09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

潰瘍性大腸炎と糖質制限食の記事にコメント頂きました。

2013年05月16日
2008年にガソリン価格が高騰した際、マスコミ各社は大騒ぎして、運送業や漁業者、ハウス農家に取材に行き窮状をヒステリックに報道していました。

ガソリン価格、いつの間にか150円を越えています。

上記の仕事以外にも、電気代の値上げや原材料費の値上げで困ってらっしゃる方、多数どころかかなりの数になると思います。

なのにマスコミは

「アベノミクスで景気回復」

「自動車各社黒字決算」

などと「景気回復」を煽るような報道しかしません。

2008年に燃料費高騰して窮状に陥った業種が、2013年なら大丈夫!なって話になるわけなかろう。

毎度のことながらマスコミの偏向報道にウンザリしている、あらてつです。

コイツら、日本国民全員がトヨタの社員で株と外貨取引やってると思ってんちゃうけ?

話は変わります。

先日、読者のまこさんから「潰瘍性大腸炎で尚且つ糖質制限をされてる方いらっしゃいませんか?」とコメント頂き、読者の皆さんにお尋ねしたところ、匿名さんから以下のコメント頂きましたのでご紹介です。

『元潰瘍性大腸炎で糖質OFFダイエット中です。

潰瘍性大腸炎は「治らない」ではなくて「再発しやすい」だけです。

じゃあ症状が治まったらなんと呼ぶかというと「寛解」です。「治った」でいいと思うんだけどな?

ですので、まずは寛解を目指して大腸を休ませるのが先決で、膵臓のお休みは寛解後にすべきでしょう。

大腸を休ませるには個人差があるのですが、重症だと絶食+点滴で、その後は油、繊維、刺激物はだめといわれてます。

寛解になったら一つ一つ食べたい物を食べる→炎症が出なければOK、炎症が出たらあきらめ、を繰り返して自分にあった食べ物を探していけばよいです。

ちなみに私は寛解継続して2年ぐらいで食事制限を無しにしました!2年ぶりのビールはめちゃうまです。でその後、糖質OFF中です。

が、再発しやすいのは統計的にわかっているのであくまで一例と捉えて、寛解継続を目指して下さい。』


匿名さん、コメントありがとうございます。
勉強になりました。

まこさん、参考になりましたでしょうか?

この件に関しまして引き続き皆さんからのコメント募集しておりますので、どうぞ宜しくお願いします。






糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



素朴な疑問を読者の皆さんに聞いてみましょう | コメント(1)
コメント
No title
コメントありがとうございます。
そう、安倍首相が前の退任時の原因がこれでしたね。まー、ストレスも一因のようですので誰でもなり得る病気かもしれませんね。
幸いだんなは初期状況で(直腸の部分だけ)、アサコールを処方されました。一応乳製品をなるべく摂らないとか、繊維質のものは食べない、とか気をつけてはいるのですが(でも結構実は食べてると思う・・無意識に)、便が緩くなって出血があるかどうかくらいしか自覚症状がないので、本人もちょっと調子がいいと薬を飲まないでいるとまた出血がある・・といった繰り返しです(-_-;)でも、やっぱり長いスパンで寛解を目指して頑張るしかないんですね。糖尿病治療で、世間一般での思い込みと江部先生たちの考え方との大きな違いがあるように、この病気にも何かあるのかなと思ったりもしたのですが・・・。
とりあえず安定するまでは、言われたとおり食べるものに気をつけてみたいと思います。そして合うもの合わないものを体で判断してもらおうと思います(笑)
匿名さんは、もう薬は飲まれてないんですか?寛解だと判断されれば薬は出ないんでしょうが、今は薬がなくなったら病院に行く、という状況で何だかエンドレスに飲まないといけないの?とちょっと恐ろしい気持ちです。

管理者のみに表示