07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

糖質オフを始めてダイエットも成功したし体調も良いのに、何故だか反論する人が周囲に多いのは何故?

2013年04月26日
世間様はゴールデンウィークとやらで、朝のニュース番組も「大型連休」をやたらと連呼していました。

おいおい。

たかだか3連休と4連休。

しかも間に平日が3日も。

これを「大型連休」などと称して恥ずかしくないのか?

海原雄山なら、間違いなく

「女将を呼べ!」

と怒ってるレベルです。

しょうもない祝祭日はいらんので、1ヶ月くらいまとめて休みが欲しいと思う、あらてつです。

欧米のマネは大好きですが、肝心なとこはマネしないんですよね。

薄っぺらいと言うかなんというか…。

休みの話はこれくらいにして、とみー☆さんから、

「糖質オフを始めてダイエットも成功したし体調も良いのに、何故だか反論する人が周囲に多い」

とコメント頂いたのでご紹介します。

『糖質オフを始めて 

初めまして、昨年の12月から糖質オフを始めまして約5ヶ月でマイナス14キロ減りました。 

職業がら、夜遅くにご飯を食べる事が多いので鵜が、割と順調に体重は落ちてきており特に苦痛も無く糖質オフ制限食が出来ております。ただ。。。 

面倒なのが私が痩せた事に興味を持つ方がたくさんいるのは良いのですが、みなさんが言う事は炭水化物を極端に抜くのは良くない、昔そういうダイエット本を出した人が結局死んだ等等、なぜか反論を言う人が周りに多い)というかほとんどです。

確かに、炭水化物過多なお店が多い中で糖質を取らない食事療法をするのは少し大変な事はありますが、結果として痩せて、体調も良くなった人になぜ皆さんは反論するんでしょう。。。 ろくに糖質オフの勉強もせずに。。

この食事療法を始めて改善されたのは、生理周期がまともになった。肌が以前より奇麗になった。体が軽くなりった。睡眠時間が以前より短くても大丈夫になった。 

デメリットは食費がかさむ(笑)くらいですかね。 

体質にも寄ると思いますが、脳みその栄養素が糖分のみと思い込んでいる人には全く理解されないので面倒です。

別に、気にしなければ良いのですが。。。 

ただ、そうに私のやり方を反論する方に限りとても太っているのです。 ある意味。今の食生活に洗脳されているようで。。 とても残念です。 

早く糖質オフがもっと浸透したら良いのにと思います』


とみー☆さん、コメントありがとうございます。
こちらの方こそはじめまして。
お返事遅くなって申し訳ございません。

まずは、5ヶ月で14キロの減量成功、おめでとうございます。

加えて、体調も良好になられたご様子、嬉しい限りです。

だがしかし。

実際に痩せて体調もええゆうてんのに、反論するやつがおるんですわ、これが。

で、その反論なんですが、とみー☆さんが書いておられます、

「炭水化物を極端に抜くのは良くない」

とか

「昔そういうダイエット本を出した人が結局死んだ」

などなど、科学的な根拠なんてカケラもないような反論ばっかり。

炭水化物を極端に抜くのは良くない?

ほな、どないよーないんか、論理的に説明してくれ。

昔そういうダイエット本を出した人が結局死んだ?

死んだヤツの名前ゆうてみいちゅーねん。

昔に出したんやったら、歳取って死んだんちゃうんかい。

極めつけの反論が、某日本糖尿病学会の理事長様のこのお言葉

「日本人は農耕民族だから米を食べなきゃだめ」

「日本人は農耕民族」なんて、あまりにアホらし過ぎて、これこそ反論する気も起こりませんが、糖質制限食に批判的な人々は、こぞってこのようなサイエンスとは無縁かつ、根拠のカケラも感じられない意見を述べて下さいます。

なんでなんでしょう?

私の周囲もそうですが、糖質制限食を始めて悪化しているならまだしも、実際にとみー☆さんのように痩せて体調良くなっている実例を目の当たりにしても、反論してきます。

そこまで意固地に反論する理由がわかりません。

まあ、反論してるのが同僚とか友人知人なら、

「はいはいそうですね、糖質制限食は体に悪ですよね、けど私はあなたみたいなデブではありませんから」

で済みますが、お医者さんまでこんなことを言うから始末が悪い。

糖質制限食で数値が改善したと仰る患者さんに、「今はいい薬が出てますから」と薬を勧めたり(2013,1,29記事参照)、論文に書かれていることを歪曲してまで糖質制限食に反対する理由何か?

その1

お金をもらっている

その2

お金をもらっている

その3

お金をもらっている

私は1だと思うのですが、もしかしたら2かも知れませんし、ひょっとしたら3の可能性もありますね。

まあ、いずれにせよ、この連中の見ている方向が「患者」じゃないのは確かです。

そうそう、こんな記事みつけたので参考まで。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35629

話を戻します。

とみー☆さんが仰る、

「早く糖質オフがもっと浸透したら良いのにと思います」

このお気持ち、よ〜く分かります。

ですが心配ご無用。

江部康二先生、昨年から日本各地の医師会や保険医協会、病院の勉強会などなど、医療関係者からの講演依頼で日本中を飛び回っておられます。

一般向けの講演よりも、ドクター向けの講演の方がはるかに多いです。

今日も、某保険医協会から講演依頼がありました。

やはり、某日本糖尿病学会以外のドクターは、今の糖尿病治療がオカシイと思っておられるんですね。

そうして、糖質制限食を勉強しようと江部康二先生に講演を依頼される。

なんか、明るい兆しが見えてきたような気がするのは、私だけでしょうか?




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。




おかしいと思うこと | コメント(17)
コメント
私もです。
始めてから、もうすぐ2年。
1年で30キロ痩せ、その後はずっと維持しています。
特に苦労もせず、です。

でもって、始めた頃から言われてましたが、
痩せて、リバウンドもせずに元気でいるにも関わらず、
いまだに、時々、「体、大丈夫?」と心配げに言う人がいます。

私も体重が軽くなり、足腰や心臓への負担が減り、
家の前の坂道も楽になりました。
顔はいつもスッピンで、な~んにも手入れしてないのに、
ツヤツヤで「お肌綺麗」と言われます。

顔色悪くて、見るからに不健康なら分かるけど、
こんなに元気なのに、糖質摂らない事で、体に不調をきたすんじゃないか、って思うのが、
全くもって不思議。
逆に、体調不良とでも言うものなら、糖質摂らないからじゃない?って言われそうでイヤですね。

でも生憎、痩せてから、風邪をひくことも激減しました。

だけど、ダイエットが成功したって事で、
「もう終わりにして、少しくらい食べてもいいんじゃない?」と言って、
お菓子とか勧めてくるので、これまた迷惑しています。
ずっと食べてないし、今後も食べるつもりはないのに、そう言っているのに、
「少しくらい食べないと逆に体に悪いわよ」とまだ言うんですよね。
だから、悪くないって!現実、こうして元気じゃん!!って、思わず力説してます。

なんか知らないけど、どうして、そうまで無理に勧めるんでしょうねぇ?
こうして実際に成功して元気でいる姿を見ても、まだ懐疑的なんですよね。
これまでの常識として、深く根付いてしまってるんでしょうね。

だから、とみー☆さんの気持ち、すごく分かります。
結局、理解のある友人達ですら、「でも、全然摂らないのも良くないんでしょ」って言いますから。
ほんと、ガッカリですよ~。

こちらのやってる事に否定的な事を散々言う癖に、こちらが、いかに糖質が体に悪いかを力説すると、
イヤ~な顔するんですよね。
だから、最近では、適当に聞き流すようにしてます。

それにしても、ランチ会とかになると、食べれる物が無くて困っちゃいます。。。
せめて、単品置いて欲しいですねぇ。
おかしいと思うこと
おかしいと思うこと
糖質制限を、わかってもらおうと、必死になればなるほど、相手は硬い鎧を着ます。
その後、ほっておくと、相手から聞いてきます。(あの時に、聞いとけや~って思う)
そして、糖質制限を謳って、血糖値の上がる品を売ってる人、それを買ってる人。(ちゃんとしたデーターもなく何を信用して買ってるの?って思う)

ダイエット目的で、特に女性は、50キロ台より、40キロ台を望んだりしますが、目標としての数字設定はいいと思いますが、やせ方には、健康的な痩せ方(血液検査で異常なし)
見た目だけが、痩せてて、中身がよくない(血液検査で、何かひっかかるとか)
ダイエットって、何十キロ痩せたから、成功とかでは、ないと思う。
中身が大事だと思っています。

たくさん、おかしいと思うことだらけです。

でも、わかってくれる人や、聞いてくれる人は、必ずいてます。
ゆっくりですが、明るい兆しが見えてきているように、私も思います。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
日本人は農耕民族という人は冗談を言ってるか中学校で習った歴史を忘れちゃったんでしょうね。弥生時代に稲作が大陸から伝来と習ったはずですから。お医者様や栄養士の方々は義務教育受けてるはずですし。

お金を貰ってるというのに近いのですが、日本の終身雇用制度の絡みもあるでしょう。日本の場合学卒=就職=定年というルートになりがちです。結果、よほどの問題を起こさなきゃ首にならずそれなりの給料が貰えるシステムです。問題とは何かと言えばお役所や企業のBOSSの意向に逆らうことですから、糖尿病学会内部で論争を期待しても無駄でしょう。匿名掲示板を見たら江部医師や夏井医師を攻撃する声で溢れてましたが、彼らにとってもし糖尿病治療のスタンダードが変わり権威を失ってどっかの大病院や研究所のBOSSになりそこなったら生涯賃金で数千万程度を失う結果になりますからそりゃ必死です。

とある死刑反対派の弁護士が家族が犯罪の犠牲になって死刑賛成派に転じました。要は人間というのはそのぐらいの衝撃がないと変われないと言うことでしょう。


No title
あらてつ様はじめまして。
昨年9月から糖質制限を始めまして
なんと-12kg達成です。
たまたま本屋で「おやじダイエット部の奇跡」を立ち読みしたのがキッカケで江部先生のブログを読み、本は全て買い、読み、納得し、実践しました。
結果が上記-12kgでした。
嫁も「またおやじが何かやりだしたぞ」と遠くから見ておりましたが、変わり行く、おやじの体型を見て納得し今では料理で協力してくれます。
私は岐阜在住ですが、6月に出る新商品楽しみにしてます。
※モリドルエクストラバージンオリーブオイルも購入愛用させて頂いてます。
No title
おはようございます。

糖質制限で 素敵になった人に ケチをつけるのは きっと 羨ましいんじゃないでしょうか・・・。
だったら 自分も やればいいのに・・・。
でも 素直な心が無いので 代わりに ケチをつける・・。
pipi さんへ
コメントありがとうございます。
こちらの方こそはじめまして。

糖質制限で-12kgの減量成功、おめでとうございます。

桐山先生の著書「おやじダイエット部の奇跡」をご覧になられたのですね。

あの本は、語り口も軽快で説得力もありますし、私もよく読み返しています。

ご家族に反対される方が多い中、奥様がご協力してくださるのはとても素晴らしいですね。

これからも「美味しく楽しく」糖質制限食で良好な体調を維持されてくださいね。

最後になりましたが、オリーブオイルのお買い上げ、ありがとうございます。

次回、5月中旬ころに入荷予定です。

どうぞ宜しくお願い致します。











糖質制限で死亡された方って、、
初めまして、最近糖質制限始めた者です。 まだ初心者ですが、頑張って自分に満足いく結果を出したいと思っています、宜しくお願いします。        ところで、とみーさん☆のメール読んで思い出したのですが、その方は、「世にも美しいダイエット」の著者の方ではないでしょうか?  そのダイエットは、・主食を米製品から小麦製品に変え、・動物性タンパク質を少し取り、・果物は止め、・ハーブや青菜を食べて根本類の野菜は止めて、・エネルギー不足を補う為に、バターをたっぷり取り、・水を一日に5リットル取り、・塩も一日に20グラム取る というのでしたと記憶してます。一次的に社会ブームとなりましたよね★  ですが、その方は脳溢血か脳梗塞で他界され、「やはり脳にはブドウ糖が必要!」と又マスコミが煽り、、というのがあったなと(>o<)   でも、そのダイエットでは多少のクラッカーや揖保乃糸などは食べ良し、とされていて、その方も召し上がっているという旨でした。  でもこの糖質制限ダイエットとは違うところは、「ちょっとの動物性タンパク質」というのと、やはり小麦製品でしょうか。結局、小麦製品でも血糖値がある程度たべれば上がる訳ですし、タンパク質不足(脂質不足)はケトン体が出なかったのでしょう。これすは、ホルモンの材料にもなるわけですしね。 やはりきちんと脂を食べる!これになるんでしょうね。
No title
あらてつさん。 コメントありがとうございます。嬉しかったです☆ みなさん同じ悩みを持っているんですね。 ちゃんとした根拠も無いのに、色々という人。ただやはり、いわゆる日本のバランスの良い食事とは、(炭水化物と野菜とタンパク質)というのが相当浸透しているのが原因ですよね。

私が、糖質オフを始めた直後、知人のとても有識人(だと思ってました)が言いました。『僕も一ヶ月ほど糖質オフして痩せたんだけどさ、ほとんど何も食べれないんだよね』と。
その後は糖質オフの否定を。

はっきりいうと、それって、今の日本の食事文化のほとんどが糖質が多いからって事でしょ? それってバランス良いんですかー????
と言いたいですね。

ちょっと、がっかりでした。

まぁ、人は人、自分は自分。 自分の中で正解を見つけて楽しくやっていこうと思ってます。

あ、ちなみに、5年ぶりにあった友人には昔のお肌の張りより、今の方が水々しいと言ってもらえました。 

嬉しいです☆

結局は自分の健康は、自分のため。

って事ですね。

早い段階で自分自身の正解を見つけられたのは良かったです。

忙しい毎日ですが、体が軽くなったおかげでタクシー三昧で、結局歩かないおかげで足がむくむという事も無くなりました。

たまに、炭水化物の多い、芋類とか食べちゃう事もありますけど、糖分の計算式がだいぶ頭に入ったのでプラスマイナスが出来るようになったので大丈夫です。

良いバランスを現状は続けております。

今後とも続きように。。
Re: 40ママ さんへ
コメントありがとうございます。
こちらの方こそはじめまして。
お返事遅くなって申し訳ございません。

さて情報頂きありがとうございます。

この方の死亡例を持って「糖質制限で死んだ」なんて言われると、ちょっと待てと言いたくなりますね。

>「水を一日に5リットル取り、・塩も一日に20グラム取る」

水を一日に5リットル取ることの弊害は分かりませんが、「塩も一日に20グラム取る」は、なんぼなんでも摂り過ぎだと思うのですが…。







Re: とみー☆ さんへ
いえいえ、こちらの方こそコメントありがとうございました。

『僕も一ヶ月ほど糖質オフして痩せたんだけどさ、ほとんど何も食べれないんだよね』

言い訳です。

食べるもんはいっぱいあります。

自分の意志の弱さと実行力の無さと欲望に負けたことに対する言い訳でしかありません。

こんな人は放っておいて、とみー☆さんは「美味しく楽しく」糖質制限食を続けられ、もっともっとみずみずしいお肌と健康を手に入れてくださいね。





糖質制限でいち早く健康になりたい!!
 私は、男子大学生で下宿なうですが、糖質制限食に興味があります。やっぱり、最新科学で糖質の取り過ぎは良くないというのを、本で見ましたので、こちら側の意見を支持したいと思います。

 実際、私は辛党なのですが(昔甘党でしたが、今は体が砂糖を受け付けなくなりました。家族は基本甘党ですね。長男だけ辛党です。ちなみに自分は三男です)、砂糖をあまり取らない分、かなり体は持ちますね。一時期、1日の睡眠時間2時間くらいの時があり、それを親に言ったら、「大丈夫?」と言われましたが、けっこう、バリバリ動けましたよ。もともと、短眠で3時間寝れば大丈夫という人なので。自分だけが家族の中で小食ということも関係しているのでしょう。

 小食・菜食・魚食徹底(肉を控える)+糖質を控えるということをやって、早く、病弱体質を治したいです。インフルとかは絶対にかからないんですが、逆に風邪は良く引きます。早く、この不健康(痩せています。身長168cmで体重53kg、体脂肪13%くらいです)な体から健康な体になりたいです!
糖質制限良さそう
 男子大学生で下宿なうです。今、19歳ですが、糖質の取り過ぎは恐いという趣旨の本(当然、最新科学に基づいた、しっかりデータがある本です)を見て、感銘を受けました。興味があります。ある本には糖質制限ダメと書いてあり、ある本には糖質ダメと書いてあるので、もう、めんどくなって両方試している最中です。結果、糖質制限が理に適っていると思いました。

 甘い物はそもそも好きではないので(体が砂糖を受け付けなくなったので。昔は甘党でしたが、今は辛党ですね)、あまり取らないですね。お菓子とか見ても、買う気はあまり起こりませんし。1日断食と半日断食をちょくちょくやっています。

 なので、米やパン、芋、うどんなどを減らして行けたらなと思います。これらをたくさん食べたときと言うのは、束の間の快楽で、食べた瞬間は幸せかもしれませんが、パフォーマンスが下がるのが分かりますね。小食+断食+和食やっているので分かります。体が重くなるのが嫌いだからですね。

 私は生来、虚弱体質で親からさんざん心配されています。
小食ですし、不健康なんですよね(風邪すぐ引くし。インフルにはなりませんがw。少食は良い事だと思うんですが)。一時期、睡眠時間が2時間くらいのときがありまして、そのことを親に言ったら、「大丈夫?」と言われましたが、普通に平気でした。1日20分仮眠×6~9回して持つような人間なので。

 頭痛持ちなんですが、糖質制限で改善できればと思います。あと、男性では珍しいと思うんですが、冷え性持ちなので、改善したいです。成功者の意見というのを参考にしたくて、拝見しました。役立つ情報ありがとうございます。これで安心して実践できます。
Re: kyouya さんへ
コメントありがとうございます。

糖質制限ダメと書いてある本は、何の科学的根拠もありませんが、江部康二先生の糖質制限食の本は、生理学的な事実に則って書かれているので、否定のしようがありません。

あとは、両方読んで自分がどう判断するかですね。

幸いkyouyaさんは、糖質制限食を試してみて自分に合っていると感じられたようなので、健康な身体を目指して取り組んでみてくださいね。


No title
はじめまして、こんにちは。
記事を読みました。
個人的に思った事は、「〇〇は悪!!」
みたいな言い方が悪いような気がします。
糖質は悪、みたいなね。
私も少しですが糖質制限に関して勉強しましたが、「確かにそうかも!」と思いました。
私は「糖質は悪いから!」という言い方をしてしまうと誰でも「ええ~\(◎o◎)/!」という反応をしてしまったり、拒否してしまう人もでてくるのも当たり前じゃない?と思います。
糖質は悪いから!という所から入るんではなくて、「最近ではこういう食事のとり方もあるのよ、」という所から入る所から言った方がいいと思います。
それにあくまで、糖質制限は、「制限」をするだけなので、全くとらない、ということではない、と私は考えていて、そこまで躍起になることもないのかなぁと思います。
あくまで「糖質」を「取り過ぎること」が問題なんですね。
何事もバランスよく!!
Re: マジョルカ さんへ
コメントありがとうございます。
こちらの方こそはじめまして。

日本人は何でも「道」にしたがるので、糖質制限と言うとストイックに突き詰めなきゃいけないと思う方が多いみたいです。

美味しく楽しくが基本なんですけどねぇ。
お久しぶりです!!
お久しぶりです!!覚えてませんよねw。あらてつさんの糖質制限の力がやばすぎるという報告をしに来ました!

私は、今じゃ完全に肉食、魚食になり、やっすいお菓子など食べたくなくなりました(やっぱり量より質ですね)。本当においしいお菓子が直感的に分かるようになってきてリッチな気分ですw。

私の好きなお菓子は大体高いのですが、だからこそ「たまにのご褒美」になり、メリハリがついたと思います。過去みたいに毎日のようにダラダラ安い物を食べてお金を浪費するということもなくなりました!肉、魚をたくさん食べるようになったおかげで糖質の誘惑(パンやお菓子など)にほとんど見向きもしないようになったのは大きいです(今じゃお菓子見ても「おいしいのなさそ。要らないや」で終わることがほとんどですw)。

今じゃ、もう昔食べていたインスタントラーメンも食べようとは思えません(親から強制的に持たされて消費できなくて困っているんですがw)。あんなの、まずくてまずくて食えたもんじゃないと感じるようになりました。やっぱり行きつけの絶品うどん屋さんのゴボウ天うどんのほうがおいしいですw(高いけどw)。グルメに拍車がかかって、本気でおいしいものしか受けつけなくなったのはかなり良い傾向だと思います。

安くてビミョーなお菓子を買わなくなったおかげか、やや甘口の白ワインをたまに嗜む余裕もできました。本当にありがとうございます!

毎回グダグダ長文で書いてしまって本当にすみません汗。大学での勉強頑張ります(もう3年ですし、就職控えています)!

管理者のみに表示