、6時に出勤しています。
睡眠時間の確保と早朝出勤を両立させるため、私が朝用と昼用の弁当を作って持たせています。

ただし、中身は朝・昼とも同じで、一食分は以下の通り。
 ・鶏肉100g強(おからパウダーをつけて、ノンフライヤーに放り込んで焼いたもの)
 ・目玉焼き2個
 ・キャベツ細切り(葉1/2枚分)
 ・6Pチーズ2個

これに昼食後のデザート感覚でチーズデザート1個と、間食用のアーモンド(素焼き)を持たせています。

アーモンドはバクバク食べすぎるので、今後はミニタッパーに一日分の20g(20個)のみ持たせようと思っています。

夕食は私が作成しており、たいてい18時半には食べられます。

私が調理が嫌いなのと、同じものを食べても二人とも飽きないので、毎晩メニューは一緒で以下の通りです。
 豚肉切り落とし焼き150g
 目玉焼き2個
 6Pチーズ2個
 葉野菜炒め(小松菜100g・しめじ25g)
 キャベツ・レタスマヨ和え(50g・30g、マヨ適当)
 トマト1/2個
 味噌汁(豆腐1/8丁・ワカメ2g)

三交代ですので、準夜勤(16-24時勤務)時は、味噌汁とマヨ和え、トマトを準備し、残りの焼きものは夫が帰宅して自分で作っております。

弁当は、準夜勤より帰宅して就寝し、約3時間後の5時に起きて作成します。

深夜勤(0-8時勤務)時は、私が21時頃昼間睡眠より起きた私が作って、一緒に食べています。

弁当は、夕食摂取後、作成します。

夫の職場での昼食環境は、職場がとる弁当かコンビニで自分で買うかの2択であり、コンビニで買わすと高くなるため、弁当作成をしております。余談ですが、茶碗洗いは夫の仕事です。

「食事の変化による空腹感にはどう対処されているのでしょうか。」

今、夫に確認しました。
LINEなので、具体性に欠けるかもしれませんが、ご容赦下さい。

返答は以下の通り。
 ・アーモンドやチーズで紛らわせています。6Pチーズは、朝食・10休憩・昼食・15時休憩に各1個。
  チーズデザートは、昼食時です。
 ・羅漢果を入れた甘味コーヒーを1~2杯、飲んでます。

夫は糖尿病であり、教育入院を2週間無理矢理させたことが功を奏し、「血糖上がるの、怖い(jДj)」状態ですので、高血糖予防目的での糖質制限でない方よりは自律性が高いと思います。

また、スーパー糖質制限ですので、半端な糖質摂取がない分、空腹感も少ないのではないでしょうか?

以上、長くなりましたが、村すずめさんのお悩み解決の一助となれば幸いです。

(余談:むらすずめというと、隣の市の銘菓を思い出します(^^))』


いかがでしょう、村すずめさん、参考になりましたでしょうか?

と書こうとしたら、村すずめさんからお礼コメント入っておりました。

『皆さんありがとうございます

大勢の方にコメントいただきありがたく思います。

実はここ一週間ほど一息ついていました。運動部の息子の都合でしばらくお弁当を作らなかったのと、フライパンを大きいものにして一度にたくさん調理できるようにしたのが効果的でした。

糖質制限に努力している方の投稿を読むと、本当に力づけられます。食欲のコントロールが難しいのもよくわかりました。

「ほっとけば?」というのは確かにそのとおりですね。夫はダイエット目的ではないので、「糖質制限やっても効果ないじゃない」と言われるのが嫌でつい必要以上に真面目になってしまったようです。本人の期待した効果が得られなかったら「真面目にやってないからじゃない」って返せばいいんですよね。

外食は自由に食べてる以上カロリー不足の心配はないと割りきって負担にならないようにしてみます。
チーズとナッツで補食することは伝えてあります。

私は糖質制限を始めていろいろ体質改善したので、夫にも花粉症が軽くなって欲しいとか希望はあるのです。

ダイエットで糖質制限されてる方は、実際にはカロリー制限も併用されてる様子ですね。
自分もがんばらねば、です。

あらてつさん、皆さん、本当にありがとうございました。』


いえいえ、村すずめさん、私はなんもしておりません。

読者の皆さんのお陰です。

コメントは頂いてませんが、読者の方の中には、村すずめさんと同じお悩みをお持ちの方も多いと思います。

このような悩みや困ったていることは、皆んなで共有すれば解決の糸口も見つけやすいかなと。

改めまして、皆さんの貴重な体験・経験をコメント頂きましてありがとうございました。




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


素朴な疑問を読者の皆さんに聞いてみましょう | コメント(6)
コメント
No title
うちの夫も自分では何もしないくせに文句ばかりで頭にきますが、ここは気持ちを切り替えて、「糖尿家系でレッドカード状態の夫が発症したら、看病の負担は今の比ではない」と思い、自分のためにやっているのと、もともと私が体調不良から先に糖質制限を始めていて、夫もおかずは同じでプラス炭水化物だったので夫のためというプレッシャーはないので、参考になるかどうかわかりませんが。

ごはん、麺類、餅、パンが大好きな夫には「どうせ主食を食べられないなら、モドキなど姑息な真似をするな、ガッツリ肉を食べる方がいい」と「もどきレシピ」は不評で、また、コテコテの鯖のみそ煮が大好きなので、糖質を控えるため味噌の量を減らして醤油を増やしたところ、「こんなシャバシャバのみそ煮を食べるくらいなら塩焼きの方がいい」と言います。
おそらく、今まで慣れ親しんだ味を忘れられないのでしょう。それならばと、タイ、トルコ、エスニック、地中海料理などに替えたところ、ニンニクやクミン、コリアンダーなど様々な香辛料を駆使して変化が楽しめるのと、オリーブ油たっぷりで満腹感が得られるので、今のところ好評です。
夫にとっては未知な料理なので、ビーフンやフォーをしらたきに、白いんげん豆を大豆に替えても気にならないようですし。

それから、糖質制限でなくても献立を考えるのって面倒ですよね。
なので、うちは基本的に夕食は、肉または魚+野菜+大豆製品と決め、そこに卵や海藻、きのこ、こんにゃくを組み合わせています。

常温保存できる海藻や干しエビ、高野豆腐などの乾物と、きのこ類を冷凍しておくと、もう一品何か欲しいという時に便利ですよ。

きのこも1種類じゃおかずになりませんが、3種類をマリネにしたりニンニク炒めにすると立派な1品になります。
おつまみは、高野豆腐をぬるま湯で戻して細かくちぎり、バターでカリカリに炒めて塩・胡椒をまぶしたり、マヨネーズと青のりをまぶしたり、スライスハムとチーズを大葉で巻くとか、スライスした玉ねぎにオイルサーディンをのせて粗挽き黒胡椒を振るだけとか、コンビーフを薄くスライスして両面をこんがり焼き、粒マスタードを添えるなど、手軽にできるものはいかがですか。

お互いに大変ですが、無理せず楽しみながら頑張りましょうね。
お粥
あらてつ様、ご無沙汰しています。

本日の新聞にGI値一覧表と言うのが掲載されていました。
高いのはパン、ごはん、いも類、グリーンピース、和菓子、洋菓子など。
これは糖質制限をしてる方なら基礎的なことですよね。

中程度のものにはパスタ。
これは(??)なのですが(どっちかといえば高い方に入るような気が)しますが
私がもっと不思議に思ったのがお粥です。
お粥が低GIの項目に入っていたのですが
どうなんでしょう?
「お粥は吸収が早いから、血糖値の上がり方も早い」と読んだことがあります。

人それぞれ違うと思いますが、一般的に見てお粥のGI値は低いのでしょうか?

炊いた米を水で煮て、同じ茶碗一杯でも水分が多いとはいえ…同じお米なのだから、私はお粥のGI値は高いと思います。

あらてつ様の見解をよろしくお願いします。




Re: ころころ さんへ
コメントありがとうございます。

せっかくなので、本文の方でご紹介させて頂きますね〜。

Re: いちこ大福 さんへ
いつもコメントありがとうございます。

こちらの方こそご無沙汰しております。

お粥のGIの件、本文で書かせて頂きますので、今しばしお待ちくださいませ〜。
世話焼きすぎ!
いやはや、うらやましい限りです。
そこまで夫にするとは。
逆に夫は自覚なさすぎというか、甘やかしすぎなんでは?と思いますね。
私なんかは、全て自分糖質制限食を作ってます。
子供がいるので妻は私のためだけに料理を別途用意なんかしませんし、むしろ家に帰れば子供のお菓子が目の見えるところに大量に置いてあり、セイゲニストの気持ちなんかまるで無視です。
妻のスタンスは、糖尿になったお前が悪い!という感じなので。
私もそう理解し、日夜オカラパウダーでポテサラ風を主食もどきとし、ストックしてある茹でたささみを解凍したり、週末は夏野菜のラタトゥユを作りおきしたりしています。
Re: ほっさん さんへ
コメント並びに男性の立場からの貴重なご意見、ありがとうございます。

ほっさんさんは、ご自分で食事の準備されてるんですね。

やっぱり、自分の食べもんくらい自分で作れんとダメですよね〜(笑)

糖質制限食は、自分でヤル気になって自分であれこれ考えて取り組まないと続かないです。

奥さん任せの男性陣も、是非とも一度ご自分で料理してみてください。

また新しい世界が拡がりますので。






管理者のみに表示