09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

糖質制限な白ワイン&読者の方から頂いた改善例のご紹介です。

2013年07月31日
昨日から販売させて頂いた糖質制限専門ワイン

Sarmentum(サーメンタム)

ワイン

お陰様で初日より大好評です。

が。

面白いことに、赤ワインの Sarmentum Merlot Barrica 2009 ばっかり出ます。

これはきっと、江部康二先生が本に

「糖質制限でも赤ワインならOK!」

と書かれてるからでしょう。

無意識に「白はダメ!」って皆さんの脳裏に刷り込まれているんだと思います(笑)

今回発売した、白ワイン Sarmentum Xarel.lo は、そんな刷り込みを吹き飛ばす画期的な「糖質制限白ワイン」です。

醸造元のクリストフが、

「これなら大丈夫だ!」

と力説していただけあって、尿糖試験紙の検査もパス。

江部康二先生の人体実験も

18:05 テニス後で空腹時血糖値:91mg

あらてつのスペインワイン白を約1/2本、摂取

30分後血糖値:93mg
60分後血糖値:92mg


と素晴らしい数値。

糖質制限食実践中の皆さんに安心して飲んで頂ける白ワインです。

うだるような暑さの中、糖質0発泡酒ばかりではなく、つめた〜く冷やした白ワインで爽やかに乾杯なんていかがでしょうか?

このSarmentum Xarel.lo、糖質はかなり少ないですが、しっかりフルーティーで飲みやすいので、当店の女性スタッフに大人気です。

ブログ読者の皆さん、一度飲んで頂ければ思わず「え?これで糖質制限?」って思って頂けるでしょう。

あ、もちろん赤ワインの Sarmentum Merlot Barrica 2009 もオススメです。

詳細&お求めは

糖質制限ワイン サーメンタム
http://www.toushitsuseigen.com/products/detail66.html

是非一度お試しあれ。

さて。

話は変わりまして、読者の黒川さんより、糖質制限で劇的に数値が改善!と大変嬉しいコメント頂きましたのでご紹介させて頂きます。

『劇的変化で数値が正常値に!

あらてつさん、はじめてコメントします。

身長185㎝×110キロのツレアイが、かねてから懸念されていた糖尿病と診断され、一念発起しました。糖質制限に取り組んで一か月半になりますが、HbA1cが7.2から5.6へ、わずかの期間に激減。「正常値です・・・」とお医者さんも、薬局の薬剤師さんも驚愕しておいででした。

考えてみれば、すごくシンプルなことですね。糖尿病は糖代謝に異常が生じる病です。ですから尿酸値に異常のある痛風で、尿酸値を上げる食物を控えるのと同じく、血糖値を上げる「糖」をカットする。それだけのこと。ですが、日本の主食が米であるという事実が、事を非常にややこしくしてしまっているように感じます。

あと、ごく普通に米を食べている間はよかったのです。日本は食が豊すぎるため、他国の主食系食物=炭水化物・糖質を使ったメニューがどっさりあります。

ラーメンにごはん、パスタにごはん、というクロスオーバーなものから、うどん+おにぎり、うどん+おいなりさん等。糖質オン糖質の食事が増えすぎてしまったことにも問題があるのでしょう。

糖質制限を始めてから、自分たちがいかに糖質づけになっていたかを実感しています。時折ごほうびに市販のケーキ等も口にしますが、甘すぎて、もう受け付けなくなっちゃってます。

これからも、将来の健康を見つめて、楽しく糖質制限をしていくつもりです。

お医者さんから自己管理がなっていないとしかられ、すごく辛いカロリー制限の高糖質食を勧められ、挙句に病状が悪化なさっているかたたちが、少しでも減りますように。心から望みます。

長くなってしまってすみません。みなさん、糖質制限がんばりましょうね!』


黒川さん、大変嬉しいコメントありがとうございました。

また、お返事遅くなって申し訳ございません。

まずは糖質制限で見事な数値の改善、おめでとうございます。

お気づきになられた通り、糖質制限食というのは

「糖代謝に異常が生じる病だから、血糖値をあげる糖質を制限する」

極めてシンプルな治療です。

なのに、「脂肪&カロリーの取り過ぎ」やら「食事の西洋化」やら、はたまた「日本人は農耕民族」なんてワケの分からんこと言い出すから話がややこしくなります。

加えてお書き頂いてる

「ごく普通に米を食べている間はよかったのです」

もその通りだと思います。

普通におかずとご飯だけ食べていれば、そない糖尿病人口も増えなかったと思います。

ところが、いつの間にやら我々の食生活は、関西人の大好きな「お好み焼きとご飯」「焼きそばとご飯」「うどんといなり寿司」「ラーメンとチャーハン」さらに「ラーメン&チャーハン&餃子」などの、ダブル・トリプル炭水化物に変化してしまいました。

これに加え、スナック菓子や砂糖たっぷりの清涼飲料水の氾濫が、糖尿病人口の増加に拍車を掛けていると私は思います。

早い話、「糖質の摂り過ぎ」なわけですね。

自分が朝から食べたものを全部書き出せば、いかに「糖質」が多いか分かるのですが、某日本糖尿学会を始めとする糖質制限食に反対する方達は、どうあっても「脂肪の摂り過ぎ」にしたいようです。

もしかしたらこの人達は、朝からステーキ食ってんのかも(笑)

そんなお医者さんにカロリー制限を強要されて、挙句に「自己管理ができてない!」なんて言われた日にはたまったものじゃありませんが、糖質制限で自己管理して、こんな連中に殺されないように防衛するのが最良の策かもですね。

その為には、もっともっと糖質制限食を広めていくお手伝いをせんとあかんなぁと強く思う今日このごろでした。

黒川さん、皆で糖質制限頑張りましょうね♪

あ、パッチもん屋も、人の店のパッチもんばっかり作ってへんで、ちょっとは糖質制限食を広める努力をしてみたらどやんねん。

まあ、できひんでしょうけど(笑)



糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。




糖質制限食食材 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示