07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スペイン産エクストラヴァージンオリーブオイル モリドルオリーブオイル、入荷致しました

2013年05月13日
スペイン産エクストラヴァージンオリーブオイル モリドルオリーブオイル、入荷致しました。

3月に今年の初搾りを輸入して、お陰様で早々に売り切れとなりました。

今回は、今年の通常のエクストラヴァージンオリーブオイルとなりますが、初搾りに負けないくらいフルーティーで美味しい出来上がりとなっています。

昨年のスペイン出張で、オリーブ畑とオリーブ工場を見学してきましたが、いやはや、ほんまに手間暇かけて愛情注いでオリーブオイルを作っておられるのが、よ〜くわかりました。

そりゃ機械は使っていますが、オリーブの収穫からオイルの製造・瓶詰めまで、行程がほとんど手作業に近いんですよね。

正直、「ここまで手かけてんねや!」と驚きましたもん。

あとね、オリーブ畑で生産農家の方とお話させて頂いた際に、

「うちでは化学肥料や農薬は一切使っていない。この栽培方法で州からメダルをもらったんだ。」

と誇らしげに語っておられましたし、

モリドルオリーブオイルの方は

「このオイルは、私の子どものようなものです。」

と仰ってましてね、なるほど、モリドルオリーブオイルは、この方たちが作っているから美味しんだ、このオイルの販売を決めた私の目に狂いはなかったと、思いっきり自画自賛しました(笑)

まあ、冗談さておき、

「江部康二先生はオリーブオイルを推奨されてるけど、正直どれを選んでいいのかわからない」



「よく店でエクストラヴァージンオリーブオイルって書いてあるけど、ほんまなんか?」

とお悩みや疑問のお声を頂戴します。

そんなお悩みの皆様に、本場スペインから直輸入、少量生産のエクストラヴァージンオリーブオイル、モリドルオリーブオイル、あらてつが全身全霊をもってお勧め致します。

モリドル社のパトリシアさんからのメッセージを紹介します。


モリ・ドルのエクストラバージン・オリーブオイル


モリ・ドルは、私たちの地域の人々や農作業員が、黄金の液体とも呼ばれるエクストラバージン・オリーブオイルを抽出するために、一年を通じてその大地に施してきた入念な作業と手入れの結晶です。

オイル百年の伝統のあるシウラナ地方(スペイン北東部、カタルーニャ地方)では、最高のシェフや料理批評家から最も高い評価を受けている、アルベキナ種と言うオリーブオイル生産用の品種のみを使用しています。

モリ・ドルのオリーブは、木から直接採取し、フライス(オリーブを碾く作業)は、果実の自然な特性を保持するため、冷温で行われます。その優れた特性と官能特性をそのまま維持するために、モリ・ドルは、フィルタリングされていないエクストラバージン・オリーブオイルとなっています。

この製法によって密度、香り、ボディが保たれている、という、極めて例外的ともいえる評価を受けています。瓶の底に堆積物が沈降することがありますが、健康上全く無害であり、自然由来のものであることの証拠でもあります。

つまり、これは100%純粋な天然オリーブ果汁なのです。

オリーブオイルには、多くの種類と品種があります。しかしその中でも、酸性度を1°未満に保持したものだけが、エクストラバージンと呼ばれる最高ランクのカテゴリとして(EEC規則1513/2001による)最も高い評価を得ることができます。私たちは、モリ·ドルが酸性度を0.3°に抑えてこのカテゴリに入っていることを、誇りに思っています。

オリーブそのものの持つ天然成分によって、このオイルが、抗酸化成分やポリフェノール性化合物を豊富に含んでいるため、酸化を抑えたり、体の諸器官に非常に有益な効果をもたらしたりするということも、忘れてはいけません。

その複雑な香りと味わいは、料理のうま味を引き立たせることができます。フルーティーかつ丸みのある味わいがあり、収斂性が低く、バナナ、イチゴ、リンゴ、クルミ、アーモンドやアーティチョークの熟したような非常にバランスのとれた香りがします。トマトを思わせる懐かしい趣を鼻腔に感じます。そして、非常に表現力のある、すっきりとしたナッツのような後味がします。

料理に使えば、味に力を与え、個性を引き立たせます。生鮮食品(パン、サラダ、野菜など)に使用すれば、より一層の官能特性を感じることができます。オイルを加熱して使用する際も、食品がカリっとした状態で形よく保持し、オイルに含まれている脂肪酸と抗酸化物質が食品に回って安定し、ボリュームが増すことから、高温にもよく対応すると言えます。

これらすべての特性のおかげで、モリ・ドルは、最高レベルのエクストラバージン・オリーブオイルであると同時に、健康的でよく知られている地中海料理を作る際に欠かせない食品の一つとして、認められるようになりました。


パトリシアさん_convert_20130222094359


さて、まだお試し頂いてない方で、買う前に食べてみたいなと思われた方は、江部康二先生行きつけの糖質制限なスペイン料理屋さん カフェ・ハルディンでモリドルオリーブオイルを使った料理を出していただけますので、糖質制限なスペイン料理と共に味わって頂ければと思います。

江部康二先生と宮本マスター

先生と宮本さん

カフェハルディン
http://www008.upp.so-net.ne.jp/cafejardin/
京都市右京区鳴滝本町77
TEL:075(464)8850
火曜定休日

※糖質制限食ご希望の方は、お電話で「糖質制限で」とお伝え頂けると嬉しいです。


ではでは、本場スペインから直輸入、少量生産のエクストラヴァージンオリーブオイル、モリドルオリーブオイルの詳細&お求めはこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

モリドル オリーブオイル
http://www.toushitsuseigen.com/shop/etc_oliveoil.html

ご注文、お待ちしております♪



糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


糖質制限食食材 | コメント(4)
コメント
No title
あらてつさん!おひさしぶりです!
おいしそうなオリーブオイルですね。
わたしもオリーブオイル、バター、ラードを使ってます、が、揚げ油にはコスト的に使う勇気がなくてキャノーラです。
報告と御礼です!停滞期やっとぬけました!運動しても何しても動かなかった体重がすとんとおちました(そこからまたのろのろですが)なんだったんでしょう?w
ありがとうございました。糖質制限ってなかなかふだんの生活では理解してもらえず、気持ち的なつらさもありますが、ここでとても気持ちが楽になれました。
実はわたしも、経験を簡単にブログにしようと始めたんですよ、ダイエットブログです。
減量してきて疑問に思った体の変化なども描いていこうと思ってますが、とってもゆっくりになると思います…
(;´∀`)
URLはってます、お忙しいでしょうが、よかったらのぞきに来てください!(でもまだ1回しか更新してませんガンバリマス)
できたらあらてつさんのブログをリンクさせていただきたいのですが、「このブログをリンクする」ボタンがあるので押してしまってもよいのな…?
(*´∀`*)ゞ それではこれからも糖質制限がんばります!
No title
あらてつさん、こんにちは

以前コメントしました「ハンガーノックか?なのにやたら糖質を摂る人」、もうすぐ出産だそうです
が、産院より「陣痛が来たら糖質をしっかり摂れ」という指導を受けてすっかりその気です
どうも一般的には「とんでもない消費カロリーが必要!だから手っ取り早くエネルギーになる糖質を!」ということなんでしょうか

・・・この産院、まさか妊娠糖尿病の人にまでこんなこと言ってないよね!?ってヒヤヒヤものです
いくつかそういう人のブログを見ましたが、痛みに耐えている間も血糖値の測定をしなきゃいけないとかで、うっわ~しちめんどくさ!!って思いました

どんだけ血糖値高くさせたいねんって滅入ります~
昨日はポテトサラダを無理やり食べさせられてしんどかったのに、家族はわかってくれません
なかなか理解をしてもらうのも大変でございます・・・
Re: ねこさんへ
いつもコメントありがとうございます。
こちらの方こそご無沙汰しております。

ブログ、拝見させて頂きました。

もしかして、イラストレーターをされておられるんでしょうか?

これは素人レベルを越えてる!とビックリしましたよ(笑)

リンクはどうぞ張ってくださいませ。

お互い頑張って更新していきましょうね〜(^^) 


Re: caorita@日傘出動 さんへ
いつもコメントありがとうございます。

その方、そのうち糖尿病になってしまうんではないかなと思います。

ゆうても聞かん人はそれこそ自業自得なんですが、その医療費を我々が払っていると思うと、麻生さんではありませんが釈然としないものがありますね。




管理者のみに表示